« 待ちに待った解禁初日は古湯。今年も魚影ないものの3年ぶりのリベンジ達成 | トップページ | 消防士さんは自転車でやって来た »

2017.03.12

日田漁協の年券は4月更新だった!

20170305_132010s

1週間前の日曜日、古湯で無事初日に釣果をあげた翌日、日田漁協管内に釣りに出かけた。
まずは今年の遊漁券を購入しようといつものお店に入って「年券ください」と伝えると、親父さんが思いもしない事を口にした。

「日釣り券ですか?」
「いえ、年券です」
「年券は4月まで来ないから、それまでは…」
「え?」
なんと、日田漁協の年券は4月から翌年の3月までの1年間になっていた。

数年前までは毎年3月に、日田漁協の年券を購入していた。しかし、だんだんと梅野川へ行く回数が増え、津江漁協の年券を毎年購入するようになると,日田漁協管内の川へ足を運ぶ頻度が減ることになった。そして年々大雨の被害が発生し、とうとう北部九州豪雨でとどめを刺されたあの年を境(多分)に、日田漁協の遊漁券を購入していなかった。
ところが昨年、2016年4月14日に最初の震度7の地震が熊本直下で発生し、それから何度も大小の地震が熊本から大分を襲った。地震で道路が寸断され、余震が続く中では梅野川での釣りは断念せざるをえなくなった。そこで再び日田近辺の川での釣りを再開していた。昨年久しぶりに日田漁協の遊漁券を購入したのは地震発生後の5月7日のこと。当然1シーズンの年券だと思っていた。

20170315_172415s_2

ところが、いつからなのかはわからないけれど、年券は4月から翌年の3月までの年度更新に変わっていたのだ。確かに、遊漁券の本票を確認すると、有効期間は平成28年4月から平成29年3月までと記載されていた。多分、役所の会計年度に合わせてのことだろう。これは利用者よりも漁協の会計処理を優先したアカンヤツです。

昨年のシーズンオフに腕章は処分してしまっていた。本来は本票が遊漁券なので問題は無いはずだが、腕章が無ければその都度呼び止められたり注意を受けることになる。結局この日は腕章を貸りて釣りをすることに。出だしが遅れたせいもあり、そこここに釣り人の足跡がはっきり。ということで釣果は散々。15cmほどのヤマメが1尾出ただけだった。

さて、3連休はどこに行こうかな?
まだ梅野川は早いだろうし、田篭のヤマメの里祭りはフライは参加できない。古湯の状況も改善は望めそうもないし、脊振の小渓流を廻ってみるか。

|

« 待ちに待った解禁初日は古湯。今年も魚影ないものの3年ぶりのリベンジ達成 | トップページ | 消防士さんは自転車でやって来た »

コメント

こんばんは、
日田は行ってみたいのですが、なかなか情報がありません。
昨日は玉島川で釣ってきました、3匹だけでした。そろそろ雨降って欲しいですね、、

ところで来週三連休は古湯には行かれないのですか?1000~1500の再放流があるようですね、
三連休は、古湯→玉島川→田篭、のプランでいます、
迷彩見かけたらご指導願います(笑)!

投稿: 迷彩色の男 | 2017.03.13 00:46

お早うございます。

日田漁協はこちらの河川に放流してるようです。
https://www.hitagyokyo.com/news/156.html
放流地点の地図はこちら
https://www.hitagyokyo.com/hitamap/areamap.html
古湯は17日に再放流と言ってましたね。
18日に行ってみようかなと思っています。
田篭は19日がヤマメの里祭りですから、20日は残ったヤマメ狙いで良いですよね。
私は20日は出かけられないので、初日、古湯でお目にかかれれば。

投稿: flyday | 2017.03.13 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/64992645

この記事へのトラックバック一覧です: 日田漁協の年券は4月更新だった!:

« 待ちに待った解禁初日は古湯。今年も魚影ないものの3年ぶりのリベンジ達成 | トップページ | 消防士さんは自転車でやって来た »