« 桜が満開の那珂川、しかし初めての北関東遠征は空振り | トップページ | 再放流翌日の古湯、シビアなライズでなんとか25cm »

2021.04.24

親父の代わりに知らせに来た?古湯でヤマメ25cm

Dsc_1746s
福岡を2週間離れている間に季節は随分進んだ。前回の古湯はまだ桜が咲いていたのに、ここ数日で気温は上がり、日田では真夏日にまでなった。
3週間ぶりに古湯に足を運ぶと、好天が続いて雨が少ないせいか嘉瀬川ダムは随分減水していた。しかし、かんじんの嘉瀬川本流はダムの放水量を増やしているのか、少し濁りが入って増水気味。10時半に到着した時には川にも遊歩道にも、人の姿も1台の車もなかった。

そろそろライズが始まり釣り人がやってくる時間帯だろうに、ひょっとしてもう古湯にヤマメはいなくなった?多少の不安を感じながら準備をし、川面にライズを探しながら天河川との合流点まで歩いて下るがライズは見当たらない。瀬に出ているかとブラインドで叩いても何も反応無し。こうなるとライズを探すしかないか。

暫くロッドを置いてプールに目を凝らすと、ライズ発見!ここからまた何に対してライズしているかの謎解きの時間。風は無いのに水生昆虫のハッチはほとんど確認できず、飛ぶ虫も、水面に流れる虫の姿も見えない。さっきのライズさえもひょっとして見間違いだったかと思えるくらいに水面は静か。

まず前回同様にティペットを9X、#26のユスリカアダルトを結んで流してみるが、反応無し。ピューパもダメ。たまに大きなメイフライが飛ぶ姿が見えたので、スペンドタイプのメイフライを流してみたら喰った!しかも良いサイズで強い引き。しかし、ティペットは9X。慎重にやりとりをし随分時間をかけてネットに納まったのは今シーズン最大最高、25cmのカッコイイ雄。

もうこの1尾だけで満足。時計はちょうど正午を廻ったところ。ここで一旦退渓してお昼を取ることに。変わらず川には僕以外誰もいない。

川原に腰を下ろし、川面にライズを探しながらパンを食べていると、携帯が鳴った。

父が息を引き取った」と。

ちょうどヤマメとやりとりしていた時刻。親父がヤマメに姿を変えて出たのか、それとも知らせに来たのか?ここで休憩を取っていなければ、電話が鳴っても気がつかなかった可能性もある。

今年最高のヤマメは、父の成り代わりだったのだろうか。

91歳の天寿を全うした我が親父に合掌。

 

|

« 桜が満開の那珂川、しかし初めての北関東遠征は空振り | トップページ | 再放流翌日の古湯、シビアなライズでなんとか25cm »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜が満開の那珂川、しかし初めての北関東遠征は空振り | トップページ | 再放流翌日の古湯、シビアなライズでなんとか25cm »