2023.01.25

PCをwindows11にしたから?ANAラウンジのWifiが繋がるようになった

ANAのラウンジでは、昨年までメインで使っていたsurface laptop2ではWifiが使えなかった。広告ブロックを入れたブラウザでは「インターネットを利用する」ボタンが表示されないのだ。
ところが、今年PCを新しくlaptop4に換えてANAラウンジでブラウザを開くと、なんということでしょう。「インターネットを利用する」ボタンが表示されるではありませんか。

20230125-124439

前回の

PCを新しくしたら、うっかり広告をクリックして詐欺サイトに誘導された

でも書いたけれど、この後広告ブロックは正しく機能している。laptop2の時と何が違うかといえば、OSがwindows10から11に変わったことと、AdBlockのverが上がったこと。CPUの性能が影響するとは考えづらい。

いずれにしても、ANAのラウンジでWifiが使えるようになったというご報告でした。仕事で使うかどうかは自己判断で。

それにしても寒い!

| | | コメント (0)

2023.01.21

PCを新しくしたら、うっかり広告をクリックして詐欺サイトに誘導された

surface laptop2のバッテリーが膨らんでそろそろ替えないと、と夏頃から考えていた。最新のlaptop5と2を比べてみても、CPUに差がある程度でほかは大きく違わない。バッテリーの問題がなければこのまま使い続けてなんの不自由もなかった。しかし、使い続けるのも不安。バッテリー交換するくらいなら買い換えて、バックアップ機とすればいいか。ちょうど5の発売直後で、4が値下がりしたタイミングだった。メインメモリーを16GBにしても安く買えた。

PCの更新=Windows10→11

新しいlaptop4だが、OSがwindows11なので、windows10で使用しているアプリやデータがそのまま使えるかなど確認しながら移していく必要がある。データはDropBoxとOneDriveに置いているので移行は簡単なのだが、アプリやソフトはそうはいかない。ブラウザもまずアプリをインストールするところから始めなければならない。ATOKなど一部のものはIDやらシリアルナンバーやらを入力しなければならなかったが、比較的スムーズに進んだ。一部のアプリはwindows11に合わせてデザインや機能が少し変わっている物もあるが、まずは問題なし。

ブラウザもダウンロードしてログインすれば、ブックマークや様々なサイトのログイン情報も引き継がれてそれほど苦労はしなかった。しかし、ここに落とし穴があった。僕は、Firefox、Chlome、Edgeの3つのブラウザを使い分けている。メールなどに記載されているURLを開くのにはChlomeを既定のブラウザに設定して、広告ブロックのプラグインを入れている。

番組の詳細を見るつもりが詐欺サイトに

Chlomeをダウンロードしてログインすると、プラグインも引き継がれていた。広告ブロックのAdblockも引き継がれて、ブラウザの設定済み拡張機能の一覧にも表示されていた。
1月スタートのTBSドラマ『夕暮れに、手をつなぐ』を見始めると、色々と気になることばかり。番組冒頭は福岡から始まったけど、何処?空豆の方言は博多弁とも違うし、何処で育ったという設定?公式サイトで確認しようとChlomeで検索して開いた。
20230117-224734
開いたはいいが、ぱっと見で詳しい情報が見つからない。「ここをクリック」とあるので、ここから開くのかとクリックしてみたら……

変な警告音とともに、画面いっぱい青い背景のアラート表示。Windows Difender がトロイの木馬を検知したので全ての動作を止めている。直ちにマイクロソフトのサポート050-5806ー****に電話するようにと。いや、これは怪しい。

スマホで電話番号を検索すると、やっぱりサポート詐欺の番号のようだ。PCを強制的にシャットダウンし、再起動すると何事もなく普通の状態に戻っていた。改めて検索すると、こういう詳しいページもあったのご参考まで。

https://keepmealive.jp/called-warning-scam/

表示されないはずの広告が表示されていた

ところで、「ここをクリック」は何だったのか?再びTBSの公式サイトを開くと、やはり同じように表示されているが、よく見ると広告バナーだ!Adblockが効いていないのか?ほかのページを開いても、やはり広告が表示されている。しかし、Adblockのアイコンに広告ブロックした回数まで表示されている。おかしい。ひょっとして、Windows10での情報が引き継がれているので、11では機能しないのか?

verを確認すると、3.1。もう一つChlomeを立ち上げ、別なアカウントで改めてAdblockを入れると、ver5.3だった。こちらでは広告は表示されない。

verが古くて広告をブロックできていなかった!

ということで原因がわかったので、古いバージョンのAdblockを削除し、改めて新しいver5.3をダウンロード。これで広告は表示されなくなった。併せて、Adblockに少額ながら寄付をしておいた。

これでPCの移行で残る作業は、電子証明書の取得のみとなった。


| | | コメント (0)

2023.01.14

プレミアム付きデジタル商品券は使いづらいなあ。デジタル後進国日本の現状をこんなところでも露呈

20230114-173032

コロナ禍で売り上げが落ちた東京の飲食店を応援する、Go To EatキャンペーンTokyo。抽選に当たったので、デジタルチケットを2万円分(16000円)購入した。

20230114-173920
同じく、福岡市では市内の消費喚起や地域経済の活性化を目的として20%のプレミアム付き電子商品券のネクスペイを発行。こちらも抽選で当たったので1万2000円分(1万円)を2回購入した。
東京と福岡のプレミアム付き商品券を合計で4万4千円分(購入額は3万6千円)。全部使い切れば8千円お得。ところが、これがなかなかに使いづらくて参ったのだった。

1,使える店が限られている

東京でも福岡でも、どこででも使えるわけではなく、いざ使おうとすると使えないと言われる。福岡市のネクスペイは、コンビニならどこでも使えるかと思っていたら、近所のローソンでさえ使えなかった。スーパーも、イオンは使えるけどマルキョウは使えない。福岡市を一歩出れば当然使えない。さらに、身近な飲食店で使える店は本当に限られていた。
Go To Eat はそもそも飲食店が対象のうえ、さらに使える店も限られている。

2,デジタル後進国の罠

ネクスペイはそもそもデジタル。使い方はQRコードを読み込み金額を入れて支払うので、ほとんどPayPayと同じ。PayPayが使えるお店だったらネクスペイも使えるかというとそうではない。期間限定の決済手段なので、導入の煩わしさから敬遠する個人商店・飲食店は多かったのだろう。
20221221-9-44-06
Go To Eat はデジタルと紙のチケットがあり、紙なら使えるけどデジタルは使えないというお店が多くて、これまたなかなか使えない。デニーズでさえデジタルのチケットは使えなかった。これもネクスペイと同じで、期間限定のデジタル投資への抵抗なのだろう。ここでもデジタル後進国の罠にはまってしまっている。

3,期限付きの罠

どちらも使用期限があり、期限内で使い切らなければ無駄になってしまう。東京は1月25日まで、福岡市は2月15日まで。
利用したい時・お店では利用できず、なかなかチケットが減らない。気がつくと年も越して使用期限が目の前に迫ってしている。
ネクスペイは福岡空港のほぼ全てのお店で使えるので、東京へのお土産を買うのに使い、週末のルーティンの散歩で行くららぽーとのユニクロで使えることがわかったので、ちょうど買わなければと思っていたインナーなどで一気に消費。
しかし、東京の分は飲食店でしか利用できない。外食やテイクアウトのたびに使えていればもう使い切っていたはずなのだが、まだ残っている。僕の場合は東京にいる時間も限られているのでなおさら使う場面が少ない。使用期限が迫ると、チケットを使い切ることが目的にさえなってしまう。まあ、飲食店支援なのだから使い切ることが大事なんだろうが・・・

さて、期限までに使い切れるだろうか。

| | | コメント (0)

«年初からガッカリ続きなので、使う日が来ないことを願いつつジャンプスターターを購入