« 平成30年7月豪雨は、当然のように梅野川も大きく変えていた | トップページ | 大雨と台風の爪痕が残る再放流の古湯は危険な暑さで、早々に撤退 »

2018.07.28

うな次郎丼をためしてみた-1食300円の幸せ

20180728_12_50_44s

焼きたての鰻を専門店で食べようと思ったら、3000円前後。社会人になった頃は、1000円以下で鰻丼が食べられる店も少なくなかったのに。もはや鰻は庶民の食べ物とは言えない値段になってしまった。

もちろん、土用の丑の日に鰻は食べていない。

ニホンウナギは絶滅危惧種。天然鰻が減少したことに加え、シラスウナギの不漁によって養殖鰻も高騰。
ということで、鰻の代用食品がたくさん開発されてテレビでも紹介されていた。ポピュラーなサンマの蒲焼きなんかじゃなく、なまずだの茄子だのまで。中でも注目したのは「うな次郎」。カニカマと同じく魚のすり身を原料に、鰻の身だけでなく皮まで再現してある。
カニカマも、刺身コーナーで売ってるような物だと、ほとんど本物の蟹と変わらないから期待できそうだ。
 
うな次郎発見!

20180728_12_46_43s

今朝台風が来る前にと,週末の買いだめに出かけたOKストアで「うな次郎」発見!
早速購入して、お昼に食べてみることにした。

冷凍していたご飯をチンして、うな次郎を乗せ、蒲焼きのタレと山椒(これもうな次郎にセットされている)を掛けて、いざ実食。

見た目は十分に鰻の蒲焼き、鰻丼だ。
味も悪くない。といっても、ほとんどタレの味と山椒の香りだけど。
ただ、残念な事に食感はもういっぽ。極小のすり身の玉をゆるく決着させたような食感。鰻のふんわりとした食感を再現するのはやはり難しい。しかし、ファーストフード店で黙って出されたら、そんなものかと思って食べてしまうかも。

なんといっても1食300円(うな次郎は248円)で鰻丼を食べたつもりになれるんだから、わるくはない。近い将来、カニカマ並みに品質改良が進めば、回転寿司や牛丼店で「うな次郎丼」として提供される日が来るかもしれない。

「うな次郎ボウル」として海外に進出する日が楽しみだぞ。

|

« 平成30年7月豪雨は、当然のように梅野川も大きく変えていた | トップページ | 大雨と台風の爪痕が残る再放流の古湯は危険な暑さで、早々に撤退 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/66995738

この記事へのトラックバック一覧です: うな次郎丼をためしてみた-1食300円の幸せ:

« 平成30年7月豪雨は、当然のように梅野川も大きく変えていた | トップページ | 大雨と台風の爪痕が残る再放流の古湯は危険な暑さで、早々に撤退 »