« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月の記事

2020.06.21

やっぱり増水、釣りにならず早々に撤収。お土産はハトマメ屋のクッキーシュー

大雨警報が出るほどに降り続いた雨は、木曜朝まで続いた。さすがに増水は1日では治まらないだろうと昨日はStay Home。自宅のベランダ屋根の補修や流星号のメンテナンスで一日過ごした。そして今日、ダメもとで梅野川へ向かうことにした。
大分方面へ向かう際には必ず立ち寄る三連水車は前回はまだ準備段階だったが、既に勢いよく水をくみ上げていた。
Dsc_1522s
7時半に到着した梅野川は、案の定増水していた。山本2号橋から見下ろす梅野川は、普段なら左岸(画面の右)側1/3から半分に水の流れがある程度だが、流れが川幅一杯に広がっていた。
Dsc_1523sDsc_1525s間地橋前の流れは速く、渡渉するのにも危険を伴う。栗ノ木前のスロープから降りても、流れは同様に川幅一杯に広がっている。梅野川での釣りは諦めることにした。

矢部川上流の支流へ

梅野川がダメなら上津江へと思っていたが、この感じでは上野田川も川原川も増水して釣りができる状況ではなさそうだ。このまま帰るか、それとも大きく移動して源流域の川を目指すか?

せっかく今年は福岡県内水面漁業協同組合連合会の遊漁証を持っているので、流星号を八女方面に向け、矢部川の上流域の川(相性が悪い日向神ダムの上流)を覗いてみることにした。
鯛生金山を横目で見ながら竹原峠トンネルを抜け、矢部村から日向神ダムまで下らずに右に折れて星野村方面へ。流星号をゆっくりと樅鶴川沿いに進める。対向車が来たらすれ違うこともできない狭い道。車窓から見下ろす樅鶴川は細いが雰囲気たっぷり。水量が多いのでポイントが絞り辛いがひょっとしたらヤマメに出会えるかも?

Dsc_1526s 流星号を駐められる場所を見つけ、川に降りる準備。川幅が狭いので、久しぶりに6fのバンブーロッドを手に入渓。しかし、カワムツは出たもののヤマメには出会えず脱渓。もう少し水が落ち着いたら、あるいはヤマメにも出会えたのだろうか?

山を越えて星野川へ向かうも、やはり増水していて釣りになりそうも無い。結局ヤマメに出会うことなく、11時前には早々に納竿。

20200621-16-50-26s 帰り路にハトマメ屋に立ち寄り、クッキーシューを購入して帰宅。母と午後のお茶の時間を共にし、午睡も楽しんだ父の日の日曜日。

 

| | コメント (0)

2020.06.20

タキロン(ポリカの波板)屋根の固定が緩んだので修復方法を考えてみた。修復費440円。

20200620-12-59-49s

20200620-12-59-52s 2階の物干し台はタキロン(ポリカの波板)の屋根。取り付けてどのくらいの年月が経つんだろうか?毎年のように発生する豪雨や台風に遭い、だんだんと固定していたところが緩み、外れて、風が強い日には「バタバタバタ~」と大きな音をたてるようになった。しかし、幸いなことに屋根材は割れていない。ポリカーボネートは機動隊の盾にも使われるほど強度は高い。唯一割れた箇所があるのは、僕が昨年屋根の補修のために上がる際、全体重を片手にかけた時に踏み抜いた所。

台風シーズンが来る前に、このタキロン屋根もきっちり固定して修復しておきたい。
しかし、上に乗って体重をかけると踏み抜いてしまうし、足場も無いので上から作業することは難しい。なんとか下からタキロンを再度固定することはできないかと、強風で発するバタバタ音を聞くたびに考えていた。

100円ショップで材料を調達

20200620-12-52-50s そして考えついたのが、下から屋根板に穴を開け、そこに紐をつけた鈎状の物を引っかけて引き、紐を固定する方法。とはいえ、キリで開ける穴に通るサイズの鈎状の物はあるのか?大きな物ではダメだし、細かったり尖っているものだと風の力でバタついたときに屋根板を割る原因にもなりかねない。近所のDAISOでいろいろ探したが良い物が見つからない。ホームセンターで探すかなと思いながら散歩ついでに覗いたseriaで良い物を見つけた。ミニミニフック。適度な太さで先は丸いし、おまけに紐を通せる穴まで付いている!

これで屋根板にかける鈎も見つかった。踏み抜いた穴を塞ぐための透明荷造りテープも一緒に購入。ミニミニフック3つと荷造りテープで440円也。
昨日の朝までの豪雨を考えると今日は増水して釣りにも行けない。天気も良いので自宅にあるキリとビニール紐、ヤスリを準備して作業開始。

20200620-13-31-23s ①鈎を通す穴を開ける

バタバタ音を静めるためには、波板が重なったところで固定したい。2枚同時に、できるだけ位置がずれないよう穴を開けなければならない。更に丸い穴一つではフックを通すことはできないので、細長い穴を開ける必要がある。キリで2つ接近した穴を開け、ヤスリで削って一つの楕円にする。

20200620-13-30-45s②フックにビニール紐を通す

フックを波板にかけた後だと紐を通しづらいので、あらかじめフックにビニール紐を通しておく。
 

20200620-13-38-37s ③フックをかけて横桟に紐を固定

フックは1カ所でも良い。しかし、よりしっかり固定するために横桟の上下2カ所に穴を開け、それぞれにフックをかけて引っ張り合うようにして横桟に紐をかけることにした。あとは紐をしっかり結び、余分な紐を切ってできあがり。

20200508-11-10-01s これを9カ所、汗だくになりながら完了。日を改めて、鈎を引っかけた穴に屋根瓦の防水充填剤を充填して塞げば完璧でしょう。
梅雨の後半の暴風雨や台風が来てもバタバタいわなくなっていれば良いが。

20200620-13-38-26s 踏み抜いていた破れも、荷造りテープで補修して穴は塞がった。

ステイホームで家にいる時間が長くなるといろんな事が気になり出し、屋根やら庭やら網戸やらと家の修理を続けてきた。そろそろこれで一区切りかな。

これからは流星号のメンテナンスに重点を移すことにしよう。

| | コメント (0)

2020.06.09

2カ月ぶりの梅野川も厳しい~! 6寸越えもならず。梅雨入り目前、三連水車は本番に向けて組み立て中

緊急事態宣言が解除され、県境を越えて近県への移動も許されるようになったので、4月5日以来の梅野川。
7時半に到着で、他に釣り人の車は見当たらない。さて、下流部を釣り上がるか、それとも上流部を釣り上がるかと思案したが、上流部は入りたくても入れないことも多いので、まず上を釣り上がることに。中間育成場前に流星号を駐め、堰堤上のポイントから入渓。
減水しているかと思って降りたら、意外や水は多い。福岡では降っていなくても、山間部のこのあたりはそれなり雨が降っていたのかもしれない。

Dsc_1512s入渓して直ぐにフライに出たのは、こんな小さなヤマメ。#14のフライを口に入れることができず、口の横にかかっていた。その後もフライに出るのは10cm前後の小さなヤマメばかり。ここぞというポイントからも出てくるのはチビばかり。必ず良い型のヤマメが付いていたあの沈み石の陰からも、出てくるのはやはりチビ。

Dsc_1513sDsc_1514sいつもなら大型のヤマメが定位しているプールにも魚影は見当たらない。それらしいサイズの反応も無く、苔に足を滑らせて2度転倒しながら梅野橋手前の大淵まで釣り上がり、脱渓。
上がったところには白いSUVが駐まっていた。橋から川を見下ろすと、ルアーマンの姿が。

流星号に戻るが、お昼を食べようにも気温は高いし日当たりが良すぎる。食事は日陰で取ることにしよう。下流部の栗ノ木前の駐車スペースに移動する。その前に、他に釣り人の車は駐まっていないかと気になり流星号を一度間地橋前まで走らせて確認。他に車はなし。
コロナの影響か、それとも今年はヤマメの魚影が薄くて釣り人も少ないのか。

Dsc_1518s

日陰で昼食をとり、午後は目の前のスロープから川へ。遠巻きに流木留め上のプールまで下り、そこから田んぼ下の淵まで釣り上がった。水がクリアで底の方まで見える田んぼ下の淵でも、小さな魚影しか見えなかった。結局チビにしか出会えず脱渓。

