« 過去一番苦労して特典航空券ゲット:コペンハーゲン旅行記(ー1.0) | トップページ | 人魚像・チボリ公園・ニューハウン…コペンハーゲン旅行記 (2)市内観光編 »

2024.05.20

トランジットの上海でカミさんが止められて…コペンハーゲン旅行記 (1)

出発前に先ずはラウンジでカレー

上海へは羽田空港から夕方出発する便。コロナ禍が明けて海外旅行客も増え、出国する日本人と帰国する外国人とで空港は混雑しているだろう。余裕を持って早めに行くことにしたが、荷物の詰め込みだのなんだしてたらお昼ご飯を食べる時間が無くなってしまった。想像していた混雑もなく早くラウンジに入り、まずは遅い昼ご飯で軽く評判のカレーから。それから2時間ほどはPCを開き、メールチェックや仕事の指示と確認(今日は平日の月曜日)。そしていよいよ搭乗口へ。

20240520-18-10-46s上海までは国内線に乗っているのと変わらない

搭乗口の前にはこんな自販機が!ポケモングッズが買える。出国前にいかにも日本らしいお土産が、しかもお手頃価格。子どもが小さければ買っていくのだが、20年遅い。子どもにせがまれてお父さんが買っているのを見たら、かわいい手提げ袋に入って商品が出てきた。こういうのも日本らしい。

ちょうど日没、空が赤く染まり始めた頃に飛行機は滑走路に出て、上海を目指した。

20240520-18-43-44s20240520-19-23-42s羽田から上海までだと、福岡に飛ぶのとあまり変わらない。ANA便だから気分としては国内線のプレミアムクラスで飛んでいるような感じ。機内食も国内線よりもちょっと豪華ではあるけれど、飛行時間が短いので1プレート。

シャンパーニュと共に食事を済ませたら、あっという間に上海に到着。ここまでは順調。

20240520-22-34-30s

何故?カミさんが入国審査で止められた!

上海でのトランジットでは、一旦通関して預けた荷物を受け取り、もう一度搭乗手続きをして荷物を預け、出国手続きをしなければならない。ここで事件は起きた。

降機し、パスポートコントロールに向かう。乗り換え便の出発時刻までは2時間ちょっと。30分前には搭乗口に到着したいし、広い空港なのであまり時間の余裕はない。それなのに、到着便が連続したのか入国手続きは長蛇の列。列に並んでいる間に中国人の係官がパスポートをチェックしていると、僕たちの持っているチケットと書類を見て表情が変わった。書類が違うという。いやな予感。

機内で渡されて記入したのは入国手続きの際に必要な書類で、トランジットは別な書類だという。二人は列から離され、トランジットの書類があるところに連れて行かれ、これに記入しろと指示された。急いで新しい書類に必要項目を記入し、先ほどの係官に合図すると、こっちへ来いと列の先頭にまわされた。時間が迫っているので助かった!

まず、僕が入国審査を無事に通過して妻を待つ。しかし、妻はなかなか通してもらえない。ついには別のブースに連れて行かれた。もちろん、僕も一緒について行く。髪を上げて耳を出せとか、パスポート以外に写真入りの身分証明書は持っていないかとか。妻には、盗難や強盗も想定してパスポート以外は現金とマスターカードを1枚だけ持って、他は家に置いてこさせていた。

写真入りの身分証が無いので、耳の写真を撮ってそれをいろいろ照会しているようで、なかなか解放されない。まさかこのまま拘束されるのだろうか?別ブースで10分?15分?20分?いったいどのくらいの時間だったか時計を見る事も忘れてただただ緊張しながら待った。そして最後には無事に解放され、荷物受け取り場所に急いだ。中国の女性活動家か要注意人物に似ていたのだろうか?

年季が入ったRIMOWAのトランクはターンテーブルから降ろされ、寂しく持ち主が取りに来るのを待っていた。トランクを受け取り、急いで出発フロアのSASの搭乗手続きカウンターへ。しかし、たくさん並んだカウンターの中からSASのカウンターを探し出したが、僕たちが搭乗する飛行機の手続きは終わっている?表示がない。スターアライアンスゴールドメンバーなので、ビジネスクラスのカウンターに行きチケットを見せると搭乗手続きをしてくれたが、愛想が無い。エコノミーのチケットでここに来るなとでも言いたげな。コペンハーゲンで荷物を受け取ったときに気がついたが、ゴールドメンバーのオレンジのプライオリティタグも付いていなかった。

とにかく早く搭乗口に向かわなければ。出国審査はスムーズに通過し、搭乗口に着いたときには搭乗開始直前だった。当然、上海のラウンジを覗くことはできず飛行機へ。B787の翼の辺り、真ん中の3列シートのD,Eの席。妻を通路側に座らせ僕は真ん中の席。右隣は体が大きな(太っているわけではなく、大谷のような体格の)青年。

なにはともあれ無事に上海を出発。そして、中国の国境をまたぐ行為は控えよう、と二人で話し、ロシアとの国境の南側をなぞるように西へ向かう、苦痛の12時間となった。

コペンハーゲン旅行記(2)に続く

 

| |

« 過去一番苦労して特典航空券ゲット:コペンハーゲン旅行記(ー1.0) | トップページ | 人魚像・チボリ公園・ニューハウン…コペンハーゲン旅行記 (2)市内観光編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ANAとエアライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 過去一番苦労して特典航空券ゲット:コペンハーゲン旅行記(ー1.0) | トップページ | 人魚像・チボリ公園・ニューハウン…コペンハーゲン旅行記 (2)市内観光編 »