« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月の記事

2021.02.26

東京オリンピック実現のための、ごく私的な妄想提案

コロナ禍で東京オリンピックの開催が危ぶまれている。マスコミ各社が行ったアンケートでもほとんど開催に否定的。
NHKが今年1月に実施したアンケートでも、開催すべきはたった16%!
Photo_20210226160601
※グラフは上記NHKのNewsサイトからお借りしました。

このアンケート、選択肢が「べき」しかないが、「可能なら開催して欲しい」という前向きな回答も選択肢に入れていたらどうだっただろう?

ところで、お役所仕事や古い体質の企業だと何かやろう、新しいことを始めようとすると「できない理由」をあげつらう人が必ず出てきて、その人の声が大きいと前に進まなくなる事は良くある。議論が「やりたい」人と「やりたくない」人とのパワーゲームみたいになっている。このコロナ禍で、緊急事態宣言を発出するべき、継続するべき、あるいは出すべきでない、早期に解除するべき、と正反対の主張がネットでも展開されているが、これも同じ。対立する2者は、それぞれ別の未来を目指しているのだから相容れない。

話を東京オリンピック・パラリンピックに戻すと、東京オリ・パラを「やって欲しいかそうでないか」、あるいは「東京で開催されるオリンピックを見たいか、見たくないか」という聞き方をしたらどうなんだろう?僕は自分が生きている間に自国開催のオリンピックを肌で感じたいと思う(前回の東京と札幌冬季五輪は子供だったし遠くの光景をテレビで見ただけ。長野は行けなかったが身近に感じてテレビを見て興奮した)。

今は新型コロナの感染が拡大するからという理由で開催できないという空気だが、どうしたら開催できるかは考えられないのだろうか?2020年の開催が東京に決定したときの興奮を忘れたんだろうか?

そこで勝手に開催する方法を妄想してみた。
要は、コロナの感染をいかに回避するかということに尽きるはずだ。

1,選手・大会関係者は

先の全豪テニスが一つの指針になりそうだが、選手や大会関係者は事前にワクチンを接種してPCR検査で陰性確認、国別のチャーター機で入国。感染者が出たら行動を共にしていた人間は隔離あるいは帰国。全員開会式の2週間以上前に入国して陰性者のみの参加を確認して開催。

発症した感染者が出た場合を想定して、民間のフェリーか現在運休中の大型旅客船を借り上げて、選手村の前に病院船として待機させる。

2,観戦客はクルーズ船で

外国から観戦にやってくる観光客はクルーズ船でのみ入国可とする。しかも、乗客・乗員全員が乗船後2週間以上下船していないこと。もちろん、乗船前にはワクチン接種・PCR検査済み。洋上で2週間の隔離を済ませて日本に入国になるので安心。クルーズ船にはダイヤモンドプリンセスで教訓を得たように、最初からもしも感染者が出たときに備えたゾーニングを施すこと。

世界中で停船したままになっている豪華クルーズ船が、大挙して東京湾に集結する光景を想像するだけでワクワクする!これだけで東京オリンピック・パラリンピック期間中は多分、後にも先にも無い世界のクルーズ船が一堂に会する一大イベントとなる。

Wwwicruisesjps
iCluiseの客船図鑑には世界中の客船が紹介してあるけれど、数が多いのでプリンセスクルーズとリージェント・セブンシーズ・クルーズの船の部分だけをキャプチャしてもこれだけある。もちろん、帆船でも大型クルーザーでも、ヨットでも海上を2週間以上かけてやってくればOK。
東京湾がカリブ海や地中海の様な光景になったら楽しくないですか!?
クルーズ船一隻まるまる借り上げて病院船というのも良いんじゃないかな?隔離されても豪華な船旅気分は維持できるということで。
これだけ長期のクルーズ旅にお金を出せる財力と時間的余裕を持つ人なら、粗暴な人もいないだろう。

多分、今の日本の感染防止対策をきちんと実行していれば夏に市中での感染拡大はほぼ考えられないし、クルーズ客からの感染もそれほど心配する事もないと思う(そもそも感染してない人間だけが入国するんだし)。オリンピック期間中は感染が心配な高齢者はワクチン接種も完了しているはずだし、心配なら人との接触を避け熱中症に気をつけながら自宅で過ごしてもらう。

いかがだろうか?
まあ、あれはダメ、これはダメという人ばかりでこれからの実現は困難とは思うけれど。来年なら世界中にワクチンが行き渡って大丈夫というのなら更に1年延期も良いけど、中止だけはして欲しくないなあ。

| | コメント (0)

