« 大雨で釣りに行けない、投票日の週末 | トップページ | JALカードのあまりにあっさりした解約手続きに拍子抜け »

2019.07.24

吉本興業 岡本社長会見で湧き上がった、もう一つの疑問

今、世間を騒がせている吉本興業岡本社長の会見。そもそもの発端は反社会的組織(振り込め詐欺グループ)のパーティに所属芸人がギャラをもらって出演した闇営業(直営業・トッパライ)問題。本来は反社との関わりが一番の問題なのに、世間の関心は別なところに移ってしまったようだ。

そういう僕も、岡本社長の会見では、その中身だけではなく言葉遣いのところでも引っかかっているのだ。

所属芸人は身内かパートナーか?

社長の会見の中で、吉本所属の先輩芸人、明石家さんまさんや松本人志さんの名前をあげるときに、「さん」を付けていたこと。
一般的な企業人の場合、第三者との会話の中では組織内の身内には敬称を付けない。上司や先輩であってもだ。それが一般世間の常識だろう。

吉本の芸人は雇用契約ではない。所属芸人と業務請負の契約書も交わしていないので、関係性として縛るものは力関係と人間関係くらいになってしまう。そう考えると、所属と言いながらも吉本興業という組織の外の人間、僕たちで言うところの業務上のパートナーとしての関わりなのだろうか。だから「さん」付けなのか。でも、会見ではファミリー、身内だとも言っているし。

いや、単純に体育会系の組織風土、日常でも先輩に対しては「さん」付けで呼んでいて、それがつい出てしまっただけなのか。それくらい会見の壇上でテンパっていたのか?それとも、吉本興業を取り巻く芸人社会は、一般社会の常識とは離れた世界だったのだろうか?

岡本社長の「明石家さんまさん」が、妙に引っかかる昼下がりでした。

 


 

|

« 大雨で釣りに行けない、投票日の週末 | トップページ | JALカードのあまりにあっさりした解約手続きに拍子抜け »

映画・テレビ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大雨で釣りに行けない、投票日の週末 | トップページ | JALカードのあまりにあっさりした解約手続きに拍子抜け »