« 断水した羽田空港第2ターミナルビル。ANAのラウンジはこんなだった | トップページ | どんな時もWifiを海外(ヨーロッパ)に持って行き使ってみた »

2019.11.12

Inter City(IC)に日本語でネット予約して乗る方法(ベルギーにて)

アムステルダムへの列車の旅では、車掌が頻繁に検札にやってきた。ベルギーの駅には改札がないので、検札で不正乗車を防いでいるのだろう。切符無しで乗っているのが見つかると、数百€の罰金だと言っていた。

その検札では、僕たちは紙のチケットを持っていたのでそれを見せていたが、スマホの画面をかざす乗客も多くいた。どうやら、ネットで購入するとスマホに券面とQRコードが表示されてチケット代わりになるらしい。最近の飛行機の搭乗券と同じだ。

ヘントに出かけるのに再びICのチケットを購入しなければならないので、試しにネットで購入してみた。

Googleで「ブリュッセル ヘント 列車」で検索すると色々と出てくるが、まず出てくるRAILEUROPEは日本でチケット予約をして、日本で発券するサイトなのでパス。残るは必然的にvirailということになる。

日本語で検索しているので、開くといきなり日本語のページで拍子抜けするが、これなら間違いも無いし簡単だ。チケット購入を順に追っていくと
20191112-154601 
Google検索からvirail を選んで開くと、乗車駅と下車駅が記入された状態でサイトが開くので、乗車日を入れて検索ボタンを押す。

20191112-154906
次に開いたページの左に、条件を絞り込むスライドバーが何種類もある。乗車時間帯、到着時間帯、乗り換え回数、駅(一つの都市に複数の駅が存在する場合)などを絞り込むと、条件にあった列車が右に表示される(間にtrivagoやexpediaなどの広告が紛れ込むけど無視)ので、そのなかから最適な物を選択してクリック。

20191112-154931
すると、ポップアップで該当する列車の詳細が表示され、問題なければ「選択する」をクリック。

20191112-154941
virailのチケット風の画面になり、数秒後にsaveatrainにリダイレクト。

20191112-154956
表示されるチケットの中から選んで「選択する」をクリック。
もちろんsaveatrain をいきなり開いてここからスタートでも大丈夫。むしろその方が早い。
20191112-155021
再び確認画面。「議事録」は所要時間、「直接」は乗り換え無しということでしょう。
問題なければ「進む」をクリック。

20191112-155048
やっと決済画面。必要事項を入力し、このあとカード番号なども入力すると無事購入完了。

20191104-133027
「この注文は完了しました」と変な日本語で完了画面。
しかし、ここで安心してはいけない。注文時に登録したメールアドレスに確認メールかチケットのpdfが届くのかと思っていたら何も来なかった。この注文完了画面のスクリーンショットを撮っておくこと(手書きで書き留めるより確実)。

saveatrainのサイトのTOPに戻り、上の「予約を管理する」をクリックすると「予約を探す」ポップアップが立ち上がる。
上の完了画面に表示された「注文コード」を「注文番号」欄に、メールアドレスを記入して「見つける」ボタンを押すと予約したチケットが表示される。

スマホでサイトを開き、注文コードとメールアドレスを入力して表示しても良いが、その画面からpdfをダウンロードできるので、pdfをアクロバットリーダーで直ぐに表示できるようにするのがオススメ。

20191112-153150
チケットはこれだけれど、スマホで検札する際には右下のQRコードを拡大して読み込ませる。

20191112-153208
これがチケットの確認コードとなる。

saveatrain をブックマークしていれば直接開いて予約・購入すれば大丈夫。

以上、ベルギーでネット予約してチケットレスでICに乗車する方法でした。

 


|

« 断水した羽田空港第2ターミナルビル。ANAのラウンジはこんなだった | トップページ | どんな時もWifiを海外(ヨーロッパ)に持って行き使ってみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断水した羽田空港第2ターミナルビル。ANAのラウンジはこんなだった | トップページ | どんな時もWifiを海外(ヨーロッパ)に持って行き使ってみた »