« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の記事

2020.02.28

デマと全国一斉休校のダブルパンチで、またトイレットペーパー騒ぎに!

先週からクルマを運転するときに、左目の焦点が合い辛くなってきた。気になるので眼科に行ったら、また例の瞳孔を広げる薬を射されて、左目だけ視界が白くなってしまった(T^T)

眼底検査だの三次元画像解析だの色々調べてもらった結果、黄斑部の疲れ(腫れ)。簡単に言ってしまえば加齢による調整能力低下とPCに向かう時間が長いことによる疲れ目。
目を使いすぎないようドライアイを避け、老眼鏡(面倒くさいから40過ぎて作ってからもほとんど使っていなかった)を使って、手許を見るときの負担を減らすようにと言い渡された。

トイレットペーパーが切れそうだったので

眼科の帰りに少なくなったトイレットペーパーの補充をとマツキヨに寄ったらすっからかん、スーパーでも同様。先週までは、マスクは無くてもトイレットペーパーは普通にあった。3週間ほど前には香港でデマ(マスクと同じ紙原料のトイレットペーパーが無くなる)をきっかけにパニック買いが起きていた。

なぜかそれから3週間も遅れて、熊本県内で同じようなデマ(中国からの輸入が止まって、トイレットペーパーが無くなるらしい)でパニック買いになっていると今朝のニュースでやっていた。しかし、メーカーも販売店(の倉庫)にも在庫は潤沢にあり、明日には品物は入荷可能と言っていた。それなのに何故?

20200228-135509s

学校一斉休校の影響がこんな所にも!

原因は学校の休校に備えた消耗品の急激な需要増らしい。カップ麺やインスタント麺、保存できる食料の棚もすっからかんになっていた。たくさん食べてたくさん出す育ち盛りのこども達が1カ月も家にいることになれば、そりゃあ備えなければと主婦(夫)が買いだめするのは頷ける。これに加えて情弱のお年寄りが、慌てて買いだめに走っている状況。

ということで、この騒ぎはこの週末限りかな。

| | コメント (0)

2020.02.26

使い捨てマスクの再利用(何度も使う)方法を考えてみた

1週間前に、「同調圧力なのか横並びで安心したいのか?東京の地下鉄ではマスク着用率9割以上!」というエントリーをしたが、その後収束するどころかますます感染者は増え続け、何処の誰が感染しているかもわからない。かくいう自分だって感染しているかもしれないとますます疑心暗鬼に。人混みの中に出かけるとき、満員電車に乗るときにはマスクをしていないと白い目で見られそうだ。

しかし、マスクは前にも増して手に入りづらくなってきた。今ある在庫が底をつく前にマスクを購入できるかも怪しくなってきた。こうなると、今あるマスクを大事に使わなければならないが、使い捨てマスクを何度も使うのはどんなものか。
とはいえ、僕たちが子どもの頃は使い捨てマスクなんてなく、小学校の頃は毎日同じガーゼのマスクをして通っていた。あれを考えればなんとかなりそうだ。

使い捨てマスクを2重構造にしてみては?

Dsc_1276s 手洗い用の石けんが切れたのでドンキに買いに行ったら、マスクを売っていた。7枚入りで税込400円ちょっと。1枚あたり60円弱。在庫の箱入りは50枚入りで同じ値段だったので、1枚あたりの価格は7倍。もしもの時の事務所のストックとして購入した。

さて、これだけ手に入りづらくなると使い捨てとはいえ1回使っただけで捨てるのはもったいない。もしも在庫が尽きて購入できなくなった時にはどうしよう?という不安もある。そもそも日常の仕事環境ではマスクは必要ないし、マスクをする場面と言えば、移動する公共交通機関に乗る時だけだ。そこで、使い捨てマスクを使い捨てしない方法を考えてみた。

今、マスクに求められているのは飛沫を飛ばさないこと。第三者からすれば汚れていようがなんだろうが飛沫が飛ばなければ文句は無い。それなら、2重構造にして内側を取り替えながら使えれば、1枚のマスクを長く使えるのではないか?という結論に達した。

不織布製なんだから、不織布を重ねれば良い

使い捨てマスクは基本的に不織布でできている。通気性のある不織布を内側にもう一枚重ねたらどうだろう?そこで取り出したのが、セブンイレブンのウェットおしぼり。PCの画面やキーボードの掃除用にいつも何枚か持っているが、いつの間にか乾いてしまう。これが使えそうだ。

Dsc_1271sDsc_1273s

 

 

 

 

Dsc_1274sDsc_1277s

 

 

 

 

以前より少し小さくなったおしぼりは真ん中で切ると、ちょうどマスクに納まる良い感じの大きさ。
マスクからはみ出しそうなその4隅をちょっとだけカットしてマスクの内側に重ねてできあがり!

