« 豪雨禍の小野川、今年の釣りは無理でも早い復興を | トップページ | 魚影はそこそこあるものの、やはり大物は望めないか? 2018 梅野川には色々な変化が »

2018.03.31

桜満開の古湯でリベンジ達成!

20180331_120149s

3月3日の今シーズン初釣行の古湯はボウズでさんざん。すぐにリベンジに向かいたかったが、公私でいろんな事が立て続けに起こって釣りに行かれないまま4週間。
そして今日、リベンジを果たすため古湯へと向かった。

20180331_102339古湯の川岸には桜の並木が有り、この季節の釣りは花見気分で気持ちが良い。4週間ぶりの釣行先に古湯を選んだのは前回のリベンジもあるが、桜がちょうど見頃だろうと思ったから。標高が高い分、福岡市内よりも少し遅れて8分咲きから満開と言ったところか。思った通り見頃だった。

20180331_143759s

桜の開き具合は想定通りだったが、ヤマメはそうはいかなかった。僕よりも先に川に入っていたflyfisherはいずれも全く反応が無いという。水棲昆虫のハッチは盛んなのに水面は静か。ヤマメどころかハヤやカワムツの魚影も見えない。水温は14度。
色々なところにフライを投げてみるが、全く反応無し。沈めてもハヤさえ食わない。魚が居ないのか、フライが合っていないのか、それとも食欲が無いのか。

ヤマメが居なくなった理由は、放流魚の育った環境?

それでも、#16くらいのメイフライやカディスのハッチが盛んになって来た10時過ぎくらいからハヤのライズは時折見られるようになった。しかし、ヤマメのライズは見られない。ヤマメの魚影を探してC&R区間の最下流まで下り、小さなダムの所でじっと水面を見た。

先日釣りビジョンで、杉坂研二さんの2018寒狭川解禁の回を見ていたら気になることを言っていた。「流れの無い四角い養殖場で育った魚は、放流されても流れに流されて居着けないのではないか」と。そういえば梅野川の中間育成施設だと、円形の流れのある生け簀で育てていたので、魚は常に水流に向かって泳いでいたのでそんなことはないのだろう。古湯漁協の放流魚は数年前から購入先を変えているが、そのせいもあるのではないだろうか?泳力が無いヤマメは流されたり外的に襲われても逃げ切れなかったり。

20180331_112550s

ヤマメが着いていそうなポイントに#16のカディスを落としながら釣り上がっていたら、小さな流れの岩陰からヤマメが姿を現した。魚影は薄いものの、やはりヤマメはいた。23cmの良いサイズ。今年の初ヤマメだ。

20180331_121728s

この後、天河川を釣り上がり、20cmに届かなかったものの、3尾のヒレピン、しかもいずれも測線が赤く桜色に色づいた美しいヤマメをネットに納めてお昼休憩。
天気は良いし、桜も満開で気持ち良い。

昼食後は赤い橋のすぐ上流の岩場のポイントにフライを落としながら釣り上がり。数年前ならこの岩陰や流れの中から良い型のヤマメが顔を出したものだ。そういう記憶を頼りに、疑心暗鬼にフライをキャストしていたら、流れの岩陰から大きな影。そしてフライをくわえた。ネットに納まったのは8寸超えのヤマメ。この1尾を最後に納竿して修業に戻ることにした。

なんだかんだで、5尾のヤマメをネットに納めることができたので、リベンジを果たして3月を締めくくることができた。
さあ、明日はいよいよ梅野川だ!

|

« 豪雨禍の小野川、今年の釣りは無理でも早い復興を | トップページ | 魚影はそこそこあるものの、やはり大物は望めないか? 2018 梅野川には色々な変化が »

flyfishing・釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/66559736

この記事へのトラックバック一覧です: 桜満開の古湯でリベンジ達成!:

« 豪雨禍の小野川、今年の釣りは無理でも早い復興を | トップページ | 魚影はそこそこあるものの、やはり大物は望めないか? 2018 梅野川には色々な変化が »