« 911、同時多発テロの20年前とコロナ禍の現在を重ねてリモートを考える | トップページ | 釣りに行けないので、折れたロッドの修理に挑戦してみた-印籠継ぎで復活編 »

2021.09.12

川に行けないので朝霞ガーデン、久しぶりによく釣れた

Dsc_1885s
福岡は8月の大雨以来1カ月ほどまともな釣りができていない。かといって、関東で高速を使って遠出をする気にもならない。緊急事態宣言が出ている中でも多くの人が観光に出かけ、中央道や東名は渋滞しているだろう。昼前に出発して、到着が夕方ではシャレにならない。そこで、ちょっとだけ県境を越えるけど、朝霞ガーデンでお茶を濁そうと出かけた。

12時半に到着すると、シーズンの終盤でみんな川に出かけているのか、朝霞ガーデンは空いていた。あるいは早朝から来て、暑くなる前に帰ったのか?僕が到着してからも、どんどん帰って行く。

それはさておき、空いているから割と自由にポジションを取れる。最初は、久しぶりに管理棟前の1号池にドライフライを落としてみる。すぐに尺上のニジマスをキャッチ。幸先が良い。1号池で5尾ほどネットに納めたところでフライ専用ポンドに移動。いつもの場所も空いていた。

フライ専用ポンドでもドライで調子よく釣れ続ける。盛んにライズしているし魚の活性が良い。しかし、かかるのはニジマスばかり。かつてはサクラマス(ヤマメ)も時々釣れていたけど、ここのところニジマスしか見ない。と思って足下を見ると、大きなヤマメが2尾泳いでいった。いるにはいるんだ。モクズガニも歩いてる!

結局釣れたのはニジマスだけだったが、それでも尺越えがたくさん釣れて楽しめた。
次は川へ!

 

| |

« 911、同時多発テロの20年前とコロナ禍の現在を重ねてリモートを考える | トップページ | 釣りに行けないので、折れたロッドの修理に挑戦してみた-印籠継ぎで復活編 »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 911、同時多発テロの20年前とコロナ禍の現在を重ねてリモートを考える | トップページ | 釣りに行けないので、折れたロッドの修理に挑戦してみた-印籠継ぎで復活編 »