« 大雨が降る度に変わる渓相と水位回復までの時間 | トップページ | 意外と使えた、200円のDAISO(ダイソー)の空気入れ »

2018.05.27

久しぶりに天候に恵まれ良い釣りに、そして尺がいた!

20180527_080430s

前回の大雨からは日も経ち、これまで水位を大きく上げるような雨らしい雨は降っていない。今年に入ってからは、川や周囲の景色を楽しみながらの余裕のある釣りができていない。
週の前半の天気予報では、日曜日は雨が残るといっていたが、雨は土曜の朝に少し降っただけ。久しぶりに絶好の釣り日和となった。

7時に到着して覗き込んだ梅野川は、予想通り水位も落ち着いていた。

タックルを準備するあいだ周りを見ても、空中に虫の気配はほとんどない。気温は11℃、水温は13℃。しかし、午後には気温27℃くらいに上昇する予報。

20180527_111046s

釣り始めこそさすがに反応は良くなかったが、じきに小さな水棲昆虫の姿も見え始め、魚の反応も出てきた。最初に10cmほどのチビが出た後は20cm弱のバラシ。
しかし、この後は24cm、23cm、22cm、21cm……と立て続けに20cm前後のヤマメがネットに納まる。川の景色や鳥のさえずりも楽しみながら、午前中だけで大小合わせて十数尾を釣り上げてお昼に。
気温も水温も上がった午後も、午前ほどではないがヤマメの反応は良い。ここはというポイントからは7寸前後のヒレピンばかりが顔を出す。どのヤマメも綺麗なヒレピンだから、この川で育った2年魚だろう。今年も成魚放流はしていないようだ。

尺がいる!

今回の梅野川で特筆すべきは2つ。

2018052718s

2018052717s

1つめは、中間育成施設前のプールには、やはりヤマメが付いていたということ。大きくはないが、21cmのヒレピンが流れ込みの白泡のなかから出てきた。他の主要なポイントでもだいたい7寸前後のヤマメが出てくれた。下流部の青い流木留め下流の大きなプール(上を木が被さって終日日陰の)では、複数のヤマメが着いてきたりもした。
水位が下がり、ヤマメは水深のあるプールに溜まっているようだった。
     
2つめは尺を超えるヤマメがいたこと。2018052723s
C&R区間の最上流部、梅野橋手前の大きな淵。今シーズン初釣行の日に言葉を交わしたflyfisherも、そこで尺ヤマメの姿を確認したと言っていた。
木漏れ日が水底まで届いて、そこに大きなヤマメの魚影が底の方にユラユラと確認できた。しかし、ドライフライには全く反応しない。深い所にいて水面を見ている様子はなさそうだった。
今日は魚の反応も良いし、1日ドライで楽しむこととし、尺ヤマメは後日の楽しみに取っておくことにした(といって釣れる訳ではないが)。
     
15時過ぎの納竿までに大小合わせて20数尾、バラシが3尾。
久しぶりに転ぶこともなく、充実した釣りを楽しめた1日となった。

|

« 大雨が降る度に変わる渓相と水位回復までの時間 | トップページ | 意外と使えた、200円のDAISO(ダイソー)の空気入れ »

梅野川」カテゴリの記事

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/66775861

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに天候に恵まれ良い釣りに、そして尺がいた!:

« 大雨が降る度に変わる渓相と水位回復までの時間 | トップページ | 意外と使えた、200円のDAISO(ダイソー)の空気入れ »