« みんな考えることは一緒。県境を越えずに釣りに行く | トップページ | 福岡県から出ないで釣りをするために、20年ぶりに福岡の遊漁証。そして20年ぶりの星野川でリベンジを果たす »

2020.04.22

アベノマスク、アベノリスク、あれ?元はアベノなんだったっけ?「密」も「みつ」としか読めなくなった

連日報道されるアベノマスク騒動。左右の紐の長さが違うくらいはまだ許せても、カビだの汚れだの、さらには虫などの異物混入の報告まで寄せられているらしい。アベノマスクと前後して、アベノリスクが蒸し返されてそのワードがビジネス誌などに再び登場し始めた。

元は「アベノ○○○」のパロディ的な語呂合わせで揶揄してたと思うけど、毎日ニュースで「アベノマスク」を連呼され、それを聞き続けていたら元の「アベノ○○○」が思い出せなくなってしまった。

アベノマスク、アベノリスク、アベノラスク、アベノムスク、アベノタスク、アベノヤスク、アベノカクス、アベノナクス…

何だったっけ?

3密の連呼で「密」の読み方も

新型コロナのニュースで、これも毎日連呼される「3密」や「密」。そういえば、「密」って訓読みはなんだったっけ?と思い出そうとしても「みつ」しか出てこなくなってしまった。

老眼と共に、脳の老化も進んでいるんだなあ。こういう時は、神様仏様Google様にお尋ねするに限る。
Googleさま、この情けないオヤジにお告げを~

 

お告げが降りてきました~

アベノミクス」と「ひそか」でした。

あースッキリした。

|

« みんな考えることは一緒。県境を越えずに釣りに行く | トップページ | 福岡県から出ないで釣りをするために、20年ぶりに福岡の遊漁証。そして20年ぶりの星野川でリベンジを果たす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな考えることは一緒。県境を越えずに釣りに行く | トップページ | 福岡県から出ないで釣りをするために、20年ぶりに福岡の遊漁証。そして20年ぶりの星野川でリベンジを果たす »