« 40年前の「親不孝通り」と大学受験日の記憶が蘇った朝 | トップページ | 日田漁協の年券は4月更新だった! »

2017.03.04

待ちに待った解禁初日は古湯。今年も魚影ないものの3年ぶりのリベンジ達成

201703042

2年続けてボウズだった古湯での解禁初日。今年こそはリベンジを果たしたいとは思うものの、魚がいなければ始まらない。今年も疑心暗鬼で古湯へと向かった。

あまりに早く行っても川の見た目以外には何の情報もないので、ある程度釣り人の姿がある方が情報を得やすい。と思って渓流釣行では少し遅めの10時前に古湯の川原に到着。しかし車は2台だけで、釣っているのはルアーマンただひとり。ケロヨン奥のプールに何度もルアーを投げているが反応が無い。だいたい、あそこにはヤマメが付いているはずなんだが……
流星号を川原に置いて川の様子を見て回るが、ヤマメどころかハヤの魚影さえも見当たらない。もちろん、ライズも無し。
貝野川の様子も見るが、やはり水中に生体反応が感じられない。見てるだけでは始まらないので、そのまま道路に上がって遊漁券を買いに中島商店へ向うことにした。てくてくと歩いて店の扉を開けようとしたところで、店の前に白いミニバンが止まった。車から出てきたのは迷彩服の若い男性(しかもイケメン)!おおーーーっと、昨日はこのブログへのコメント有り難うございます。早速のご対面とあいなりました。
2人順番に遊漁券を購入。

中島商店のおかみさんによると,放流したのは2月27日でまんべんなくたくさん放流したと、そして3月17日にもう一度放流するということだった。さて本当なのだろうか?ずっと連続して裏切られているから、どこまで信じて良いんだか?

とにもかくにも、遊漁券(日釣り)を購入したからには釣らなければならない。今年こそボウズで帰るわけにはいかない!過去2年の教訓で、今の古湯では解禁直後にドライフライにヤマメが出ることはまずない。ライズが始まれば別だけど、ライズさえも無い状況では沈めて探るしかない。
ということで、先日#20の小さなニンフをヤフオクで購入していたのだ。

20170304_111850s

川面の上空には多くの水棲昆虫が飛んでいる。これだけハッチがあれば、普通ならヤマメだけでなくハヤやカワムツがライズするはずなのだが、水面は極めて穏やか。魚が水面に波紋を起こすことは無かった。

こういう状況であれば、沈めて探るしか無い。

そしていつもライズが起こる土管の少し下流にニンフを沈めて探ると、思った通り。長良川や本州のシラメのような銀化し、パーマークがほとんど消えかけた細めの魚体のヤマメがネットに納まった。これで今年はボウズを免れることができた。

201703046

その後、土管前、ケロヨンの石像奥のプールでニンフを深く沈めて1尾ずつゲット。しかしドライでも1尾釣り上げたい!なんとかドライでと思って貝野川や天河川もまわってみたが、やはりヤマメの気配は全く無いまま歩数だけを稼いで、ほぼ1万歩。合わせて3尾と1万歩が本日の釣果。久しぶりに川に入り、昇ったり下ったりですっかり疲れてしまった。改めて体は年をとってしまったことを感じずにはいられない解禁初日となった。

納竿して帰ろうかと流星号に戻ると、川原でsoeさんや常連のみなさん、漁協のオジサンらが話し込んでいた。そこに加わりいろいろと情報交換。そういえば、昨年もあまりに釣れないので常連さんが集まって、珈琲飲みながら話し込んだな。釣れないなら釣れないで、こういう時間もここでの楽しみでもあるから、解禁の週末に古湯は外せないのだろうな。

さて、ボウズは免れてリベンジは果たせた。明日はドライでなんとか1尾釣り上げたいものだ。

|

« 40年前の「親不孝通り」と大学受験日の記憶が蘇った朝 | トップページ | 日田漁協の年券は4月更新だった! »

コメント

お世話になります。解禁釣果お見事でございます。私も主さんのように、今年も毛鉤で釣り上げてみたいものです。

さて、昨日は古湯でなく友人と朝六時から日田→八女に行っていました。
釣果は三人とも坊主でアウトドアを楽しむ1日でした。日田鯛生川上流の神ポイントにはなんとコイが遡上していました。なかなかあり得ない光景でした。古湯温泉で例えれば、嘉瀬川ダム50m下の岩場にコイが群れてるようなものです。こりゃ釣れんわと渓流で目玉焼きを食べ始めました。

また、上津江道の駅前で釣り上がってきた方は坊主のようで、「いや~、朝イチからあたりすらありませんわ」と吐露。八女星野村で情報交換した方は、カワムシじゃないと釣れないと釣果五匹のようでした。ちなみに、どちらの方も装備や見識からかなりベテランの方々とお見受けしました。

水温が低く深場にいるのは掴んできたしたが、食いがよくないですね。。釣り人も少ないのであまり抜かれていないと思いましたがなぜかな、、もっとも放流の絶対量を減らしてるような仮説を抱いていますが、、

来週リベンジしたいと思います。3/17の古湯再放流は去年も似たような事がありましたね。
漁協に確認をとろうと思います。
引き続き、面白い記事を楽しみにしております。
まずは素晴らしい釣果、おめでとうございます!

投稿: 迷彩色の男 | 2017.03.05 14:08

迷彩色の男さん

そうでしたか!
じゃあ、偶然迷彩服の方がもう一人古湯に
いらっしゃったのですね!
私も今日は日田方面出かけましたが、ヤマメ1尾だけでした。まだまだ修業は続きます。

投稿: flyday | 2017.03.05 21:24

こんにちわ。

解禁しましたね。
僕はどうも体調が整わず、近くの岩岳川に息子と出かけました。
プールで小型のヤマメのライズに出会い、ミッジに出ましたが乗せれず。
その後、ニンフで釣り上りましたが、水量が少なくヤマメは見えても週末で叩かれ抜かれた居りました。
渓流初釣行の息子は、ミノーイングで初のヤマメを獲ることが出来ました。
来週までに体調を整え、山国に出かけてきます。

投稿: やまちん | 2017.03.07 10:35

やまちんさんは豊前か行橋の方なんですね。
山国川にも以前は足を伸ばしていましたが、福岡からだとなかなか遠くて、行かなくなりました。
息子さん、ヤマメが釣れて良かったですね!

投稿: flyday | 2017.03.09 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/64970433

この記事へのトラックバック一覧です: 待ちに待った解禁初日は古湯。今年も魚影ないものの3年ぶりのリベンジ達成:

« 40年前の「親不孝通り」と大学受験日の記憶が蘇った朝 | トップページ | 日田漁協の年券は4月更新だった! »