« 今シーズンの梅野川はこれで釣り納め。ところでELUANSHIのウェーダーが! | トップページ | ELUANSHIのウェーダーは復活ならず。そして最終日は? »

2020.09.26

どこに行っても足跡だらけのシーズン最後の週末。なんとか出た8寸ヤマメで締めくくるか?

今シーズン、ヤマメ釣りに行けるのは泣いても笑ってもこの週末が最後。毎シーズン最終の週末は魚よりも釣り人との競争。誰もが最後に良い釣りをしてシーズンを締めくくりたいので、良いポイントは早い者勝ち。夜明け頃の到着を目指して家を出る。

6時到着を目指したが、ちょっと遅れて目指す背振の川には6時20分に到着。既に釣り人の物らしい車が!さて、他へ廻るかこのまま入渓するか?思案のしどころ。これから他へ廻ってもどうせ先行者がいることだろうから、結局少し時間をおいてここから入渓。しかしやっぱり全く魚の反応なし。諦めて次の川に移動する車窓から、先行したルアーマンが川を上がって歩いて戻ってくる姿が見えた。釣れたのだろうか?

Dsc_1633s
急に雨に降られたりしながら背振の川をいくつか廻るも、チビしか出てくれない。

背振山頂に近い川に向かっていると、朝のルアーマンが歩いていた。車を止めて声を掛け、今朝の釣果を尋ねると25cmが1尾出たと!うーーん、うらやましい。流星号を見て、「私もゴルフに乗っていたんですよ」と。つい最近までGolf2に17年乗っていて、手放したばかりだと。僕も次の流星号はGolf2にしようかと思っていると言うと、春日のG1clubというお店を紹介していただいた。もう暫くは今のGolf5を乗り続けるつもりなので、その時が来たら覗いてみよう。

Dsc_1635s 足跡だらけの川を梯子し、深いプールで側線がバッチリ赤く染まった7寸ほどのヤマメが勢いよく出たが、残念ながらすっぽ抜け。良いヤマメだった。逃がした魚は…… それにしても、どの川も防獣柵のせいで退渓するのに苦労する。久しぶりの川だと退渓場所がなく、入渓点まで戻ることを余儀なくされる場合も。

川の真ん中の石の上にミヤマクワガタがいたので、鳥に食われないよう川原に移しておいた。

Dsc_1639s
お昼休憩を挟んで、午後の部。どこも先行者が入った後だろうが、川面には日が射し込みヤマメの活性も上がっているかもしれない。期待しながら釣り上がると、早瀬に流したフライにヤマメが下から浮いてきてくわえた。小さな流れなので6寸くらいのヤマメかと思ったら想定外の勢いでぐいぐいと泳ぎ回る。岩の下に潜り込んだりしてなかなか水面に出てこない。やっと水面に姿を現したのは想像を超えた8寸、24cmの立派なヤマメだった。
Dsc_1641sDsc_1642s

この困難な状況で8寸ヤマメを手にできた。今日はこれ以上は望めないだろうということで、ここで納竿。

この8寸ヤマメを今シーズンの締めくくりとするのも良いかな。明日もどこに行っても釣り人が一杯だろうし、これ以上のヤマメを釣るのはなかなかに困難が想定される。

さて、明日はどうするか?朝起きてから考えることにしよう。

 

|

« 今シーズンの梅野川はこれで釣り納め。ところでELUANSHIのウェーダーが! | トップページ | ELUANSHIのウェーダーは復活ならず。そして最終日は? »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

先日お会いした事もあって久々に思い出してブログ拝見させて頂きました。

こちらのエリアに今年は結構入られてたのですね?

早朝の渓もお会いした辺りも既に足跡ばかりで残念ながらほぼ反応はありませんでしたね〜!
また来シーズン何処かの渓でお会いするかと思いますが宜しくお願いします!


投稿: 渓人 | 2020.09.28 12:08

渓人様

今年背振で釣ったのは片手くらいですかね。
お別れした後に、書いている様にロッジの上のプールで良いのが出たんですけど乗せられませんでした。G1clubも早速ネットで調べてみました。今週末は釣りにも行けないので、覗いてみようかと思います。有り難うございました。
来シーズン、またどこかで。

投稿: flyday | 2020.09.28 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今シーズンの梅野川はこれで釣り納め。ところでELUANSHIのウェーダーが! | トップページ | ELUANSHIのウェーダーは復活ならず。そして最終日は? »