« 2018年7月 | トップページ

2018年8月の記事

2018.08.25

「緑のオーナー」で大損をしたけど、日本の山林と川を守る寄附をしたと思って水に流そう

20180825_105125s

我が家では、子どもが産まれる度に「緑のオーナー」に1口(25万円)ずつそれぞれの名前で出資してきた。生育状況にもよるが、だいたい20~25年で満期を迎え、それぞれが成人する頃に、出資金よりも多い金額を子どもたちが受け取れるはずだった。

続きを読む "「緑のオーナー」で大損をしたけど、日本の山林と川を守る寄附をしたと思って水に流そう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.23

ウェーディングシューズ探したら、なんとトヨタで半額以下で購入できた。車も釣りも足回りが重要ってか?

20180822_18_05_56s

世の中的にはお盆休みの最終日の19日、梅野川へ。
お盆に通過した台風は、九州をかすめたものの梅野川周辺にまとまった雨は降らせなかったようで、減水していた。プールには大型ではないが魚影は見える。しかし渇水下で魚の警戒心は強く、見えるヤマメの反応はほとんど無かった。お盆休み中に多くの釣り人が訪れたのだろうか、河原の砂地のところには多くの足跡が残っていた。

続きを読む "ウェーディングシューズ探したら、なんとトヨタで半額以下で購入できた。車も釣りも足回りが重要ってか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.22

プリンターが壊れて知った、最新機種にお得に買い換えられるCANONの「らくらく買換便」

20180822_12_52_06s

プリンターは消耗品ではあるが、いつも突然壊れる。
朝、プリンターの電源を入れると、「修理が必要なエラー」の表示。加えて、有無を言わさず修理を依頼してくださいとある。
今日はパンフレット発送の送付書のプリント程度なので大きな問題はないが、月末の請求書・発送封筒の宛名印刷までにはなんとかしなければならない。
一番手っ取り早い方法は、amazonで新しいのを購入すること。最短で明日には届く。
 

続きを読む "プリンターが壊れて知った、最新機種にお得に買い換えられるCANONの「らくらく買換便」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.19

スーパーボランティア尾畠さんと、刑事7人第6話で考える国民年金の重み

20180819_190205

平成最後の終戦記念日の8月15日は、12日から行方不明になっていた2歳の男の子が無事に発見され、朝から明るいニュースで沸き立った。
正直なところ僕自身、2歳児が3日も見つからない状況では、最悪の事を考えていた。それが無事に保護されただけでなく、発見したのが大分から捜索に参加していた尾畠春夫さんという78歳のスーパーボランティアだったことで、この嬉しいニュースは更に注目を浴びることになった。

この後ニュースやワイドショーでは、スーパーボランティア尾畠さんを追い、取り上げる番組が相次いだ。
例えばこのフジテレビ「めざましテレビ」 玄関前に「山口に行ってきます」と書き置き…2歳児発見“スーパーボランティア”の素顔 (上の写真はここからお借りしました)など。

続きを読む "スーパーボランティア尾畠さんと、刑事7人第6話で考える国民年金の重み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.05

様変わりした梅野川に朗報。中間育成施設が稼動していた!

2018080510

昨日の古湯は暑すぎた。

今日は直射日光を浴びる区間はごく僅かの山間の梅野川へ。
7時に到着したら,下流部のいつもの駐車場には既に先客が。なんと、こんな山奥に似つかわしくない黒のセダン。何かの間違いかと思いたいが、釣り以外でここに車を停める理由が無い。間違いなく釣り人の車だろう。

そこで上流部の中間育成施設前に行くと、再び先客。今度は軽が1台。これはどうしたものかと思案したが、このまま中間育成施設前に流星号を停め、入渓することに。軽の釣り人が中間育成施設前から入渓して昇っているのであれば、堰堤上まで戻って入渓すれば良いだけだ。

続きを読む "様変わりした梅野川に朗報。中間育成施設が稼動していた!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018.08.04

大雨と台風の爪痕が残る再放流の古湯は危険な暑さで、早々に撤退

20180804_1027281s_2

古湯漁協のサイトをチェックしたら、7月27日に放流していた。

既に週末を一度迎えているので、餌釣り師が根こそぎ釣り上げて持って帰っているだろう。あまり期待はできないが、サイトの情報では1800匹も放流となっている。本当に1800尾も放流されていれば、まだ残っているだろうと期待しながら久しぶりに出かけた。

続きを読む "大雨と台風の爪痕が残る再放流の古湯は危険な暑さで、早々に撤退"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