Dsc_1278s  
実際に装着してみても、息苦しさはないのでこれで良し。ただ、ウェットタオルはもともと手を拭くための物だから、染みこませていた液体に化学物質かなにかが含まれているかもしれない。むしろ同じ不織布でできたキッチンペーパーやリードクッキングタオルなんかでも良さそうだ。昔に立ち返れば、こんな面倒くさいコトせず、不織布じゃなくてもガーゼを何枚か重ねても良いんだろうけど。ガーゼなら何度でも洗って使えるし。

さて、これで内側の不織布やガーゼを交換すれば何度でも(といってもねえ、自分次第)使うことができるか。
飛沫を防ぐ効果は変わらない(外側のマスクは同じなのだから)か、2枚重ねの分だけもっと効果アップするかも?

※これはあくまでも個人的な考察とチェレンジですので、医学的・科学的なエビデンスはありません。悪しからず。

追記

キッチンペーパーは結構目が詰まっていて息苦しかったので、短時間でなければオススメできません(T^T)
(セブンイレブンに限らず)ウェットタオルを乾かして利用するのが良さそうです。

| | コメント (0)

2020.02.23

令和最初の天皇誕生日、坂本八幡宮へ行ってきた

母が坂本八幡宮(新元号令和は「万葉集」に収められた「梅花の歌三十二首 序文」から取られ、その歌が詠まれた宴の場所がこのあたり) に行ってみたいという。お友達が行ってきたという話を聞かされる度に、一度行きたいと思っていたらしい。クルマなら空いていれば15分~20分で行ける距離だ。

僕は、東京にいればつるや釣具店のハンドクラフト展に出かけたかったけれど、今年はそれは叶わない。解禁前で行くところもないし、令和最初の天皇誕生日と言うこともあり、買い物ついでに出かけることにした。

20200223-141405s

昼食後に流星号を出して坂本八幡宮へ。天気も良いのに、道路を走るクルマは少ない。コロナウイルスが心配で、みんな観光地やイベントへ行くのを避けているのだろうか?

 20200223-142132s20200223-142002s坂本八幡宮までは渋滞もなく、20分ほどで到着。令和になって最初の天皇誕生日だし、皇居での一般参賀も中止されたので参拝者が多いかと思って覚悟をしていたが、拍子抜けするほど少なかった。
今年の「梅花の宴」は今日予定されていたけれど、コロナウイルスの関係で中止されていた。

参道脇には「令和」の額が記念撮影用に置かれ、皆代わる代わる額を持って写真に納まっていた。母も冥土の土産に令和の額を持って記念写真(*゚∀゚*)

帰りにホームセンターに寄り、母の楽しみの庭いじりのために、肥料と土、それに自宅前の道路に撒くバラス(砂利)を購入。こういう重い物はクルマが無いと運べないから、釣りに行けない週末の流星号はもっぱら荷物運びの軽トラ代わりだ。

帰宅後は土を移し、バラスを道路に撒いて平して……

今日の修行はこれで一段落。
あとは珈琲と釣りチャンネルの渓流解禁の録画を見ながら、解禁のイメージトレーニングだ。

※今年のハンドクラフト展の様子をYoutubeで見つけたので貼り付けておきます。

 

| | コメント (0)

2020.02.22

解禁に向けて流星号のメンテナンスその2ーワイパーブレードを交換

ワイパーがビビるようになったので、ワイパーブレードのゴムを交換することにした。ディーラーで交換すると高いし、ブレードごと交換するのもそこそこかかる。国産車だったらホームセンターででも簡単に適合するワイパーゴムが買えるが、輸入車に合う物はなかなか置いていない。こういう時にはamazonで調達するに限る。BOSCH(ボッシュ) ワイパー替えゴム、1本900円。2本で1800円。

20200222-145348s
注文して直ぐ届いたのは良いが、RODでも入っているのかというような長い箱。箱の長さは108cm。中もスカスカのamazonあるある。

20200222-153338s20200222-153414sDsc_1270s

まずはワイパーブレードを取り外し、フロントガラスに傷が付かないようにタオルで養生して持ち帰り作業開始。

ブレードのカバーを外すのに多少苦労したものの無事にゴムの交換終了。
手が真っ黒になったが、フロントウィンドウのワイパーのビビリは解消されてスッキリ。

次はドアロックの修理だ。

 

| | コメント (0)

2020.02.19

ANA新シートの777、シートモニター付きで快適だったけど、テーブルが狭くなっていた

例年、利用期限の3月末が近づくと、ポイントでのプレミアムクラスへのアップグレードは難しくなる。これまでにも期限内に使い切れず、ポイントを無駄にした年が2回ほどあった。ところが今日はすんなりアップグレードできた。

20200219-102617s羽田空港は心なしかいつもよりも閑散としている。やはり新型コロナウイルスの影響で、出かけることを控えているのか。ただ、ANAのラウンジはそれほど空いてるわけでもなかったので、飛行機で移動することが日常のビジネスマンは変わらず利用していて、旅行やプライベートな利用者が減っているのだろう。

