« 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう | トップページ | 焚き火台が欲しいと思っていたら、amazonでこんなのが! »

2016.08.18

白井選手の銅メダルから「おお」か「だい」か気になって

Photo_2

連日のメダル獲得で盛り上がる、リオオリンピック。男子体操の床では金メダル確実と思っていた白井選手が、思わぬミスをしてメダルを逃した。しかし、跳馬で銅メダルを獲得!
点数では4位の選手と同点なのに、白井選手が銅メダルをとったので、その解説を池谷さんや森末さんなどメダリストらが解説を加えていた。その時にメダル獲得の理由として挙げられたのが「新技」。しかし、ある人は「しんわざ」といい、ある人は「しんぎ」と言っている。

「大」を「おお」と読むか「だい」と読むか?

森末さんは単独で「しんわざ」と言い、池谷さんは「新技成功」と四字熟語的にボードに書いて解説していたので、その違いもあるのだろう。

これを聞きながら、身近な疑問が再び蘇ってきた。

子どもの頃は大地震は「だいじしん」といっていたようだけれど、気がつくとテレビのニュースなどでは「おおじしん」という。大舞台も「だいぶたい」だと思っていたら、「おおぶたい」と言っている。

気にはなりつつもスルーしていたこの問題?改めてググってみると、同じような疑問を持つ人は多いのだろう、多くのページが見つかった。それによると、どちらが正解という訳ではない(大舞台は状況によっても読みが変わるらしい)がNHKではどちらも「おー」と読む事になっているのでテレビでは「おおじしん」「おおぶたい」と読まれているようだ。

大地震を「おおじしん」と読むんだったら、中地震は「なかじしん」なのだろうか?
と新たな疑問が湧いたのであった。

追記

19日に日本テレビで放映されたゴーストバスターズでは、「だいじしん」と言っていた。
30年前は、やはり普通に「だいじしん」だったんじゃないのかなあ?

|

« 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう | トップページ | 焚き火台が欲しいと思っていたら、amazonでこんなのが! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/64077802

この記事へのトラックバック一覧です: 白井選手の銅メダルから「おお」か「だい」か気になって:

« 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう | トップページ | 焚き火台が欲しいと思っていたら、amazonでこんなのが! »