« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の記事

2019.12.23

セブンイレブンのおしぼりが、いつの間にか3/4のサイズになっていた!

以前、このブログでコンビニのお手拭きを比較した。

コンビニのお手ふき(ウェットタオル)を較べてみた

その時には、大きさ(面積)も手触りもセブンイレブンが一番だと評していた。
20191223-121955s

ところが、つい先日セブンイレブンでサンドイッチを購入した際にもらったお手拭きを広げてみると、なんだか違う。心なしか小さくなったような?
そこで、ブログを改めて開いて確かめるとほぼ正方形の物を八つ折りにしてあった。手許にあるおしぼりは、袋に入った状態では同じ大きさだけれど、開くと六つ折り。手許にあるおしぼり(ノートPCの汚れを拭くときなどで使うのに、余ったお手拭きをPCケースのポケットにストックしている)を見ると、まだ八つ折りのが残っていた。並べてみると、広げたサイズはちょうど3/4になっていた。

左の古いおしぼりの使用期限は今年の9月までの物。右の6つ折りの物は来年3月までの物。

20191223-122057120191223-1221151

この半年の間に仕様変更があったようだ。これで、面積ではローソンが一番になったのか?
コスト削減の厳しい目は、こんな小さなところも見逃さない。

厚みは若干増した?

どちらのお手拭きも完全に乾いて(上の写真で新しい方ははまだ湿っていた)から比べると、新しい方(右)が微妙に密度が濃く厚いようにも感じる。手触りで比較した個人の感想に過ぎないが、紙厚を計るマイクロメーターなんて持っていないから正確には比較のしようがない。面積が小さくなっても使用感を落とさないための配慮なのだろうか。

20191223-162006s

さて、これから各社どこまで小さくするか、その競争になるのかな?


| | コメント (0)

2019.12.22

ヤフオク! 1円スタートの商品は入札前に送料をチェック!

ヤフオク!でフライ用品を何気なく見ていたら、オススメの商品に現在価格1円の商品が表示された。終了までにはどうせそれなりの価格になるのだろうくらいに思って画面をスクロールし、商品詳細を見て驚いた。送料2万2700円!?

20191222-171229

なんだこの高額な送料は!

同じく、他の現在1円の商品でも

20191222-171204

どちらの商品も、新品の価格かそれよりも高いかもしれない送料。

1円だから「とりあえず入札して様子を見るか」と思って一度入札しようものなら、その後誰も入札しないと落札して購入せざるを得なくなってしまう。あるいは購入を辞退して「非常に悪い」という評価を受け入れるか。

出品者は送料を明記していたんだからと、悪い評価を付けることに後ろめたさなんでない。むしろ、「悪い評価を付けて欲しくなければ落札した以上は、ちゃんと買ってよね」という無言のプレッシャー。気の弱い人や評価を気にする人だと、「普通に購入してもこの位の価格だからしかたないか」と自分に無理矢理納得させながら支払ってしまいそうだ。

1円スタートの商品に入札するときには、詳細を最後まで目を通してからにしないと、たとえ1円で落札できても高い買い物になる可能性があるので、要注意!


| | コメント (0)

2019.12.08

日常、冷酒を飲むときに愛用しているANAのガラスのお猪口

20191208-1234501s
amazonのCyber Mondayセール開催中。といっても、最近は物欲もなくなり必要な物か消耗品以外では買い物自体ほとんどしなくなった。むしろ最近は物を処分したい衝動の方が強くなっているくらいだ。

先日のBlack Fridayセールでも欲しいものが特になく、半額になっていたイタリアの辛口スパークリングワインセットを購入しただけ。今回のセールでも同じセットが再び半額で出ている。因みに、amazonにはワイナリーから自社で直接仕入れて販売しているワインがある。amazon限定で「winery direct」と表示され、直接仕入れなので、コストパフォーマンスが高いものばかり。amazonとしても力を入れている。上記のスパークリングワインセットも「winery direct」。今回のCyber Mondayセールでも同じセットの購入も考えたが、「お好きなワインどれでも4800円」セールで「winery direct」から赤と白6本選んで購入(このセールは12月31日まで)した。

そしてふと思った。

ワインを気軽に飲めるグラスが欲しい!

と。

もちろん、リーデルはじめ購入した物からいただき物まで複数のグラスを持っているけれど、ワイングラスだからいずれもステム(細い足)がついている。このステムがあるワイングラスは妻にすこぶる評判が悪い。洗うときに気を遣うからイヤだと。結果、細くて長いステムのリーデルのグラスを出すことは俄然少なくなった。使った時にはもちろん、率先して自分で洗っている。

そこで、もう少し気軽に扱えて美味しく飲めるグラスはないか。ANAのビジネスクラスやプレミアムクラスでもステムのないグラスを使っている。あんなのが良い。しかし、縁が厚いのはいやだし。で、Cyber Mondayセールを探すとあった!前から欲しいと思っていたリーデルのオー シリーズが、特選タイムセールで40%OFFに。

ANAのグラスといえば

リーデルのオーを注文しながらふと思い出した。今、冷酒を飲むときに日常使いしているのは、ANAのロゴが入ったガラスのお猪口。この猪口がどういう経緯で我が家にやってきたのか、今となっては記憶の彼方だが、気がつくとずっと使っていた。もともと2つあったものを、1つは割ってしまったと母が言っていた。

かつてはエコノミークラスでも機内サービスに金属のカトラリー、ガラスの器も使っていたが、その頃に機内で使用されていた猪口の様な気もする。いずれにしても今となっては貴重な物なのかもしれない。普段使いだけど大事に使うことにしよう。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »