« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の記事

2019.07.30

JALカードのあまりにあっさりした解約手続きに拍子抜け

普段の国内での飛行機移動はANAがメイン。JALとANA両方飛んでいる主要路線なら、わざわざJALを選ぶことはないので、めったにJALに乗ることはない。それなのにJALカードを持っていた。

20190730-154541s

何故JALカードを持っていたのかというと、ハワイ。ハワイ線は圧倒的にJALが強かった。ハワイへ家族旅行に行こうとすると、航空会社は自然とJALになった。JALの友人もいたし、多少なりともマイレージも貯まるだろうからと10年以上前にカードを作っていた。

しかし、気がついたらハワイに出かけたのは10年ほど前が最後。あの「てるみくらぶ」のパック旅行。それっきりマイレージも貯めず、クレジットカードとしても使わず、ただ年会費を納めるだけのカードになっていた。なんともったいない!

今年、ANAもエアバスA380をハワイ線に就航させ大幅に輸送力を増強した。こうなるとますますJALカードを持っている理由がなくなった。VISAカードは新幹線のEX-ICカードと連動したJ-WESTカードがあるからそれで十分。東京オリンピックのチケットの支払いもJ-WESTカードで支払った。

ということで解約の手続きをするためにお客様サービスセンターへ電話。例によって、コンピュータの自動応答に回答する形で、電話のボタンをピッピッと押し進んでいく。カード番号を入力し、暗証番号を押すと、解約手続き完了のアナウンス。
「え?これだけ?本当に解約手続きできたの?」

これまで、Rakutenや流通系のカードを解約したときには、オペレーターを相手に本人確認やら解約理由を聞かれるやらで結構な時間を要した記憶があるけれど、あまりにあっさりしたもので拍子抜け。解約に要した時間はほんの2~3分だった。

後日、解約確認のハガキが届くとアナウンスがあったが、それまではちょっと半信半疑。
年会費以外に何もデータとして残していないから、引き留めるほどでもない会員だったんだろうな。

 


 

| | コメント (0)

2019.07.24

吉本興業 岡本社長会見で湧き上がった、もう一つの疑問

今、世間を騒がせている吉本興業岡本社長の会見。そもそもの発端は反社会的組織(振り込め詐欺グループ)のパーティに所属芸人がギャラをもらって出演した闇営業(直営業・トッパライ)問題。本来は反社との関わりが一番の問題なのに、世間の関心は別なところに移ってしまったようだ。

そういう僕も、岡本社長の会見では、その中身だけではなく言葉遣いのところでも引っかかっているのだ。

所属芸人は身内かパートナーか?

社長の会見の中で、吉本所属の先輩芸人、明石家さんまさんや松本人志さんの名前をあげるときに、「さん」を付けていたこと。
一般的な企業人の場合、第三者との会話の中では組織内の身内には敬称を付けない。上司や先輩であってもだ。それが一般世間の常識だろう。

吉本の芸人は雇用契約ではない。所属芸人と業務請負の契約書も交わしていないので、関係性として縛るものは力関係と人間関係くらいになってしまう。そう考えると、所属と言いながらも吉本興業という組織の外の人間、僕たちで言うところの業務上のパートナーとしての関わりなのだろうか。だから「さん」付けなのか。でも、会見ではファミリー、身内だとも言っているし。

いや、単純に体育会系の組織風土、日常でも先輩に対しては「さん」付けで呼んでいて、それがつい出てしまっただけなのか。それくらい会見の壇上でテンパっていたのか?それとも、吉本興業を取り巻く芸人社会は、一般社会の常識とは離れた世界だったのだろうか?

岡本社長の「明石家さんまさん」が、妙に引っかかる昼下がりでした。

 


 

| | コメント (0)

2019.07.21

大雨で釣りに行けない、投票日の週末

20190623-055330s

北部九州は梅雨入りが大幅に遅れ、やっと6月26日に梅雨入りとなった。

水不足で田植えも遅れていたのに、梅雨入りしたと思ったら今度は大雨。
仕事と修行のために2週間に1度しか釣りに行けなくなったために、今は1回の釣行も貴重。投票日でもある今日は、とうとう大雨洪水警報まで出てしまった。当然、釣りに行けない。

20190721-084029ブログにアップしなかった6月23日と7月7日を振り返ると、6月23日は渇水の中での釣りで7月7日は増水した中での釣り。解禁して4カ月も経てばさすがにヤマメの警戒心は強くなり、どちらも簡単にはヤマメは出てくれなかった。

20190707-113427sただ、6月は8寸以上のヤマメばかりが釣れたのに対し、7月の釣りでは6寸前後。7寸を超えるヤマメは1匹も釣れなかった。とはいえ、釣れないだけで田んぼ下の岩盤に当たるプールには、大きな魚影が見えてはいたし、フライを見に来たものの見切って引き返す魚影も見えた。大きな魚がいなくなったのではなく、警戒心が強くなったのが理由なのだろうか。

今日は、梅野川周辺でも大雨が降ったことは想像に難くない。次回の釣行時は渓相も大きく変化しているのだろう。ヤマメはダム湖まで流されてしまったのだろうか?

天気の神様、釣りの神様、もう大雨は勘弁です。
シーズン残りの期間も2カ月ちょっと。次の釣行は8月に入ってから。今年の釣行は数回を残すのみ。

次回も良い釣りができますように。

 


 

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »