« 梅野川の災害復旧工事の様子がわかるサイトを発見 | トップページ | 釣れるのはカワムツばかり。移動して初めての川で最後の最後に8寸ヤマメをネットに »

2023.05.03

放流された?5寸前後のヤマメがよく釣れた5連休初日の梅野川

僕は東京にいたが、昭和の日の4月29日、九州では結構な雨が降った様子。福岡に戻り、5連休はどうするか?連休初日は道路は大渋滞しそうだけど、早朝に出発すればそれほど影響は無いはず。29日の雨もあり、増水が治まっていれば釣り人もあまり入ってない状態で良い釣りができそう。梅野川に行こう。

5時過ぎに出発。普通なら7時半くらいに到着する。今の時期、こんな時間に出発して8時前に川に到着しても、渓に日は射さず水温も低いしヤマメの活性は上がらないのはわかっている。それでも、渋滞は避けたいので早めの出発。
いつもの週末よりも車の数は多いが流れはスムーズ。車が多かったのは松原ダムまで。途中、お昼を買ったりガソリンを入れたりしながらで到着は7時半を少しまわった頃。釣り人の車は無し。気温9℃。ゆっくり準備をして、早く日が入り始める堰堤上から8時過ぎに入渓。まだほとんど日が射していない。水温は9℃。増水はまだ治まっていないようで、平瀬も少し水位が高い。徒渉に注意を要する。

最初に日が差し始め、いつも小さなヤマメが出るプールも反応無し。やがて平瀬の水面にも日が差し始め、水生昆虫のハッチが始まった。オオマダラカゲロウだろうか、大型のメイフライやストーンフライも飛び始めた。いつもならカディスで釣り始めるが、この状況ならメイフライパターンだろう。増水して平瀬にもヤマメが着きそうなポイントが増えている。水温が上がらないので、日が射している平瀬にフライを落としながらゆっくり進む。

Dsc_2395s
8時43分、プールの流れだしで最初のヤマメ。5寸に届かない綺麗な魚体。水生昆虫のハッチが始まり、ヤマメも水面を向き始めたか。

Dsc_2402s 次の深い淵では、フライを追ってヤマメが底から浮いてきたが、ドラグがかかって直前でUターン。底の方から浮いてくるということは、上を見ている証拠。ティペットやフライをメンテナンスしながら少し間を置き、再びフライを流すこと数投、ヤマメが浮いてきてフライを咥えた。
ぐるぐるとローリングしながらネットに納まったヤマメは22cm。8寸には届かなかったが、良いヤマメ。
20230503-9-07-12s
時刻は9時を少しまわったところ。水生昆虫のハッチもますます盛んになっている。

Dsc_2403s そのあとは5寸前後のヤマメがよく顔を出すようになった。一方で、5cmほどの極小ヤマメも。こんな小さなヤマメが釣れるということは、ちゃんと川で繁殖しているということだろう。
木が被さった、かつては良いサイズのヤマメが着いていたプールではライズ発見。魚体は大きくはないが、このプールで魚影を確認するのは久しぶり。フライを替えながら狙うも反応なし。ライズからみると、水面直下の極小のモノを食べている様子。本当ならフローティングミッジピューパを流したい所だが、暗い場所なのでこの2年ほどで老眼が進んだ今の僕には、この薄暗い所でフライを結ぶことも追うことも難しい。ここは諦めて先に進む。

相変わらず、5寸~6寸のヤマメが調子よくネットに納まる。
広く長い平瀬の良さそうなポイントにフライを流すと、理想的な出方でヤマメがフライを咥えた。7寸、21cmのヒレピン。よく見るとはっきりしないが朱点がある。アマゴかハイブリットか。水温は2℃上がって11℃になっていた。
Dsc_2407s Dsc_2409s
午後は間地橋下から駐車スペース前のスロープまでを釣り上がることにする。この時期、ダム湖からヤマメが遡上(海からだとサクラマス)してくることがある。運が良ければ、尾びれが尖った銀化したカッコイイヤマメに出会える。過去には5月に間地橋直下で30cmの尺ヤマメをキャッチした。
午後になると水生昆虫のハッチが治まり、メイフライの姿も見られなくなった。フライをカディスに替えて釣り上がる。ポイントポイントで、5寸ほどのヤマメがフライを咥える。流木止めの上流には、かつてのような良い感じの流れが復活し、ヤマメも着いていた。同じようなサイズのヤマメがこれだけ反応すると言うことは、聞いていたように4月下旬に放流したんだろう。
スロープ下まで来たところで浮き石に足を取られて前向きに見事に転倒!上半身びちゃびちゃ。今日は転ばずに済んだと思ったのに(T_T)

退渓しようとしているところで、スロープの方から声をかけられた。宮崎からドライブに来ているというルアーマン。渓相が良いので竿を出してみたくなったそうだ(彼はちゃんと遊漁券を購入していた)。ここで上がるのでどうぞ、と一応ルアー向きのポイントなどを伝えて見送った。

今日、梅野川で釣り人を見たのはこのルアーマンだけ。
GWは釣り人も家族サービスで川には足を運べないのかな?

帰路につくと、対向車線は行楽地へ向かう車がたくさん。栃野では、これまで見たことが無いくらいに信号待ちの車が並んでいた。
この調子だと、明日以降は何処に行っても帰りは渋滞なんだろうな。さて、GW中にもう一度釣りに行くか思案のしどころだ。

| |

« 梅野川の災害復旧工事の様子がわかるサイトを発見 | トップページ | 釣れるのはカワムツばかり。移動して初めての川で最後の最後に8寸ヤマメをネットに »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

梅野川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅野川の災害復旧工事の様子がわかるサイトを発見 | トップページ | 釣れるのはカワムツばかり。移動して初めての川で最後の最後に8寸ヤマメをネットに »