« 2024梅野川初釣行 今年は少し期待できるのだろうか? | トップページ | GW釣り3連戦2日目ー目指した小野川は水害で再び、移動して高瀬川で7寸、そしてブラウンも… »

2024.05.03

GW釣り3連戦ー初日は20cmのヒレピンとコミスジ蝶

GW前半は東京。何処の川に行っても大渋滞に巻き込まれる事がわかっているので釣りには行かず、都内で過ごす。後半は福岡に戻り、満を持しての釣り三昧と目論んでいた。がしかし、今回もGW前半に雨が降り、何処の川も増水していることは明らか。初日はまず近場のいつもの川で様子見をすることに。

川に到着すると、予想通りの増水。flyで攻められるポイントも限られる。流星号を駐め、目指すポイントを目指し川に降りようとしたら、そこには2人のルアーマンが既に入渓していた。狙うポイントは同じだったか。大きく上流へ移動して8時に入渓。水温は12℃。晴天で気温もぐんぐん上がり、水棲昆虫のハッチもある。ライズは無いが、流れが緩い瀬にヤマメがいればドライに反応しそうだ。入渓して暫くすると、流れの底の方からヤマメが浮いてきが、直前でフライを見切られた。ヤマメの活性は悪くなさそうだ。

普段は浅い平瀬も増水で少し水深が増し、広く長い、ヤマメが着きそうな流れになっている。
Dsc_2741s
その流れにフライを流すと、ヤマメがジャンプ。ジャンプするヤマメは咥えそこないが多いが、今回はしっかりフッキング。ネットに納まったのは20cmのヒレピン。今シーズン、地元九州で最大のヤマメ。しかも美しい。
10時を過ぎる頃から水棲昆虫のハッチが盛んになり、ヤマメの活性が明らかに高くなった。ヤマメも次々にフライに出るようになり、午前中は5寸~6寸のヤマメを複数ネットに納めることができた。

Dsc_2749s
昼食を済ませて更に上流へ移動。増水しても竿を出せる短い区間を釣り上がるも、午後は水棲昆虫のハッチが治まりヤマメの活性も下がったのか出ても喰いが浅く、3度バラして納竿。遊んでくれたのはコミスジ蝶だけ。暫く右手に留まったり僕の周囲を飛び回ったりと楽しませてくれた。
増水の中でも午前中良い釣りができたので、まずは上出来のスタート。


| |

« 2024梅野川初釣行 今年は少し期待できるのだろうか? | トップページ | GW釣り3連戦2日目ー目指した小野川は水害で再び、移動して高瀬川で7寸、そしてブラウンも… »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2024梅野川初釣行 今年は少し期待できるのだろうか? | トップページ | GW釣り3連戦2日目ー目指した小野川は水害で再び、移動して高瀬川で7寸、そしてブラウンも… »