« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

2018.06.24

不用意に眼科検診に行ったら、散瞳検査の影響に愕然

20180623_16_53_162_2

先日帰宅したら、眼科検診の案内が届いていた。今年度60歳を迎える区民に、糖尿病に起因する眼病(緑内障)などを無料で検査できる案内。ちょうど時間もあったので、歩いて5分ほどの眼科に電話したら、「今から良いですよ。検査は30~40分かかります。保険証を忘れずに」ということですぐに向かった。

続きを読む "不用意に眼科検診に行ったら、散瞳検査の影響に愕然"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

今年初の9寸超えを釣ったら足もつった!

201806169s

2週間ぶりの梅野川。いつもよりも早く目覚め、明るくなる前に出発。

福岡から梅野川に向かう際には、日田経由か八女経由で向かわなければならない。ダム湖や溜め池など、止水が嫌いな僕はできるだけそういう場所を避けるのだけれど、どちらのルートを通ってもダムを見ながら走ることになる。特に八女経由だと日向神ダムの横を通ることになり、このルートは僕には相性が悪い。だから、いつも日田経由で行くのだ。
 
ここ数年の梅雨時の豪雨を考えると、土砂災害だけではなく水害を防ぐためにはその受け皿として、ダムの存在は重要になる。松原ダム、下筌ダムの両ダムは貯水量はとうに50%を切っていると思われるが、田植えの時期に向けてだけでなく防災(洪水防止)ダムのため、大雨に備えての事前放流(環境改善放水も兼ね)で今はどんどん放水をしている状況。

続きを読む "今年初の9寸超えを釣ったら足もつった!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.08

楽しめるテレビドラマは、家族のコミュニケーションに必要だ(但し我が家の場合)

20180602_19_23_41s_2

東京と福岡を行ったり来たりの生活も、気がつくと23年目。いつの間にかこんな半分単身赴任の様な生活が、この世に生を受け、大学を卒業して社会に出るまでの期間を超えてしまっていた。
 
先週末は、その大学の創立50周年記念のイベントに、同級生や先輩、後輩がたくさんキャンパスに集まった。30数年ぶりに再会する者も多く、想い出話に花が咲いた。話をする相手それぞれで一緒に過ごした時間や経験は違う。一人一人との、別々の記憶が断片的に、しかし新鮮に蘇る。
1年があっという間に過ぎていくこの年齢になると、4年なんてわずかともいえる時間なのに、楽しいも苦しいも含めて、随分と濃密で様々な事が記憶に刻まれているものだ。
久しぶりに再会した同級生と杯を交わしながら見上げた空には、飛行機が雲を引きながら飛んでいた。
 

続きを読む "楽しめるテレビドラマは、家族のコミュニケーションに必要だ(但し我が家の場合)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »