« 古湯地区漁業協同組合管内「遊漁規則」の検証 | トップページ | 福岡空港ラウンジのドリンクコーナーに異変、ANAの機内サービスは全て無くなっていた »

2020.03.11

新型コロナで国内線も大打撃。出発前日なのに福岡→羽田の幹線便で予約は2割程度

新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため、不要不急の外出・移動を控えるようにとの要請が出され、イベントの中止やテーマパークの休園が相次いでいる。そんななか、明日も東京へ移動予定。
搭乗予定のANA便の予約状況を見て驚いた。

20200311-102733

ガラガラ

これでは飛ばすだけ損だろう。減便に踏み切ってはいるけど、路線維持するためにもある程度飛ばさないわけにはいかない。本当ならB777でなくB737でも良いくらいの乗客数。しかし幹線だし、プレミアムクラスのお客様もいる。他の路線はもっと乗客少ないだろうから小さな機体を割り当てることも難しいのだろう。

せめてもの救いは、原油安と円高で燃料費が少しは安くなることくらいか。

頑張れANA、頑張れNIPPON!

 

 

|

« 古湯地区漁業協同組合管内「遊漁規則」の検証 | トップページ | 福岡空港ラウンジのドリンクコーナーに異変、ANAの機内サービスは全て無くなっていた »

エアライン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古湯地区漁業協同組合管内「遊漁規則」の検証 | トップページ | 福岡空港ラウンジのドリンクコーナーに異変、ANAの機内サービスは全て無くなっていた »