2021.02.25

エーゼットの自転車用フッ素グリース(高回転用)を使ってみた

シーズンスタート前のシミュレーションにと朝霞ガーデンに出かける前、タックルボックスやフィッシングベストの中身を一度全部出し、整理し直していた。すると、見慣れない白くて丸い容器が出てきた。
近年、ネットでフロータント代わりとして高評価の投稿を度々目にするエーゼットの自転車用フッ素グリース(高回転用)。
20210225-0849411s
そういえば、2019年のシーズン終了後にamazonで購入していたのをすっかり忘れていた!昨年はコロナ禍のせいで東京では釣りどころかほとんど外に出ることがなかった。緊急事態宣言が出てからのほぼ3カ月は東京にも戻らず、結局東京では一度も釣りに行くことなくシーズンは終了した。

使ってみた

その忘れられていた可哀想なグリース。朝霞ガーデンで試しに使ってみた。

20210224-120232sグリースといっても見た目はハンドクリームのように白く滑らかなクリーム。最初に蓋を開けた時には容器全体に広がっていたグリースも、帰ってから開けると写真の通り。日曜日は気温が高かったが、それでも2月。春になり気温が上がると、粘度が落ちてサラサラになるのではないだろうか。

フロータントとしてはべたつく感じも無く浮力が長く持続する感じ。しかし、朝霞ガーデンではCDCを使った水面ぶら下がりタイプのフライを中心に使ったので、ほとんど登場する場面は無かった。

それよりも直径4cmほどの滑りやすいスクリューキャップの小さな容器が扱いづらい!
蓋を開けたり閉めたりしていて何度か落としてしまった。これを流れの速い自然渓流で扱うのはちょっと無理だ。福岡で今使っているGiga dry と okaピンの組み合わせのように、一度別な容器に移し替えるか釣行前にフェルトのような物に染みこませて持参するのが良さそうだ。

ということで、良い方法が見つかるまでは東京のタックルボックスで控えておいてもらうことにするか。

 

| | コメント (0)

2021.02.21

解禁前に朝霞ガーデンでイメージトレーニング

いよいよ来週は解禁。天気予報では、今日は風も無く気温も上昇して春のような一日になるという。あの川、この川でヤマメに対峙する自分の姿をイメージしてしまう。どうしてこんなに良い日に釣りに行けないんだろう?
と思ったら、朝霞ガーデンがあるじゃないですか!
20210219-110301s
朝霞ガーデンのシビアなライズ、今年予定している北関東での釣りを想定して、福岡のフライボックスからミッジのぶら下がり系のフライを10本ほど試しに持ってきていたので、まずはこれを試してみよう!

ということで朝霞ガーデンに出かけた。到着した12時過ぎは駐車場はほぼ一杯、ルアーポンドは密!フライポンドも何処に入れてもらえるか?というくらいの混みよう。解禁のシミュレーションなので、逆光でドライフライが見えないと意味が無い。少なくともミッジフライだと午後の立ち位置は太陽を背にした西岸でないと全く見えない。ところが、それからポロポロと釣り人が抜けていった。朝9時くらいから釣っていた人たちが終了の時間になって帰って行ったのだろう。

結果、まもなく朝霞ガーデンで一番好きな立ち位置に陣取り、ドライフライでしっかりニジマスをかけて良いイメージを刷り込むことができた。

さあ、いよいよ来週解禁だ!

 

| | コメント (0)

2021.02.20

福岡県内水面漁業協同組合連合会の共通遊漁証が届いた。今年は腕章タイプに!

20210217-132111s
今年の福岡県内水面漁業協同組合連合会の共通遊漁券が届いた。
昨年の物は透明なビニールカードケースに入った遊漁証を安全ピンで留めるタイプだったが、今年は腕章タイプに。漁協や監視員の人から見て直ぐにわかるようにだろう。昨年も、星野川でどうも密漁っぽい怪しい釣り人を何人か見かけた。これなら遠くから見ても良くわかる。釣行時には腕に付けてくださいとの一文が添えてあった。
20210217-132120s 遊漁証の本票はこの裏に仕込まれている。

日田漁協の遊漁証も腕章タイプだけれど、あちらのは全周ビニールの腕章を安全ピンで留めるタイプだったので付けると釣りづらかった。で、フィッシングベストの背中に、よく見える様に安全ピンで付けて釣りをしていた。
古湯の遊漁証も昔は日田漁協と同じタイプの腕章だったが、数年前から首から提げるタイプになった。これだと邪魔になるのでやっぱり背中にぶら下げていた。

しかし、このゴムバントタイプだと釣りづらさはなさそうだ。ただ、フィッシングベストに付けっぱなしというわけにはいかないので、毎回着け忘れや持参し忘れがないようにしなければならないが。

レインウェアも軽くメンテナンス

20210211-143425s フィッシングベストの背中に入れて滅多に使わないゴアテックスのレインウェア。随分長いこと使っていてここのところ防水性が落ちてきた。ウェーダーほどシビアな防水性は求めないし使用頻度も低いので、スコッチガードで防水処理を施してシーズンを迎えることにした。

さて、どのくらい防水性は復活したか?乞うご期待!
(でも、できれば雨は降って欲しくない)

 

| | コメント (0)

2021.02.18

解禁前に放流情報を検索していたら…ポイント地図が流用されてるのを発見

待ちに待った解禁まであと10日。そろそろ各漁協の放流状況などが新聞やネットに上がってくる頃。古湯と矢部川水系はだいたいわかったので、気になるのは昨年の豪雨の影響が大きかった大分県の日田漁協や津江漁協管内の状況。で色々調べていたら、検索結果に見たことのない梅野川の紹介記事が。シーズン前もシーズン中も、足を運ぶ川の状況や周辺道路の異常などを確認するためにネットは常にチェックしている。自分が足を運ぶ川周辺の事が書かれた記事・ブログはひととおり目を通しているつもり。しかしこれは初めて目にする記事だった。

昨年2月、解禁直前にアップされていたその記事は、梅野川C&R区間を紹介するもの。C&R区間での釣りのルールやマナー、遊漁券の販売場所など丁寧に紹介してある。基本的には、梅野川に初めて釣りに行ってみようという人にはまず読んで欲しいといえる良い記事。しかし、問題点が2つ。

このブログのために作成したポイントマップが!

その記事には、津江漁協が作成した梅野川C&R区間の地図と遊漁規則が掲載されている。これは津江漁業協同組合 「奥津江河原新報」の梅野川C&R区間の遊漁規則と漁場案内図 のページからダウンロードできる(左のオリジナル)。しかし、記事に掲載されている地図には番号とPのマークが入っている。僕が2019年に「梅野川C&R区間 完全攻略ガイド2019」のために漁場案内図にポイントをくわえて作成したものだ(右)。

Cr_20210218231401Cr_20210218231402

地図のオリジナルは津江漁協さんの物なので、別に使ってもらうことに文句は言わない。しかし、図にある番号は完全攻略ガイドのポイント解説文とセットで場所を示すもの。しかもこの記事ではこの番号を入渓ポイントと誤った情報を伝えている。梅野川に入渓ポイントは19箇所も無いのに。この記事を信用して入渓ポイントを探すと「この番号はどこ?」と混乱を招くだけだ。

紹介すべきではない入渓ポイント

2つめは、写真入りで紹介してある入渓ポイント。そのうちの一つは明らかに人の家の敷地を通過するところ。ここを通って入渓する際には、持ち主のご厚意で認めていただいているのだと、最大限の注意を払っている。中にはルールもマナーも無視する釣り人もいる。餌釣りが禁止であることを知っていて釣りに来る輩もいるし、遊漁券を購入せずに「密漁」する輩も後を絶たない。

ここは仮に地主さんに確認したとしても掲載するべきではなかった。

この記事のタイトルやURLをここに記せば、見て欲しくない人の目にも触れてしまいかねないので、あえて伏せておく。一応、「地図の番号は入渓ポイントではないので、読者に誤った情報を提供していることになる」と問い合わせフォームより知らせておいた。

梅野川へ足を運ぶのは解禁よりも少し先、3月下旬の予定だが、昨年の豪雨被害から復活できているだろうか?

2月19日追記

問い合わせに対して、記事を掲載しているサイトの管理人からメールが届いた。
指摘した点を確認するために該当ページをクローズしたとのこと。早急な対応に感謝したい。記事の趣旨と内容は良いものだっただけに、改めて正しい情報に直してアップしてもらえればと思う。

 

| | コメント (4)

2021.02.11

アクションカメラを初購入。GoProが良いんだろうけど、まずはパチ物で。

このシーズンオフは休日にYouTubeで動画を見る機会が多くなった。flyfishingの動画できちんと撮ってあるのは、shimanoやTIMCOの販促用チャンネルくらいで、個人が撮ったものはほとんど見るに堪えない。で、見るのは海外のチャンネルばかりになってしまった。

個人が撮って上げてある物は、まず例外なく撮影者目線の動画。カメラを頭に付けるか胸に付けて撮っているので常に画面が動いているし、ダラダラと映るのは腕が中心。対して、釣りチャンネルやメーカーの動画は、プロのカメラマンが釣り人を撮っているので画面は安定しているし、メインに映し出される対象も水面のフライだったり釣り人だったり魚だったりとバリエーションも豊か。で、見ていて思った。自分で自分の釣りを撮ったらどうなのか?

