« 久しぶりに竹竿(Yokota Rod)を持って古湯へ | トップページ | 雨上がりの古湯は遅咲きの桜とシビアなライズが待っていた »

2021.04.03

ピカピカのアマゴは釣れたけど、今年の梅野川は……

3月下旬に追加放流をしたはずの梅野川が気になり、足を伸ばすことにした。
重機が入った下流部は年越しのヤマメは望めそうもないことは前回の釣行でわかった。蜂の巣湖・鯛生川からの遡上魚に希望を繋ごうとしていたら、鯛生川も重機を入れた工事中でそれも絶たれた。そうなると、堰堤から上の上流部に望みを託すことになる。

そう思いながら向かうと、なんと堰堤上の入渓ポイントの前に白いエクストレイルが駐まり、2人の釣り人が準備をしていた。タッチの差で先を越された!流星号を停めて声を掛けると、大分から来てこれから入渓するところ。梅野川は2回目だという。前回は下流部を釣り上がって堰堤まで行ったけどサッパリだったと。
今年の梅野川の状況を伝え、ここは落石や土砂崩れの心配もあるので車を停める場所を変えた方が良いとアドバイスし、下流部に入渓することにした。

Dsc_1729s

Dsc_1734s いつもの場所に流星号を駐め、支度をしていると漁協のNさんが通りかかって軽トラを停めた。「ごめんね、放流したけどこんな小さいのばかり。大きいのははいっちょらんと」と。まあ、前回も伺っていたので覚悟はしていたけど…

鯛生川との合流点から釣り上がり。あのポイントもこのポイントでもヤマメの反応は無い。小さな浅い流れからやっと小さなヤマメが顔を出す。朱点がはっきりのアマゴも出たが、いずれも15cmほど。6寸を超えるようなヤマメが顔を出すことはなかった。

今回、これまで使っていた梅野川用の大きなネットではなく、昨年ステイホームの間に張り替えたもう一方の小さなランディングネットを持参していたので、小さなヤマメでも写真に撮ると見劣りしない。あの大きなネットは来年まで封印かな。

午後は他の川へ移動することも考えたが、やっぱり上流部も確認しておきたかった。移動するとあのエクストレイルは上の安全な場所に移動して駐まっていた。まだあの二人は上がってきていないようだが、4時間も間が空いているので大丈夫かなと思って入渓したが…
上流部では小さなヤマメが2回反応しただけで、フライをくわえることもないまま終了。
そういえば、朝の二人の釣果はどうだったんだろう?

今年の梅野川はやっぱり厳しいということを再確認した一日となった。チビヤマメが大きくなる夏までは暫く様子見かな。

 

|

« 久しぶりに竹竿(Yokota Rod)を持って古湯へ | トップページ | 雨上がりの古湯は遅咲きの桜とシビアなライズが待っていた »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

梅野川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに竹竿(Yokota Rod)を持って古湯へ | トップページ | 雨上がりの古湯は遅咲きの桜とシビアなライズが待っていた »