流れには、太陽の光を反射する銀色の小さな魚影がたくさん見られたが、大きな魚影は確認できないまま。今日は17cmが最大。
今シーズンの梅野川はこんな感じでシーズン最終までいくのだろうか?小さくてもヤマメの数は少なくないので、水害などが発生しなければ来年には期待が持てそうではあるが……

Dsc_1508s いよいよ今週後半から、九州北部も梅雨入りの模様。朝倉の三連水車も田植えシーズンに向けて組み立て準備が始まっていた。

古湯は7月に追加放流の予定だし、梅野川でも梅雨が明けたら放流してくれないかなあ。

| | コメント (0)

2020.06.06

日本の超高齢化で、父親名義の携帯がそこら中でトラブルの原因になっているんじゃなかろうか?

20200606-19-23-19s
父名義で契約して母が使っているらくらくホン。ハード故障のため新しい機種に替えることにした。今更スマホは使えないし最新機種でなくても良いというので、amazonで中古の美品を購入。しかし、SIMカードのサイズが違う(新しい物は、見た目はガラケーだけど中身がスマホ)のでSIMカードの再発行が必要となった。が、ここで問題発生!!

契約者本人ではないので再発行手続きができない。父は入院中だしこのコロナ禍で面会もできないので委任状も取れない。もちろん、病室には電話も繋がらない。

そんな状況を説明してdocomoショップから本部に問い合わせてもらってもダメだという。一緒に暮らしている家族で身分を証明する物もある。こんな状況は高齢化が進んだ今の日本、至る所でありそうだ。

契約者が死亡したら、できることは解約だけ!

そこで、「もし契約者が入院したまま死亡した場合はどうなるんですか?何ができるんですか?」と尋ねると、解約だけはできると。しかし、電話番号を引き継ぐことはでない

使用者は変わらないのに電話番号は引き継げないのだ。

うちの両親のように、家族の携帯電話の契約者が全て家長であるケースは少なくない。かくいう我が家も妻の携帯も、同居中の次男の携帯もいまだに契約者は私だ。妻が使っている番号を最初に契約したのが30年ほど前(vodafonの時)、次男のは中学入学した年だから10年前か。今回コロナ禍緊急対応の特別定額給付金も、世帯主に対して支給されるのは家長制を引きずっているようにも感じる。

もしも今、不慮の事故で僕が死んでしまったら…
妻も次男も名義変更はできず、電話番号を引き継ぐこともできず全て解約になってしまうのだ。

午前中の釣りはなんとか帳尻あわせをして帰ってきたのに、午後はこの件でストレスMax。携帯電話は忘れた頃にやってくる地震か地雷か、心の平安を乱す隠れた爆弾だ。

家族の形態の名義変更するなら早めをオススメします。

 

| | コメント (0)

柳の下に2匹目のドジョウはいなかった。しかし、あの川で23cmのヤマメゲット!

Dsc_1504s
前回、思いのほか良い釣果をあげた里川に「夢よもう一度」と出かけた。

水はクリアだが随分減水している。フライを流せるポイントも少なくなり、魚の気配が無い。前回ヤマメが出たポイントも、どこも無反応。たまにアブラバヤが喰ってくる程度。良く見ると砂地に足跡がある。他に釣り人を見ることはないが、先日地元の人が言っていたように釣り人は多いのだろう。ということはもうみんな抜かれてしまったか?柳の下に2匹目のドジョウを期待してはいけないのだ。

2時間ほど釣り上がるも、なんの反応もなくこの川には見切りをつける。さてどこに移動するか?県境を越えて梅野川や古湯に行くには距離がありすぎるし、今からでは出遅れている。そこで水害の前はヤマメがいたという川の上流に、ダメ元で入ってみることにした。

川幅も狭く水量も少ない。それっぽいポイントにフライを落としても、何の反応も無い。やっぱりダメなのかなあ、と諦めかけていたところに細長くそこそこ水深のあるプール。フライを流すとらしき魚影が反応して近づいてくる。が、直前で見切って帰って行く。サイズは大きくはないものの、どうやらヤマメのようだ。なんとかその正体を確認したい!とフライを色々変えて流してみるも、結局フライをくわえることはなかった。しかし、この先へ一縷の希望の光が見えた気がした。

微かな可能性を頼りに釣り上がるも、何の釣果も得られないまま時刻はお昼時に。そこに、雰囲気のある小さな堰堤が現れた。ここで出なかったら、この先釣り上がっても何も釣れないだろうというくらいの絶好ポイント。慎重にフライをキャストすると、1投目で出た!しかも大きい!ヤマメかそれともイダか、あるいは大きなカワムツかもしれない。パーマークを確認するまではぬか喜びは禁物。加えて前回の悪夢もあるので、ネットに納めるまでは。

Dsc_1502s 魚は強い引きでなかなか寄ってこない。やっと水面に上がってきたところでヤマメ!であることを確認。これはなんとしてもネットに納めなければ!慎重に慎重に、しかしできるだけ手早く引き寄せて~、ネットイン!

8寸にちょっとだけ足りない23cmのヤマメ。この川にこんなサイズのヤマメがいるとは思ってもいなかった。嬉しい誤算。多分、ここにヤマメがいると思って釣りに来ている人はほとんどいないだろう。

県境を越えて釣りに行くことができるようになったので、この川は暫く封印してヤマメが増えるのを遠くから見守ることにしよう。

梅雨入り前の貴重な週末。明日も無駄にはできないぞ!

 

| | コメント (0)

2020.06.04

緊急事態宣言も解除され、県境越えてOKのお墨付きが出た!さてどこへ行こう?


持ってるぞ、オレ!
5月25日に緊急事態宣言が解除されたので、先週末、急遽2カ月半ぶりに東京の家族の元に。これに合わせて戻ったわけではないのに、ブルーインパルスの医療従事者への感謝飛行が見られた!しかも、帰宅したところに特別定額給付金の申請書も!オレ(普段は「僕」ですが、気分は「オレ」ですね)、持ってる?それにしても、やっぱりブルーインパルスは良いなあ。

さて、久しぶりの我が家はといえば、うるさいオヤジがいない間、予想はしていたがほったらかしのままのところがいくつもある。妻は「こんなに早く帰ってくるとは思わなかったから」と (T^T)

20200602-12-09-24sまず、車で行かないと買えない重たい物や嵩張るものをまとめ買い。その時、カップのマルタイラーメンがあったので、思わず買ってしまった。買い物の後は、福岡の実家に続いて破れていた網戸の張り替えや、ずっとそこにいると見過ごしがちなお風呂、台所、洗面台などの水廻りの汚れを集中的に掃除してきた。

そしてついに!6月1日にいろいろな自粛要請が解除あるいは緩和された。東京では通勤時間の電車は満員になり、「夜の街」は3蜜を取り戻したようだww 東京都は感染者の減少とともにせっかく緩和をステップ2まで進めたのに、再び感染者が増え出したので「アラート」を出し、レインボーブリッジや都庁舎は赤く染まってしまった。

電車は「密」だが空港は「疎」
このサービスならLCCの方がコスパは良いぞ
20200604-10-43-47s 20200604-11-25-59sそんな中、再び福岡へ。地下鉄やJR・私鉄各社の鉄道はそれなりに混雑しているのに、羽田空港はガラガラ。搭乗ゲートに駐まっている機体は、中小型機ばかり。運航本数を減らし、機材を小型化することでコストを抑えようとしているのだろう。経営的には正しい判断だけれど、おかげでほぼ満席。機内サービスも紙パックのお茶をもらうだけ。
ANAを贔屓にしているが、運行本数も通常の半分程度だしこれならLCCに乗った方が運賃が安い分だけコストパフォーマンスが上がり、相対的な満足度も高くなる。次回はJETSTARにするか?

さて、福岡県などでは近県の県境を越えての移動については可能となった。お墨付きも出たし、この週末は県境を越えようかな?
とはいえ、東京への移動については「慎重に」というなかで福岡に戻ったので、暫くは不要不急の外出は控え、引き続き人との接触は最小限に抑えたいと思っております。

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »