« 飛行機が墜落か!?というくらいに驚いたオスプレーの爆音。そして釣りは撃沈 | トップページ | これからの飛行機は搭乗まで余裕を持ち、最悪別の手段も想定しておかなければならない-伊丹空港の混乱 »

2019.09.16

木札を失くし、良型を逃し、トンボが降りてきた

20190916-122926s
4週間ぶりの、一昨日の釣行はあえなく撃沈。今日は本来なら久しぶりに七山方面に行ってみようかと思っていたが、梅野川で良い釣りができずじまいで消化不良。西へ向かわず再び東へと流星号を走らせた。途中霧雨が降るなど中津江方面も曇りがち。午前6時半、駐在所前を通過するときにチェックする電光掲示板に表示された気温は25℃。2日前の朝は20℃だったので、今日は随分気温も高い。雲のせいで気温が下がらなかったのだろうか。いっそ、少し雨が降ってくれた方がヤマメの活性も上がるだろうから、と期待したが雨が降ることはなかった。

20190323-080035s 前回は下流部で惨敗したので、今回は堰堤上から入渓しようと流星号を駐車スペースに停め、木札を出そうとしたら、無い!前回、窓に木札を置いたままガラスを下ろして走り出したか!?過去にも一度やっている。そのときには落ちる瞬間が視覚に入って慌てて引き返し、回収したことがあったが、今回は2日前のこと。どこを探せば良いかもわからない。年券の本票はベストのポケットに入れているので問題は無いが、シーズン最後の最後になんとも無念。

出鼻をくじかれ、更に入渓では川に降りる際に足を滑らせ、軽く尻餅をついた。なんだか悪い流れだ。

20190916-090818s 川に入ると、ヤマメの反応はあるもののやはりチビ助ばかり。ここならという場所からもヤマメは出ない。河原には昨日・一昨日の釣り人の足跡が多く確認できる。ヤマメが居てもそりゃあ警戒しているだろう。必ず良いサイズのヤマメが付いていたこのプールでも、どんなに目をこらしてみても良型ヤマメの姿は見当たらず。もちろん、何を流してもヤマメの反応は無し。

一度だけ、瀬尻の岩陰から8寸を越えるヤマメがフライを追って出てきた。しかし、瀬尻の流れにティペットが引っ張られドラグが掛かり、ヤマメの口元からフライが逃げて、ヤマメもそこでUターン。痛恨のミス。これが本日目にした唯一の良型ヤマメとなり、結局手にした最大のヤマメは17cm止まり。

どこかで見たような好青年

ところで、堰堤上から釣り上がり、中間育成場前のプールにたどり着いたのがちょうどお昼過ぎ。そこにはリールもガイドもない竿を無心で振る一人の釣り人の姿。竿の振り方からするとテンカラのようだ。
こちらに気付いているのかいないのか?暫く横から見ていたが、そっと近づき声を掛けた。テンカラの釣り師なので相応の年齢の釣り人かと思ったら、なんと予想に反してずいぶんと若い。眼鏡に白地に青のボーダーシャツの好青年。彼は梅野橋手前の淵まで釣り上がって、再びこのプールに戻って竿を振っていたのだ。僕はそのままその上の脱渓ポイントでもある橋の先まで釣り上がり川から上がると、橋の横に停まった大分ナンバーのジムニーの横で、さっきの彼が珈琲を入れていた。

20190916-133948s 再び言葉を交わし、別れを告げてから僕は流星号が待つ駐車スペースに向けて坂を登った。途中、斜面の杉の木が伐木されている一角があり、道路から川面も中間育成施設も見渡せるようになっていた。来シーズンが始まる頃には、もっとスッキリしているのだろうか。これだけ見渡せるようになると、育成場前に止まっている車が上から確認できる。この写真でも拡大すると、黒い箱形の軽?が確認できる。

上から下を眺めるような景色を見つつ歩きながら、さっきの青年の事を思い出していた。どこかで見たような雰囲気だったけど、どこだったかが気になりもやもやしていた。もちろん初対面だし………

そして、ふっとある映像が降ってきた。
魔女の宅急便のトンボだ!

釣りはさっぱりだったけど、なんだかスッキリした気分で納竿できた。とうとう今シーズンの釣行機会は残り1日のみ。天候が悪ければ今日がシーズン最終日となるかもしれない。釣りの神様、もう一日、釣りができますようお願いします!
帰りにハトマメ屋に寄り、母に敬老の日のお祝いを購入して帰宅の途についた。

帰宅してググると、残念ながらトンボのボーダーシャツは赤だったけどね。

 


 

|

« 飛行機が墜落か!?というくらいに驚いたオスプレーの爆音。そして釣りは撃沈 | トップページ | これからの飛行機は搭乗まで余裕を持ち、最悪別の手段も想定しておかなければならない-伊丹空港の混乱 »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

梅野川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飛行機が墜落か!?というくらいに驚いたオスプレーの爆音。そして釣りは撃沈 | トップページ | これからの飛行機は搭乗まで余裕を持ち、最悪別の手段も想定しておかなければならない-伊丹空港の混乱 »