« オイルショックのトイレットペーパー騒ぎを思い出す、マスク騒動 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当4000個も無駄にするなんて(T^T) 責任者出てこい!(人生 幸朗・生恵 幸子風) »

2020.02.11

休日の修行は、玄関の柱の修理と流星号のホイール掃除

休日に家にいると、母親からあれやこれやと作業を言い渡される。

20200211-1437151s 今日の作業は玄関のひさしの支柱補修。支柱の一番下部、接地部分の鉄のカバーがすっかり錆びてボロボロになっていた。それを外すと宙に浮いたような角材の柱、その中心部にさらに鉄の支柱があり、ぱっと見た目は柱が宙に浮いてような状態。中心の支柱も鉄なので、いずれは錆びてその鉄の支柱も朽ちて庇の重みに絶えられずに落ちる可能性もある。鉄の支柱の周りの角材の柱はしっかりしている(さらにその周りを化粧材としての木の板が囲んでいる)ので、最悪の場合はその木の柱を支えれば庇が落ちてくることはない。

そこで、木の柱が宙に浮かないよう、くさびを入れておくことにした。

ホームセンターで隙間より少し細い角材と、それに隙間を調整しくさびとしても打ち込む薄い板材も購入。薄板は鉋やヤスリで隙間にあわせてその場で調整しないとならないので、手間と時間がかかる。堅い角材を切る時間を節約するためにお店で切断してもらう。切断1回30円なので左右2本分で加工賃は60円(+税)。

20200211-143720s 柱と基礎の三和土のタイルとの間は必ずしも平行ではないことと、左右で同じ隙間ではないため、薄板で微調整の必要がある。まず角材を入れ、薄板を入れながら調整していく。左は1枚でぴったりだったが、右は1枚+斜めに削ってくさび状にした板を打ち込んで調整。これを左右交互に木槌で叩きながら奥に打ち込んで終了。少なくともこれで自重で庇がいきなり落ちることは無いだろう。

20200211-162517s 時々状態を確認するためにもここを再び囲うことはせず、ただ見た目は良くないので、前に花の咲いた大きな植木鉢を置いて玄関の補修作業は終了。

温かいので、ついでに流星号のホイールのクリーニングもすることに。ブレーキダストで茶色くなってしまっていたホイールが、久しぶりに銀色を取り戻してスッキリ。これで足下もスッキリした流星号で解禁が迎えられる。

ああ、解禁が待ち遠惜しい。


 

|

« オイルショックのトイレットペーパー騒ぎを思い出す、マスク騒動 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当4000個も無駄にするなんて(T^T) 責任者出てこい!(人生 幸朗・生恵 幸子風) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オイルショックのトイレットペーパー騒ぎを思い出す、マスク騒動 | トップページ | 崎陽軒のシウマイ弁当4000個も無駄にするなんて(T^T) 責任者出てこい!(人生 幸朗・生恵 幸子風) »