実は数年前、GoProが登場したときに「これは面白い!」と購入を検討したことがあった。しかし、結局購入には至らなかった。購入しなかった理由は、1,価格、2,録画時間、3,自撮りでオモシロいものが撮れそうにない というもの。
スキーやサーフィン、バイク・サイクリングなどスピード感が表現できるスポーツは自撮りでもオモシロいけど、釣りは動きが無く緩慢だしジコチュウを押しつけるだけになってしまう。釣りの自撮りは公開するに値しないと。

しかしこのシーズンオフ、YouTubeを見ていて思ってしまった。僕が自撮りをしたらどんな動画になるんだろう?と。アクションカメラも中国製のいろんなメーカーの物が随分安く売られている。そんなときにamazonのタイムセールでアクションカメラが4580円!
で、思わずポチってしまった。

20210208-202819s 20210211-175400s 届いたアクションカメラは、付属品も豊富(というよりもこの付属品だけでいくらぶん?というくらいにたくさん)。自転車やヘルメット、腕に固定するなど様々なシチュエーションに対応できるよう多くのツールも同梱されていた。

しかし、僕が使用を想定しているのは身体に装着せず、川原の石の上等に置いてリモコンでOn、Offの撮影。付属品で必要なのは、防水ケースとリモコン、三脚が取り付けられるマウントくらい。他はとりあえずしまって(ヨットやスキーに行くときには活躍するだろう)、スマホの固定に使っていた三脚(の足部分)を取り付け。

20210210-165555s
これで川で岩の上や川原の平らなところを見つけてカメラを設置することは可能だ。20210210-165627s 移動する時の撮影は、足をたたんで手持ちすれば良い。

というわけで、初めてのアクションカメラを手に入れたものの、これを持ち歩くのにも、到着して車から川に持っていくのにも入れ物(袋)がいる。何か良いものはないかと思いながら散歩に出て、100均を覗いたら、ちょうど良いものが目に入った。大きなミトン。これなら本体と電池・リモコンを親指とそれ以外の袋に分けて収納できるのでは!?

20210211-143639s
110円だからダメもとで買って帰ったら、測ったようにバッチリ!
このミトンをフィッシングベストの背中に入れ、釣場まで行けば良いだけだ。これでまた解禁が楽しみになったぞ!
でも、まだ撮影していないからちゃんと動画が撮れるのかもわからないんだけどね!

解禁して無事に動画がアップできますように!

 

| | コメント (0)

2021.02.06

今年も福岡県内水面漁業協同組合連合会の共通遊漁証を購入しようとしたら…

20210206-142651s
解禁まで1カ月を切った。四国や中部地方では2月に解禁となる川もあり、シラメ釣りなどがもう始まっている。録り溜めたつりチャンネルを見ながら気持ちは川に。

早めに遊漁証の手配

新型コロナのおかげで福岡県に発出された緊急事態宣言は3月7日まで延長された。昨年、緊急事態宣言が発出された頃は県境を越えた移動はしないようにとしきりにアナウンスされ、県外ナンバーの車がいたずらされるなどもありシーズンの半分以上を福岡県内で釣りをしていた。
今回は県境を越えることが問題になるようなことはなさそうだが、昨年の大雨の影響で大分県方面の川で釣りができるかどうか怪しい。そこで、今年も福岡県内水面漁業協同組合連合会の共通遊漁券を早めに購入しておくことにした。

昨年購入した「つり具の木下」さんに、フォームから今年の遊漁証の問い合わせをしたらまだ届いていないとのこと。2月20日過ぎに到着予定なので、届いたら連絡しますとのことだった。

矢部川/星野川方面も大雨の後には足を運んでいないが、流程も長いし支流も多いのでどこかは大丈夫だろう。梅野川は2.5km、古湯は実質数百mしかないのに比べれば、ポイントの選択肢は遙かに多い。ただし、釣り人も多いが。

ところで古湯

さて、古湯はどうかと古湯地区漁業協同組合のFacebookをチェックしてみると、2月27日と3月20日に放流予定とあった。今年は3月の最初の週末は6日だから、それまでには地元の餌釣りのご老人が多くを抜いてしまっていることだろう。しかし、昨年は10月、11月にも稚魚放流予定となっていたので、放流されていれば年越しのヤマメと稚魚から成長したヒレピンヤマメも期待できる。

今年もまずは古湯で解禁かな。

2月13日追記

つり具の木下さんから遊漁証が届いたとのメールが来たので、早速振り込み。遊漁証が届くのを待つだけとなった。そういえば解禁当初に星野川に足を運んだことは無かったことに気がついた。昨年だってコロナのおかげでシーズン途中から約20年ぶりに足を運ぶようになったし。解禁は古湯と星野川の両睨みだな。

あとは好天を祈るばかりとなった。

 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »