« OB会のような披露宴 | トップページ | 豆本作家 »

2009.02.03

クリュッグとパタポン

Dsc03359誕生日にいただいクリュッグ。あまりに高価なシャンパーニュなので、いただいたYさんと一緒にあけることにして、ラバーズへ持ち込んだ。
ラバーズは、フランスの食堂を標榜する。一つ一つ、料理の量が多い。品数を絞ってゆっくりとクリュッグを味わう。
Dsc03357Dsc03362素晴らしいシャンパーニュの後に飲む赤ワインは、なかなかに難しい。ワインリストを開いて眺めていると、おもしろい名前のボトルに目がとまった。
「パタポン」
これは書き間違いか?と思って尋ねたら、正しいという。
ボトルを見せてもらったら、これまた人を食ったようなエチケット。
話の種に飲んでみよう、と言うことになり飲んでみた。

エチケットからは想像できない味でした。是非みなさんも。

blog←読んだらクリック!

|

« OB会のような披露宴 | トップページ | 豆本作家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリュッグとパタポン:

« OB会のような披露宴 | トップページ | 豆本作家 »