« AppleStoreに予約して行ったのに、iPhoneのバッテリー交換ができなかった(T^T) | トップページ | Surface Laptop2を2週間使ってみて »

2019.01.20

VAIO-ZからSurface Laptop2へ、ノートPCの移行をこうして決めた

20190121_092145

2012年に購入して以来、ずっと使用してきたVAIO-Zも、そろそろ買い換えるタイミング。いや、別に壊れたわけでも動作が遅いわけでもない。CPUはIntel Core i5(第3世代)、メインメモリー6GB、SSD256GBなので、デザイナーのように大きなデータや動画を扱うわけでもない僕の普段の仕事では全く不満は無い。ただ、さすがに6年を過ぎていつ何が起きるかわからないという不安と、キーボードの不調(一部の文字では表面が擦れて文字が見えなくなったり、タイプの反応が悪かったり)。加えてWindows7が来年(2020年)でサポート終了というので、ビジネスツールとして問題が起こる前に新しいノートPCに移行することにした。

Macの愛用者だったら、機種変更で悩むこともないのだけれど、Windowsマシンは選択肢が多いだけに悩ましく、簡単には決まらない。
 
最低限の条件は4つ
 
機種選定の最低条件は、以下の4つ。
①モニターは13インチ以上
②メインメモリー8GB以上
③ストレージはSSD256GB以上
④生体認証機能がある
そしてできるだけ軽く。
 
昨年問題になったHUAWEIではないけれど、中国製のPCは心配。過去にもバックドアを仕込んでいたり、勝手にデータを中国に送信するソフトがインストールしてあったりと、いろんな前例がある。本当は、完全国内生産のVAIOの最新機種にするのが一番悩まずいろんな意味で安心なのだけれど(しかも軽い)、いかんせん高い!
 
先週末に発売されたばかりのVAIO Pro PKは1kgを切る質量で魅力的だが、上記条件を入れて見積もりをすると、税込みでやはり22万3千円を超える(税別206,800円)。ちなみに、現在使っているVAIO-ZはSSDの出始めの頃で高く、6年前で約25万円した!

20190120_092934

上記のスペックでMacBook Airにすれば税別156,000円。ただし、Officeを入れないとならないので、結局税込み総額20万円ほどになるが、それでもVAIOよりは安い。しかも、昨年12月のこの時期はPayPayの100億円あげちゃうキャンペーンの最中。BicCameraでPayPay支払いを選べばポイントバックで実質15万円超で購入できた。
そこで、今回の選定機種の価格と重さの上限を、最新のMacBook Airをベンチマークとし、税込みキャンペーン価格だった16万円、1.25kg(これでも随分軽くなった)以下として絞り込んでいった。
※MacにWindowsのデータを引き継ぐのは現実的ではないので、あくまでも購入の目安を決めるための比較。
 
候補は4機種から2つに
 
最終的に残ったのは、DellのXPSとMicrosoft Surface Laptop2。
HUAWEIとHewlettPackardのノートも候補に挙がったが、前者は中国メーカーなのでパス、後者はデザインが僕好みではないので外れた。
デザインの点から言えば、Macbook Air(MBA)も候補にあがるけれど、僕のイメージは学生とスタバが主戦場のPC。MBAは映画にも度々登場するし、むしろ没個性な感じ。一方、普段移動で利用する飛行機や新幹線ではめったに見ることはない。ビジネスの場ではほとんどは黒い国産PCだが、これはこれでどこのメーカーなのかもわからない、これまた没個性なPCだ。
 
XPSとSurfaceはどちらも優れたデザインだが、筐体のサイズが全く違う。XPSはひとまわり以上小さく、実物を見ると驚くほど小さい。しかし、それ以外は重さもほぼ同じ(約1.25kg)で、スペックも同じ条件で揃う。そうすると価格の差になるが、本来ならSurfaceの方が安い(正規販売店で税込み158,544円)はずなんだけれど、Dellの年末キャンペーンでものすごい値引きがあり、Office込みでも本来21万円超なのに税込み14万円台!ただ、Dellの場合は送料が加わるので、結局総額は15万円を少し超えることになり、価格も大差ない。最終的には実画面が広く、MBAとは全く違うデザイン(XPSはMBAにも似ている)で存在感が際立つSurfaceを購入することにした。
 
量販店でも買えるSurfaceなので
 
SurfaceはOffice込みのパッケージで販売されているので、Amazonはもちろんネット以外の量販店でも購入可能。価格.comで調べると、税込最安13万2000円から。XPSより安いのはもちろん、正規価格より2万円以上も安い。正規販売店以外で購入するのはちょっと不安ではあるが、パッケージで販売されているのでちゃんとしたところから購入すれば問題はないだろう。
ということで、ジャスダックにも上場している地元アプライドのネットショップから税込139,040円で購入を決定。正規販売店の価格よりも約2万円安く購入したことになる。
仕事納めの日に事務所に届き、そのまま年を越すことになった。
 
   

|

« AppleStoreに予約して行ったのに、iPhoneのバッテリー交換ができなかった(T^T) | トップページ | Surface Laptop2を2週間使ってみて »

IT・デジタルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VAIO-ZからSurface Laptop2へ、ノートPCの移行をこうして決めた:

« AppleStoreに予約して行ったのに、iPhoneのバッテリー交換ができなかった(T^T) | トップページ | Surface Laptop2を2週間使ってみて »