ボーディングブリッジを渡り機内に入ると景色が違っていた。プレミアムクラスのエリアが広い。座席が昨年から導入された新シートの機材だ。

座席に着くと、目の前には国際線の様な大きなシートモニター。ビデオプログラムも豊富だ。行き着く先は、機内誌もシートモニターのビデオプログラムと機内Wifiでの提供になるのだろう。シートは革張りから布張りになり、温かい感じになっている。

見回すとプレミアムクラスにも空席がある。やはりいつもよりも搭乗率は落ちている様子。

20200219-112752s20200219-113518sシートにはPC用に電源もあり、スマホの充電用にUSBのジャックもある。

ANA、777国内線新仕様機公開 モニター・電源付き新シート

この記事によると、普通席にもシートモニター、電源、USB端子があるというから、プレミアムクラスでなくても十分快適に過ごせそうだ。
新しい機材の詳細については上記Aviation Wire の記事を読んでいただくとして、 今回の変更では僕にとって一つだけ残念なことがあった。

それはテーブルの広さだ。
20200219-125719s

これまでのプレミアムクラスのテーブルは、左右2つ折りで広げるとかなりのスペースがあった。しかし、新しいテーブルは折りたたむ手間も無く軽くて出し入れも簡単になったが、そのぶん狭くなっていた。食事などの機内サービスのトレーを置くと一杯になる。
前のテーブルなら、トレーの横にkindle fire を置いて、食事や飲み物を楽しみながら映画も見られたが、そのスペースが無い。基本は前のシートモニターでエンタテインメントを楽しんでね!ということなのだろうが、ダウンロードした映画を楽しもうと思っていたらちょっと裏切られた。仕方なく食事中は映画も一旦中断。

CAさんは手袋なしでサービス

前回新型コロナウイルス対応で、ANAのCAさんはマスクと手袋でサービスに! を書いた今月初めのフライトでは、飲み物サービスの時にCAさんは手袋をしていて驚いたが、今回は手袋は無かった。プレミアムクラスだから手袋なしなのか、それとも不評でやめたのか?

そういえば、先週乗ったときには手袋してなかったような?気のせいかな? 昨日の晩ご飯に何食べたかも直ぐに思い出せなくなっているのに、1週間前の記憶なんか曖昧だ。

Photo_20200221141101 福岡に到着してそのまま福岡市美術館へ向かい、楽しみにしていた大浮世絵展を鑑賞。残念ながら上空からの富士山を拝むことができなかった(窓側の席の人が窓のブラインドを下ろしていた)からではないが、鑑賞後はカフェで気になっていた赤富士パフェを堪能。

赤富士パフェが食べられるのは、大浮世絵展の開催期間中のは3月22日まで。

 

 

| | コメント (0)

同調圧力なのか横並びで安心したいのか?東京の地下鉄ではマスク着用率9割以上!

20200219-222844s

新型コロナウイルスによる肺炎騒動が始まって早1カ月。さんざん危機を煽るような報道も続いたけれど、やっと正しい情報が少しずつ開示されてきた。マスクの騒動も、中国に端を発したパニック買い。

オイルショックのトイレットペーパー騒ぎを思い出す、マスク騒動

PRESIDENT onlineの記事によると、素人転売ヤーによるマスク高騰も、2月9日がピークで時期落ち着きを取り戻しそうだ。

マスク1箱を4万円で売る「悪質転売屋」が後を絶たない理由-PRESIDENT online

福岡の実家には、父の面会時にマスクが必要なので前から買い置きしてあり、50枚で398円だった。

みんながマスクで外出すると、景気も落ち込む?

マスクは自分をコロナウイルスから守るツールとしてはほとんど効果が無いことは、そろそろほとんどの人はわかっているはず。それでも、今朝の東京の地下鉄では9割以上の人がマスクをしていた。エチケットと言えば素晴らしいが、誰もしゃべらないし咳一つしない静かな車内。今年は感染症に敏感になって、インフルエンザも風邪も流行っていないらしい。他人に迷惑をかけないようにという心遣いでマスクをするのは、感染者や風邪を引いている人だけで良い。

そもそも、本来使い捨てのマスクを使い回しているなら、よっぽど危険とも言える。なんともない人までマスクをして外出するようになると、誰もが感染者のようでかえって疑心暗鬼になってしまう。足りないマスクを無駄に消費するだけだ。

外に出ればマスクの人ばかりだと誰もが感染者に思え、怖くて外出を控えることになり、消費も落ち込み景気も悪くなるというものだ。
欧米ではマスクをするのは医療関係者と病気の人くらいなので、マスクの人には近寄らない。日本はマスクの人で溢れているとなったら、来てくれと言っても来てくれない。アジア圏からだけでなく、欧米からの観光客も来なくなってしまう。オリンピックの時にみんなマスクしてたら本当に誰も来なくなるんじゃないだろうか?

なんともないのにマスクをするのは、

周りがマスクをしているから自分もしなければ不安?

なんともなくてもマスクをしろという同調圧力?

具合が多少悪くても頑張って出社しましたアピール?

そんな事はどうでもいい。感染拡大を防ぐためには、今感染していない人が基礎体力と免疫力をあげて、手洗いをしっかりする方がマスクよりもよほど大事なんだと思うよ。

 

2月26日追記

感染が拡大してきて、誰が感染していても不思議では無い状況になってきたので、こちらをアップしました。

使い捨てマスクの再利用(何度も使う)方法を考えてみた

 


 

| | コメント (0)

2020.02.18

安部首相、今時手書きで宛名が空欄の領収書を出すホテルがあったら、犯罪者やマルサの狙い撃ちですよ

国会での安倍首相の答弁の報道を見ながら、色々と思い出していた。

昭和の宴会は色々大変だった…

戦後間もなくから平成の中頃まで、親族が温泉旅館を経営していた。

昭和40年頃だったかには、暴力団の手打ち式がそこで行われ大騒ぎになった事がある。もちろん、予約を受けた時にはそんな団体の宴会とは知らず(電話で名前と人数、予算だけだもん)、当日宴会に集まったお客さん(そりゃ、見ればわかる!)に驚いたという。
翌日テレビや新聞で大騒ぎになったが、それは「手打ち式」自体のこと。今なら反社会的組織に会場を貸したというだけで大問題だ。

昭和の最後の頃だっただろうか、親戚が集まりお酒を飲んでいるときの雑談で、「お役所の宴会予約には参るよ」という。反社ではなくお役人?どういうこと?
聞くと、「明細のない手書きの領収書を出してくれ。出せないなら他の所にする」と言われるという。場合によっては「金額欄を空欄に」という要求もあるというから驚いた。きっと参加人数や単価を改ざんして精算し、差額をプールしたり着服したりしていたのだろう。まだ、官官接待も黙認されていた時代だ。

その後、公務員のこのような行為が日本全国の役所で行われていることが明らかとなり、官官接待とともに宴会や会食に厳しい目が向けられるようになった。

IT無しでは立ち行かない

今時の大型ホテルでは、間違いなくホテルシステムを導入して、宿泊、宴会、レストラン、駐車場などなど、予約から売り上げ、仕入れ、入出金の状況まで、あらゆるものがデータ入力され一元管理されている。宿泊や宴会、レストランのメニュー毎の売上・原価・粗利なども細かにデータ化され経営の指標とされる。

宴会では、主催者(幹事)が一人あたりの料理・飲み物の予算と人数を事前にオーダーし、まとめて精算する。特に立食の場合は料理・飲み物の出方、更には出席者の歩留まりはホテルでは予想もつかないので、出席者から個別に会費を集めて精算するようなことはありえない。出席者から会費を直接集めるのは、ホテルが主催する場合だけだ。従って、宴会出席者一人一人に領収書を出すのは、会の主催者。そうでなければ、高い会費を取り、少ない料理で大人数を集める政治資金パーティはやる意味も無い。

20180329-124707s

「桜を見る会」前夜祭ホテル、宛名ない領収書「発行せず」

桜を見る会(↑写真はイメージです)の前夜祭の支払いについて、↑日経新聞の記事では

首相は3日の衆院予算委での辻元氏との質疑で「領収書はホテルの担当者が金額などを手書きし、宛名は空欄だった」と答弁していた。

とある。それに対してANAコンチネンタルホテルの文書での回答は

(1)見積書や明細書を主催者に発行しなかったことはない(2)宛名が空欄の領収書を発行したことはない(3)代金はすべて主催者にまとめて払ってもらう(4)主催が政治家や政治関連団体の場合でも例外としたことはない

もしも都心に安部首相が答弁したような対応をするホテルがあれば、あっという間に「あのホテルなら宛名無しの領収書を出す」と噂になる。そうすれば反社や脱税や良からぬ事を考える犯罪者、さらにはホテル自体もマルサの良い標的になるだけだ。

領収書を渡さなくても、少なくとも開催された会の請求明細はホテルシステムにデータとして残っている。もしもこれを削除しようものなら、今度は売り上げとして入金された現金が宙に浮いてしまう。

主催者が請求すれば、領収書の再発行は可能な場合もあるのだが…

国民は誰が正しいことを言っているか、誰が嘘をついているかはわかっている。あんな答弁をするようでは、首相の頭の中は昭和で止まったままとしか思えない。いい加減に観念し、桜の会の議論にケリを付けてもっと重要な議論をしてくださいよ。

 

 

2020/02/post-ff7eed.html

| | コメント (0)

2020.02.15

朝霞ガーデン、ドライフライで45cmのニジマス

3月1日の解禁日には釣りに行けないことが確定。僕の解禁は3月第2週目以降となる。古湯は2月28日に放流だと言うが、1週間もすればまたヤマメがいなくなってしまうのだろうか?家人も全員出かけて一人の土曜、そんなことを考えていた。

2月だというのに風も無く温かい。これは「行かないという選択肢はないやろ」と朝霞ガーデンへとクルマを走らせた。

Dsc_1253s

こんな絶好の天候、きっと釣り人も多いだろうと思っていたら拍子抜け。駐車場は半分ほどしか埋まっていない。
フライ専用ポンドでは、ニジマスが盛んにライズしている。目に見えるほどの虫は飛んでいないので、そうとう小さな虫を食べているのだろう。水辺に飛んでいる極小の虫は、フックサイズで言えば#30ほどもなさそう。

解禁に向けてのウォーミングアップも兼ねて使用するフライはドライのみとし、ティペットは8xを結ぶ。ちょっと大型のニジマスに走られると7xでも不安(実際に何度も切られている)だが、小さなフライを結ばざるを得ない状況ではこれが限界か。

なぜだか尺上ばかり

Dsc_1250s インレットからの緩い流れにフライを流すと、直ぐにニジマスが喰ってきた。ネットに納まったのはいきなりの尺上。その後も反応が無くなればフライを変えを繰り返し、良い感じでニジマスが喰ってくる。しかも、どういうわけか全て尺上。いつもなら8寸~9寸、時には7寸くらいのものも混じるくらいなのに、今日フライをくわえるのはみんな尺を越える良い個体ばかり。

身体が大きくなればそれだけたくさん食べなければならないからリスクを覚悟でフライに反応するのだろうか?いずれにしても、管釣りでは大きなニジマスが走り回っても渓流の釣りのように走る魚に自分がついて行くわけにはいかない。自分のポジションでなんとかしなければならない。ティペットは8xなので慎重にやりとりをするしかない。1度だけ合わせ切れをしたけれど、その後はティペットを切ること無く解禁に向けての超短期キャンプは順調に進んだ。

Dsc_1254s 2時間半を越えまあまあの釣果をあげたので、そろそろ納竿しようかなと考えていると水面近くの大きな魚影がフライをくわえた!ジャンプはしないが力強く泳ぎ回ってなかなか水面に浮いてこない。40cmは越えていそうだがティペットは8xなので無理もできない。とにかく水中を力強く泳ぎ回るそのパワーをなんとかいなしながら、根比べの末やっとネットに納めることができたのは45cmほど(手尺での計測)のレッドバンドも鮮やかなオスのニジマス。ティペット8xで釣り上げた最大の記録となった。

コカコーラの自販機が無くなっていた!

20191005-124017s_20200216224601 良い釣りができた一方で、ショックなことが!
夏場の暑い時期には、納竿して帰り支度を整えての楽しみだったコカコーラのガラスボトルの自販機が無くなっていた。最近ではガラスボトルの自販機にはなかなかお目にかかれない。僕の日常でガラスボトルでコカコーラを飲む事は難しくなった。

さて、今年どんなシーズンになるのでしょうか?
楽しみです。


 

| | コメント (0)

2020.02.14

ANAから「持ち込み手荷物ルールのご案内」のメールが届いて疑問に思ったこと

ANAから「【福岡空港をご利用予定のみなさまへ】持ち込み手荷物ルールのご案内◆お預かりキャンペーン実施中」というメールが届いた。

20200213-092958_20200214084101 冬場は手荷物に加えてコートも上の手荷物入れに入れるので、収納スペースが足りなくなる。だからこんなメールを送ってプレゼントまで付けて、機内持ち込み手荷物を減らしたいというのだろうか。あるいは、わざわざこんなメールを送ってくると言うことは、いままでいい加減だった持ち込み手荷物のサイズと個数制限を厳しく適用するということなのだろうか?

僕は、傍若無人なキャリーバッグが大嫌い(持ち主はそうは思っていなくてもほとんど迷惑)なので、他人に迷惑は掛けたくないと国内の移動では基本的にショルダーバッグしか持ち歩かない(それでも、時に迷惑をかけてると思う)。特に、飛行機に搭乗して機内の通路でまでキャリーバッグを引きずる若い乗客の神経が信じられない。シートや既に座っている人の足などにガンガンぶつけながら進んでいく。狭い通路では手で前に持って移動できないものか、といつも思っている。

加えて、最近はハンドルを通してキャリーバッグの上に2段重ねにできるカバンもある。多くの「俺は仕事できるんだぞ!」自己満足オーラをまき散らす意識高い系ビジネスマンが、都合2個のカバンを持ち込んでいる。

そういうルール無視・傍若無人な行為を厳しく扱うのなら大歓迎だ。

手荷物は一つと言いながら

20200213-092918 ANAのサイトでは、機内に持ち込めるのは空港で購入したお土産物も含めて1個とある(メールにも)。今日も羽田空港に到着し、飛行機を降りる人を見ると2段重ねのキャリーバッグや、キャリーバッグ+肩掛けのトートバッグなど、どう見ても「手荷物1個じゃないだろう!」っていう乗客が半分くらいはいたか。手提げバッグと大きな土産袋を両手に抱えている女性もいた。手荷物検査場では、見て見ぬ振りか?

パリのシャルルドゴール空港だったかでは、搭乗口を過ぎボーディングブリッジの飛行機に乗る直前でも、抜き打ちで手荷物の大きさを検査していた。日本の国内線でも、LCCの手荷物のチェックは厳しい。

結局は運行遅延に繋がるような搭乗前のトラブルを避け、手荷物のルール違反は見逃しても定時運行を取ると言うことなのだろうか。手荷物検査でジャケットを脱がせるくらいなら、手荷物の個数・大きさ制限にも厳しく対応してほしいものだ。

機内持ち込みサイズのキャリーバッグを持っていないわけではない。ポリカーボネート製のRimowaの黒いキャリーバッグを、20年くらい前に購入して持っているが使うのは海外に行く時くらい。キャリーバッグを引っ張り、車輪を通して伝わってくるあのゴロゴロという感触も好きではない。だから、屋外移動時にはほとんど引っ張ることもない。アスファルトだろうが石畳だろうが、そう重くもないキャリーバッグをゴロゴロ音を立てながら引く姿は、決してオシャレとも言えないと思うのだが。

 

| | コメント (0)

2020.02.13

崎陽軒のシウマイ弁当4000個も無駄にするなんて(T^T) 責任者出てこい!(人生 幸朗・生恵 幸子風)

なんと悲しい知らせ。

崎陽軒クルーズ船に寄付のシウマイ弁当乗客に届かず

Photo_20200213194101

記事によると、崎陽軒さんの「不自由な状況の乗客、頑張っているスタッフを励ましたい。協力したい」という思いから寄付された、4000個のシウマイ弁当が配られていないという。しかも、12日に寄付されたシウマイ弁当の消費期限は同日午後4時だったため、消費期限を過ぎての提供は困難だと。事前の調整をしたうえでの納入だったのに。
ということは、そのまま廃棄処分!?

東京駅ではシウマイ弁当をわざわざ探して買う人も多いというのに。僕は東京駅で探し回ったこともある。

東京駅で新幹線に乗るときに、崎陽軒のシウマイ弁当を買うなら…

ハマッコの崎陽軒さんの心意気も無駄にするなんて。
食べたかった人も多かっただろうに。
船内の外国の旅客や乗組員にも食べて欲しかったな。

せめて外にいた自衛隊員には届いて、食べていて欲しいな。

誰の指示で放置したんだ?
どうして配られなかったんだ?

こんなに悲しい食品ロスがあって良いものか?
はっきりさせて欲しい。


| | コメント (0)

2020.02.11

休日の修行は、玄関の柱の修理と流星号のホイール掃除

休日に家にいると、母親からあれやこれやと作業を言い渡される。

20200211-1437151s 今日の作業は玄関のひさしの支柱補修。支柱の一番下部、接地部分の鉄のカバーがすっかり錆びてボロボロになっていた。それを外すと宙に浮いたような角材の柱、その中心部にさらに鉄の支柱があり、ぱっと見た目は柱が宙に浮いてような状態。中心の支柱も鉄なので、いずれは錆びてその鉄の支柱も朽ちて庇の重みに絶えられずに落ちる可能性もある。鉄の支柱の周りの角材の柱はしっかりしている(さらにその周りを化粧材としての木の板が囲んでいる)ので、最悪の場合はその木の柱を支えれば庇が落ちてくることはない。

そこで、木の柱が宙に浮かないよう、くさびを入れておくことにした。

ホームセンターで隙間より少し細い角材と、それに隙間を調整しくさびとしても打ち込む薄い板材も購入。薄板は鉋やヤスリで隙間にあわせてその場で調整しないとならないので、手間と時間がかかる。堅い角材を切る時間を節約するためにお店で切断してもらう。切断1回30円なので左右2本分で加工賃は60円(+税)。

20200211-143720s 柱と基礎の三和土のタイルとの間は必ずしも平行ではないことと、左右で同じ隙間ではないため、薄板で微調整の必要がある。まず角材を入れ、薄板を入れながら調整していく。左は1枚でぴったりだったが、右は1枚+斜めに削ってくさび状にした板を打ち込んで調整。これを左右交互に木槌で叩きながら奥に打ち込んで終了。少なくともこれで自重で庇がいきなり落ちることは無いだろう。

20200211-162517s 時々状態を確認するためにもここを再び囲うことはせず、ただ見た目は良くないので、前に花の咲いた大きな植木鉢を置いて玄関の補修作業は終了。

温かいので、ついでに流星号のホイールのクリーニングもすることに。ブレーキダストで茶色くなってしまっていたホイールが、久しぶりに銀色を取り戻してスッキリ。これで足下もスッキリした流星号で解禁が迎えられる。

ああ、解禁が待ち遠惜しい。


 

| | コメント (0)

2020.02.07

オイルショックのトイレットペーパー騒ぎを思い出す、マスク騒動

中国から始まった新型コロナウイルスによる騒動。中国の武漢などではマスクをしていないとバスにも乗れなければスーパーにも入れないということで、マスク不足・マスクの争奪戦となっている様子。

春節でコロナウイルス騒動前に入国していた中国人が、日本でマスクを爆買いして中国へ持ち帰ろうとしたことでドラッグストアからマスクが消えた。それをテレビなどで伝えたことで、本来買う必要の無い日本人まで慌ててマスクを買い出したから、今は日本全国マスク不足となってしまっている。今だとばかりにネットで高額転売しようという輩も出てきて、ますます品物不足になるという悪循環陥に陥っている。

20200206-123548s

新型コロナウィルスやインフルエンザウイルスは空気感染しない(らしい)。飛沫感染・接触感染なので、マスクでは自分の手に付いたウイルスを不用意に口に持って行って感染するのを防ぐ程度。マスクの役目は、他人にウイルス(飛沫)を飛ばさないようにするもので、エチケット的なものだ。中国でマスク着用にこだわるのは、誰が感染しているかわからないから全員マスクをして飛沫を飛ばすな!っていうことのはずだ。

で、この買い占め騒動、最近では東日本大震災直後のパンやカップ麺などの保存食がスーパーの棚から無くなったり、福島第一原発事故後の「ミネラルウォーター」買い占め騒動を思い出すが、僕たちの世代ではなんと言ってもオイルショックの時のトイレットペーパー騒ぎを思い出す。

パニック買いは価格を上げるだけ

オイルショックのトイレットペーパー騒動は、たまたまスーパーでトイレットペーパーの特売があり、そこに大勢の人が群がっていたのを見て「トイレットペーパーが無くなるからみんな殺到しているのか!?」と勘違いした人がまたそれに加わり、他の店でもトイレットペーパーを買いに走る人が現れ……という連鎖で起きてしまった、オイルショックとは何の関係も無いパニック買いだった。

今回のマスク騒動も、普通の家庭の日常でそんなにマスクが必要なはずはなく、本来必要な人にマスクが行き渡らないという事にもなりかねない。マスクが足りないのは必要の無い人までが報道に釣られて買っているから。

日常の自身の感染予防は、手洗いとうがいの方が重要なんだということを、もっとテレビや報道では伝えて欲しいものだ。

きっとウイルス騒ぎが落ち着いた頃には、多くの家庭に使い道の無くなった箱買いしたマスクが残ったままとなり、暑い夏を迎えることだろう。

2月26日追記

その後も感染が拡大し、誰が感染していても不思議ではない状況となりますますマスクの需要が増してきたので、こちらをアップしました。

使い捨てマスクの再利用(何度も使う)方法を考えてみた

 

 

| | コメント (0)

2020.02.06

新型コロナウイルス対応で、ANAのCAさんはマスクと手袋でサービスに!

大腸ポリープ切除も無事に終わり、その後の経過も順調。これを口実に直ぐにでも祝杯をあげたいところだけど、一応1週間はお酒を控えるようにとのことだったので、おとなしく福岡へ帰ることにして羽田空港へと向かった。

20200205-132253

こころなしかいつもよりも人気が少ない感じの羽田空港。日本人が多いせいか、マスクをしている人はそれほど多くはない。しかし空港カウンターのスタッフはほとんどみなさんマスク。まあ、特に空港は様々な人と対応するのでマスク着用が求められるからだろう。

福岡行きの飛行機に乗り込む乗客もビジネスマンでマスクは余り見ないが、子どもやそのお母さんはみなマスク着用している様子。

そして、機内に乗り込もうとすると扉のところで乗客を迎えるCAさんがマスク姿!これには少々驚いた。見るとCAさんは全員マスク。
さらに、飲み物サービスでは手袋着用!セルフサービスの社員食堂や給食、配給のシーンなんかで見るような感じ。

ANAのサイトを見ると「新型コロナウイルスによる肺炎に伴う対応について」として



客室乗務員のマスク・手袋の着用

お客様に安心してサービスをご利用いただくため、国内線・国際線において、客室乗務員はマスクを着用させて頂きます。
加えて、お食事・お飲物のサービス時等に手袋を着用させて頂きます。

とあった。

これ、プレミアムクラスでも同様に手袋でのサービスなんだろうか?だとすると、ちょっと興ざめだなあ。

追記

2月19日にアップグレードできてプレミアムクラスに乗ったら、手袋してませんでした。

ANA新シートのB777、シートモニター付きで快適だったけど、テーブルが狭くなっていた

 

| | コメント (0)

2020.02.05

「席譲りますマーク」を購入、カバンに付けた

1月のある日、テレビで紹介されていて知った「席譲りますマーク」。恥ずかしながら、テレビで見るまで知らなかったので、早速ググってみたら、テレビの影響か既に売り切れで入荷次第順次発送となっていた。

Dsc_1239

製造実費のみで販売、1個380円。妻の分と2つ注文していた。

注文していたことも忘れていた昨日、小さな手紙と共に届いた。アクリルのマークには紐もストラップも付いていなかったので、たこ糸で輪っかを作り、早速カバンに付けてみた。別に、声を掛けられなくても妊婦さんや乳幼児連れのお母さん、お年寄りには席を譲っているが、こういう目に見える物があり他の人がそれを目にすることで、見た人の意識も変わるのではないかと期待して付けている。

残念ながら、ビジネスバッグだとどうしても横にきてしまうので、座っているときには目立たないが、自分が立っているときには逆に座っている人には見えやすい。これを見た人がそういう意識になって席を譲ってくれればと思う。

妊婦さんに席を譲りますのホームページ

 

| | コメント (0)

2020.02.04

週末、大腸ポリープを摘出して2泊3日入院してきた

1月半ば、大腿骨付け根あたりに違和感を覚えたので、かかりつけの医者に行った。レントゲンを撮るなど調べても異常は見つからず、「加齢」によるものではとの結論に。ところが診察はそこで終わりではなかった。

「ところで、前回大腸の内視鏡検査してから4年近く経つけど、その後は検査したの?」と。
小さなポリープが2つ見つかり、1年に1回くらいの頻度で経過観察するようにと言われていた。しかし、前日から下剤を飲んで準備して…というのが面倒くさくて、これまでスルーしていたのだ。そこを突っ込まれた。
「4年経ったらポリープも大きくなってる可能性があるから検査しなきゃ」と、先生と看護師さんが僕を挟んで強いプレッシャーをかけてくる。

どうせやるんだったら

この流れでは拒否することもできず観念することにした。
「それでは、面倒くさいので検査の時にポリープも切除してください」。
内視鏡検査と同時にポリープを切除するのなら簡単に終わるはず。それなら入院も必要ないだろうと思っていた。ところが、「切除は手術になるので、入院になります」と。しかも、「ポリープが大きくなっていたりガンに進行していたら開腹手術になる可能性もある」というではないか。そりゃそうだ。4年も経っていれば進行していてもおかしくない。「ポリープの切除だけでも2泊3日の入院になります」という。特に進行していなければ、土曜日に手術して月曜朝に退院できる。それなら仕事への影響はほとんどないだろう。そこで2月1日(土)手術で予約をした。

寝不足のまま病院へ

令和になって最初の1月最終日。月末のもろもろの仕事を片付け、タマゴがゆと冷や奴で夕食を済ませて下剤を飲む。それから翌日の検査・ポリープ切除に向けた苦しい準備の一夜、しかも夜中に地震はあるはで睡眠不足のままいざ病院へ。

受付を済ませて着替え、通された検査室で検査台の上に横向きになり、麻酔が入った点滴を受ける。視界が狭くなってきているのを感じるが、目を足下に向けるとそこにはモニター画面があり、不思議とその画面はしっかりと見えていた。処置が始まると自分の大腸内の様子が映し出された。本当なら麻酔が効いて眠っているはずだったんだろうが、3つのポリープを切除するのをずっとモニター画面で見届けた。時間は20分ほどだったか。

20200201-160208s 処置が終了すると「1,2,3」のかけ声と共にストレッチャーに載せ替えられ、病室へ。そこで再び「1,2,3」でベッドへ。朦朧としているものの眠ることもなくそのまま点滴を2回つけ替え、生まれて初めて終日点滴を付けたままの生活を経験。移動するのもトイレに入るのも、点滴のスタンドと一緒。お茶以外に何も口にすることなく夜を迎えた。もちろんTVもあるが土曜日は見たい番組もなく、ベッドではkindle fireでamazon primeの映画を見たり、読みかけの本を読んだりと退屈することは無かった。

再び眠れない夜

しかし夜、消灯をして寝ようとしてからが大変だった。同室の患者さんは一晩中「いたい、いたい」「かんごふさんー」「さむいよー」と大声で叫び続けるし、大きなくしゃみを繰り返すしでほとんど眠ることができなかった。前日も睡眠不足だったのに2夜連続の睡眠不足。 

20200202-120849s  空腹と睡眠不足で2日目の朝を迎え顔を洗い歯を磨いてからも、ずっとベッドで安静に過ごすだけ。昼食に初めて出てきた食事は流動食。粒のない重湯、具の無い味噌汁、葡萄のジュース?と具の無いゼリー。とても食事をした気にはならない。午後に最後の点滴を終了。眠いのに回診やら体温、血圧などの検診でゆっくり寝ることもできず、終日ベッドで映画、読書、テレビ(日曜日はまだ見る番組がある)三昧。

お酒は退院後も1週間おあずけ

20200202-180359s夕食でやっと形のある食事が出てきてほっとするも、通常の食事とはほど遠い。まあ、明日退院すれば日常に戻れる。と思っていたら、看護師さんが「大腸ポリープ摘出術後の生活について」という紙を持ってやってきた。それによると、退院後1週間は

・刺激物(脂っこい物、辛いもの)は避ける
・アルコール類は避ける
・激しい運動は避ける

しかし、何故だかたばこは吸って良い(僕は喫煙者じゃないけど)と。

再び眠れない一夜を過ごし、午前10時に退院となった。

というわけで自宅に戻り、寝不足やらで少し頭がぼーっとするが日常に戻りつつある。お酒は今週いっぱいは我慢して、週末からは良いかな?

 


 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »