« ランディングネットのメンテナンス(その2)ネットの取り付け | トップページ | 釣りに行けないのでランディングネットのメンテナンス(その3)ーさらにもう1本 »

2020.08.07

今シーズン、梅野川は絶望か?

新型コロナ感染症の非常事態宣言が明けたと思ったら長梅雨。しかも7月に入ってからは豪雨が続き、九州北部はどこも多かれ少なかれの水害に襲われた。長く降り続いた雨で山は有り余るほどの水分を蓄え、山間部の河川は長い間水量が落ちることはなかった。

令和2年7月豪雨は球磨川の氾濫に注目が集まったが、平成24年7月九州北部豪雨と同じようなエリア(福岡県南部、八女~大分県西部)でも大雨となった。当然、梅野川周辺も平成24年同様の被害が想定される。

そこに今日、梅野川へ向かった2416tenkaraさんからメッセージが届いた。土砂崩れによる全面通行止めで梅野川へはたどり着けなかったという。
今週末の3連休に、梅野川の様子を見に行こうと思っていたが2416tenkaraさんからの情報もあり、おおいた防災情報ポータルやトヨタ通れたMapをチェックすると、見事に梅野川周辺の道路が通行止めになっていた。
20200807-104120

20200807-104014
梅野川周辺、間地の集落が孤立していることになる。これでは、日田からも八女からも梅野川にたどり着くことはできそうもない。
恐らく、あの青い流木留めはすっかり塞がってしまって、遡上することもままならないに違いない。平成24年7月九州北部豪雨では、川に重機を入れて長期間の修復工事を余儀なくされた。今回も同じようなことになっているかもしれない。

梅野川への道路が何時開通するかはわからないが、とにかく津江のみなさんの無事と早期の復旧を祈るばかり。
今シーズン中に梅野川での釣行が実現しますように。

|

« ランディングネットのメンテナンス(その2)ネットの取り付け | トップページ | 釣りに行けないのでランディングネットのメンテナンス(その3)ーさらにもう1本 »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

梅野川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランディングネットのメンテナンス(その2)ネットの取り付け | トップページ | 釣りに行けないのでランディングネットのメンテナンス(その3)ーさらにもう1本 »