« 梅野川のコンディションが回復! | トップページ | せっかちで高所恐怖症の人にはお勧めしないエッフェル塔 »

2017.06.03

梅雨入り前の梅野川では、ヤマメに嫌われ狸?が飛び出す

先週、下流部のプールにも良いサイズのヤマメが沢山溜まっているのを確認し、今日はワクワクしながら梅野川へ。
7時10分過ぎにいつもの場所に到着すると、既に常連さんのSUBARU XVが1台。上から川を覗き込むと姿が見えたので、最下流から釣り上がることに。

鯛生川との合流点から釣り始めると、水棲昆虫の盛んなハッチに小さなヤマメのライズが見える。
開きにフライを落とすと、いきなり良いサイズのヤマメが顔を出すもフライをくわえずにUターン。C&Rの上に、先週から雨が降っていないので更に減水してヤマメのプレッシャーも相当なもの。そう簡単にはフライをくわえてくれない。
先週確認した、良いサイズのヤマメが溜まっていたプールには少し距離をとってフライを投げ込んだ。一投目でヤマメが反応したもののフッキングには至らず。再度投げてもう一度反応が。しかし、今度も口を使わず。この後ドライには反応が無くなり、ニンフを沈めての釣りに変更。
様々なニンフをとっかえひっかえ、流すこと2時間。全く相手にしてもらえず完敗。

その後、ドライに変えて釣り上がるも、小さなヤマメは出るものの大きなヤマメは顔を出さず。
午前中の下流部では唯一白泡の中から出た8寸超えと思われるヤマメをバラしたのが悔やまれる。流星号に戻ると、XVは既に移動して姿が無かった。

昼食を済ませて上流部へ移動すると、XVと更に2台の車。合計4人の釣り人が入渓していた。脱渓して戻ってくるXVのflyfisherに声をかけると、中間育成施設前のプールでかけたものの、バラしてしまったらしい.悔しそう。きっと尺上だっただろうから、気持ちはわかる。
まだ2人が釣りをしていると言うし、さて午後はどこで釣ろうかと考えても、残り時間も限られていて行くところが無い。とにかく、上流部の様子を見に行こうと流星号を中間育成施設の方に走らせると、前方の右道路脇から黒いモコモコが!先週の帰り、大山町でも目の前を横切ったのとそっくり。
それにしても動きが遅いし、なんとなくゆるい。アニメに登場するぬいぐるみかと思う様な動き。とても野性の動物とは思えない。思わず車を降りて捕まえようかと思ったくらい。狸の子ども?それともアナグマの子?
ヤマメは釣れなかったけど、動物を跳ねることもなかったし、イノシシも出なかったから良しとしよう。
これで梅雨が明けるまで、梅野川はお預けかな。

|

« 梅野川のコンディションが回復! | トップページ | せっかちで高所恐怖症の人にはお勧めしないエッフェル塔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/65365716

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り前の梅野川では、ヤマメに嫌われ狸?が飛び出す:

« 梅野川のコンディションが回復! | トップページ | せっかちで高所恐怖症の人にはお勧めしないエッフェル塔 »