« ルンバ最大の弱点は、ギアボックスに入り込む毛髪 | トップページ | 実家の家電が立て続けに壊れて解る、リアル店舗のありがたさ »

2018.09.29

台風24号のおかげで2018年シーズンが終了。最後の1尾は顔が黒い26cm

20180929_103024s

大型台風24号が日本列島に接近、30日には本土に上陸する見込み。秋雨前線が活発になり、北部九州も金曜夜から雨が降り出した。このままでは、前回17日の釣行が今シーズン最後になってしまう。なんとかもう一度だけでも渓に立ちたい、ヤマメと対峙したい。

スマホに入れてある4つのお天気アプリを細かくチェックし、雨雲レーダーやら天気図やら見る限り、梅野川周辺は増水するほどの雨はまだ降っていないと確信。29日の雨も降水確率はほぼ100%ではあるが、日中の時間雨量は1~2mm程度の予報。台風本体はまだ沖縄で風の影響は無さそう。これなら最低でも午前中は釣りになると判断して出発。

雨雲レーダーでは、雲の中心は玄界灘にあった。甘木や朝倉辺りは降ってはいるが、道路はまだ乾いている位の雨。梅野川へ向かう道中も、雨は降ったり止んだり。
 
実質の最終日、考える事はみんな同じ
 
到着すると、なんともう間地橋を渡ろうとしているflyfisherが!考える事は皆同じか。
さしたる増水はなく、水もクリアだ。
下流部はこのflyfisherに譲るしかない。一声掛けて上流部へ流星号を走らせる。まさか上にも先客がいるのか?とドキドキしたが、中間育成施設前まで釣り人もそれらしい車の姿も無し。流星号をいつもの場所に停めて釣り支度を始めると、いきなり雨の勢いが増してきた。
 
中間育成施設前のプールを覗き込むと、魚影が見える。が、雨脚が強くなって水面は雨が作り出す波紋で細かく波立っている。これではドライフライは雨で叩かれ、すぐに水没してしまいそう。試しに大きめのカディスを結んで流してみるも、やはり雨粒の直撃を受けてだんだんと沈んでいく。小さなフライだと、すぐに見えなくなってしまう。ドライフライを諦め、ヤマメが着いていそうなプールにニンフを流していくことにする。
 
2週続いた3連休もあり、さんざんいじめられたヤマメの反応は芳しくない。フライを替え、流し方を変え、とにかく、しつこく攻めるしかない。
そして何とか、26cmのヤマメをようやく1尾、ネットに納めることができた。尾びれの下が少し欠けているのに他のヒレはピンとしているので、産卵に参加した個体か?顔も体色も黒いので、岩陰で永く暮らしていたのだろう。育成施設育ちも否定できないが。
  
その後、11時を廻る頃に雨脚が強くなり、増水しそうな気配もあったので早々に納竿。結局この1尾が今シーズン最後のヤマメとなった。帰る時には間地橋脇に朝のflyfisherの車の姿は無かった。やはり同じように増水の危険を感じて上がったんだろうか。
 
本来の予定よりも1日早いシーズン終了。
全国の釣り師(内・外水面問わず)の皆さん、命有っての物種です。明日は自宅で静かに過ごしましょう。
  
今シーズン、尺ヤマメを釣り上げることもできずじまい。昨年の九州北部豪雨の影響で日田漁協管内の川を避けたので、今シーズンは梅野川ばかり通った。来年、梅野川だけでなく色々な川でヤマメと向き合いたいものだ。
 
※C&R区間以外の川での釣りは、具体的な河川名などは基本ここにはアップしていません。

|

« ルンバ最大の弱点は、ギアボックスに入り込む毛髪 | トップページ | 実家の家電が立て続けに壊れて解る、リアル店舗のありがたさ »

梅野川」カテゴリの記事

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/67220865

この記事へのトラックバック一覧です: 台風24号のおかげで2018年シーズンが終了。最後の1尾は顔が黒い26cm:

« ルンバ最大の弱点は、ギアボックスに入り込む毛髪 | トップページ | 実家の家電が立て続けに壊れて解る、リアル店舗のありがたさ »