カテゴリー「経済・政治・国際」の記事

2005.05.14

天皇陛下と羽田でニアミス

20050514-2
GWで身動きが取れず、約3週間ぶりの東京。福岡に戻るANA251便は、珍しくボーディングブリッジを使わず、バスで駐機場のB777-200に向かう事になった。バスで移動していると、目の前を日の丸のB747が移動している。機種には日の丸の国旗を2本掲げて。
政府専用機にはどうやら訪欧からお戻りになった天皇陛下がお乗りの様子。お迎えの人の数も多い。
私が乗るB-777は、滑走路で一番近い所に駐機していたので、バスから降りた所で専用機が目の前に見えたものの、残念ながら、陛下のお姿は見る事ができませんでした。
私を始め、複数の人が専用機にカメラを向けていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.25

選挙前の空

20050423fujisakaime
4月24日、福岡では衆議院の補欠選挙が行われ、山崎拓氏が復活?当選を果たした。
その前の選挙期間中の福岡では、毎日色んな人が応援に駆けつけていて、様々な場所で意外な人の姿を見る事ができた。
フライトの度に応援に駆けつける政治家の方の姿を見かけ、水曜日の東京へのフライトでは、小池大臣と一緒になった。
23日、投票前日の福岡へ向かう飛行機は、雲と空の境目を暫く飛んだ。加藤氏が雲の上に顔を出せた要因は何だったんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.13

地球は一つ、人類は皆……

DSC01089

スペインでの爆破テロ。誰が?何のために?
9年前のちょうど今頃、日本では地下鉄サリン事件が起きた。
その時も、誰が、何のために?と誰もが思ったはずだ。
まさか、SARSや鳥インフルエンザもテロ集団の細菌兵器?
何もかも、悪いことが起こると考えなくて良いことまで考え、疑心暗鬼に陥って暗く考えてしまいそう。

せめて、グラスの中のまあるい地球は、明るくあって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.06

実は最初は嫌いでした

ココログで木村剛氏の意外な面を発見して、嬉しくなっている。
実は、TVや新聞で見る木村氏は眼光鋭く、いかにもキレそうなエリートの感じで、頼りなさげな竹中氏と好対照であるものの好きには成れないタイプだな、と思っていた。しかし、ココログの「週間、木村剛」で読む木村剛氏は違っていた。確かに、最初は読む気はなかったが、あるMLで紹介され、試しに読んでみたら食わず嫌いだった自分を反省したのだ。

昨日のコラムも面白い。
厚生年金をネズミ講と比較しながらの提言、なるほど。
「ゴーログ」で明かされる人柄は、これまでの僕の中にあった印象とは全く違う。
トラックバックされたblogでは、色々な展開もあり、単なるホームページとは違う、blogならではの展開で、「コラム」「ゴーログ」ともに楽しい。読んでいると「飲み会」に是非参加したくなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)