« 脊振の渓流も台風16号名残の増水で調子上がらず | トップページ | 2016年シーズン終了 »

2016.09.24

今シーズン最後の梅野川は、22cmの真っ黒いヒレピンのオスで締めくくり

20160924_1356411s

今シーズンの梅野川の最終釣行。
明日は最後の日曜日だから、きっと多くの釣り人がやって来るだろう。それに天気も下り坂だというので、今日、梅野川に出かけてきた。

7時過ぎに到着すると、間地橋前の駐車スペースには既に車が1台。ドキドキしながら山本2号橋上の、いつも流星号を停める駐車スペースに来ると、ここには先行車無し!まずは下流部に入渓できる。今シーズン最後の梅野川は、大好きな間地橋~流木止めを諦めて、駐車場前からの入渓となった。

水はクリアだけれど、少し増水気味。しかし何か様子が違う。
大雨、増水が長く続いたからだろう、全体的に川がフラットな感じ、水の流れが川幅いっぱい。ずっと平瀬が続いているような、そんな渓相になっていた。

201609243

田んぼの下の流れも川幅いっぱいに平瀬が続き、どこからでもヤマメが出る様な状況。ただし、出てくるヤマメは10~15cmのチビヤマメで、しかも姿は見せてもフライをくわえる事はほとんど無し。
堰堤下の禁漁区まで釣り上がり、小さなヤマメ数匹を手にしたが、20cm前後のヤマメは3度ほど顔を出すものの、フライをくわえる事なく午前は終了。

201609244

午後は、中間育成施設の脇から入渓。草が生い茂っているものの、なんとか通れる状況。川に出てから一旦少し下り、それから釣り上がり。しかしやっぱり小さなヤマメが反応するばかり。

それでも、岸際の流れに流したカディスに飛沫と共にヤマメが出た。久しぶりにロッドをしならせる引き。なかなか寄ってこないのでひょっとしたら大物か?と期待したが、意外や真っ黒いヒレピンの22cm。お腹もパンパンで幅のある魚体。これまで、暗い岩陰でひっそりと暮らしていたのだろうか?

20160924_141346s

2016092413

その後も平瀬にフライを流すと、ヤマメが浮き上がってきてゆっくりとくわえた。残念ながら20cmに満たないサイズではあったが、フライをゆっくりとくわえる姿を見ながらの釣りは気持ち良いもんだ。

上流部は脱渓ポイントの橋までの、短い距離で終了。

2016092416

流星号に戻り,タックルを仕舞いながら下の中間育成施設を見下ろすと、漁協の方の車が停まっていた。シーズン最後なので、降りて行き挨拶がてら今年の状況について雑談。今年は、地震、大雨、台風と大変なシーズンだった。

今年、尺が一尾も釣れなかったことについては、その原因がわかった。昨年採卵したヤマメの卵のふ化がうまくいかず、大きなヤマメを放流できなかったためだという。そのため、今年も採卵するためのヤマメが大きく育たず、来年も厳しいと。
残念ながら、来年は他所からヤマメを購入して放流することになりそうだということだった。
育成施設内の水槽に泳いでいるヤマメは、昨年は40cm前後に育った個体ばかりだったのに、比較にならないほど小さく、尺にも届かない大きさだった。

来年、復活してくれるのを願いながら、今年最後の梅野川を後にした。

|

« 脊振の渓流も台風16号名残の増水で調子上がらず | トップページ | 2016年シーズン終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/64250494

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン最後の梅野川は、22cmの真っ黒いヒレピンのオスで締めくくり:

« 脊振の渓流も台風16号名残の増水で調子上がらず | トップページ | 2016年シーズン終了 »