« ピカピカのアマゴは釣れたけど、今年の梅野川は…… | トップページ | 街はすっかり密だらけなのに、こんなにガラガラだった2つの場所 »

2021.04.04

雨上がりの古湯は遅咲きの桜とシビアなライズが待っていた

Dsc_1735s
先週は土曜日に古湯で釣りをし、日曜日には星野川へ出かけた。今週末と同じで土曜日は晴れて日曜日は午前中だけ雨、午後は晴れるという予報だった。しかし、想定外だったのが土曜夜から日曜午前中にかけての雨量。星野川へ行くと川は泥濁りで雨が上がっても釣りが出来るような水色ではなく、そのまま帰ってきた。

今週も同じような週末の天気予報だったので、先週の反省から日曜日は直上にダムがあり少しの雨では影響が少ない古湯に行くことに決めていた。そしてウェザーニュースでは午後は雨が上がる予報だったので、お昼ご飯を持って誰もいない遊歩道に正午に到着。お昼を食べ釣りの支度をしていると、見覚えのある車。いつもの常連さん。僕と同じ考えで昨日は上津江方面に釣りに行き、今日は古湯にやってきたと。
暫く情報交換をしていると、対岸近くにライズが。今年はシビアではあるけれど、ここ数年で一番ヤマメが残っている感じ。

支度を整え、まず先ほどの対岸近くのライズにフライを流してみる。ヤマメは反応して浮いてくるもフライをくわえることなくUターン。その後いろいろフライを替えて流してみても再び浮いてくることなく、そのヤマメは断念。やっぱりシビアだ。

遅咲きの3本の桜

Dsc_1736s 赤い橋(宮之淵橋)を渡り土管前ポイントに降りるスロープの所にお地蔵さんが祀ってある。その後ろの3本の桜は今が見頃。周辺の桜はみな花びらが散ってしまっているのに!しかも、花の色は左の桜はピンクで右の桜は白く、真ん中の桜は白とピンクの花が一緒に咲いている。

ここから見下ろす土管前のポイントではライズは見られないので、まずは下流から様子見で釣り上がることに。午前中は霧雨が降り、気温も低い。水温は14℃で気温とほぼ同じでそれほど低くはない。ツバメがたくさん飛んでいるが上空をクルクル回っているばかりで降りてこない。水生昆虫のハッチが盛んになればもっと水面近くに降りてくるのだろうが、水生昆虫のハッチはほとんどない。当然、水面にライズはほとんど見られない。

1時を過ぎた頃にライズを発見!やっぱり見えるようなサイズの虫の流下は見当たらない。水面直下の流下へのライズか?まず、少し大きめのフローティングピューパを流すが、浮いてくるもののすぐにUターン。だんだんとサイズを落とし、#26のフローティングピューパでも反応なし。ライズはポツンと水面の物を吸い込むというよりも、もう少し勢いのあるライズ。ということは、ユスリカアダルトか。

Dsc_1738s
そこで、#26のユスリカアダルトに替えてライズに送り込むと、ヤマメがフライをくわえた!昨日の梅野川では小さなヤマメばかりだったので、RODに伝わるヤマメの引きの強さが心地よい。ネットに納まったのは24.5cm。8寸越え、尾びれが再生すれば25cmというところか。

その後も散発のライズを見つけてはフライを流すが、ヤマメが出るもののなかなかフライをくわえない。それでも、フライにヤマメが出ることが楽しい。残念ながら2尾目のヤマメをネットに納めることはできなかったが、ライズするヤマメと遊べて楽しい時間を過ごせた。
ここ数日はイブニングのライズが盛んらしいが、例によって門限があるために4時半に納竿、後ろ髪を引かれながら帰路に着いた。

来週は那須方面へ出かける予定なので、次に古湯に行けるのは4月下旬か。その頃までヤマメは残っていてくれるかなあ?

 

|

« ピカピカのアマゴは釣れたけど、今年の梅野川は…… | トップページ | 街はすっかり密だらけなのに、こんなにガラガラだった2つの場所 »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピカピカのアマゴは釣れたけど、今年の梅野川は…… | トップページ | 街はすっかり密だらけなのに、こんなにガラガラだった2つの場所 »