« 梅野川の渓相は大きく変化し、ヤマメの付き場は増えたものの魚影が… | トップページ | 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう »

2016.08.07

iPhone5のバッテリー交換を自分でやったら高いものについた

20160807_155054s

息子の iPhone5 のバッテリーがそろそろ寿命のようで、バッテリー交換を検討していた。学生で金のない息子は、Apple store で交換すると当然高いので、修理専門店に持ち込むか、自分でパーツを購入して交換するかと色々調べ、自分で交換することにした。

ネットには自分で交換したブログや商品の評価もたくさんあり、情報は多い。交換用バッテリーだけ購入しても、専用の工具がないとまずiPhoneを開いてバッテリーを取り外すこともできない。
そこで彼が選んだのは工具がセットになった交換バッテリー。amazonで2380円。

まず、ネジをはずし、吸盤で画面のパネルを本体から外す。

20160806_174616s

20160806_174643s

とその時事件は起きた。
本体と画面側のパネルはケーブルで繋がっている。慎重に作業しないと、パネルが外れた時の勢いでそのケーブルを引きちぎることがある、ということはネットでもたくさん報告されていた。しかし、それがわかっていたのにやってしまった。
パネルがパカッと外れた時に、ケーブルがバリッと言う音と共に本体からちぎれて泣き別れになったのだ。
思い切り落ち込む息子。
バッテリーを安く交換しようとしたのに、それ以上に大事になってしまった。
ネットでパネルやケーブルを探すと、ケーブルだけなら数百円、パネルごとの交換でも5000円前後で販売している。再びパーツを取り寄せて自分で交換するか、それとも諦めて修理専門店に駆け込むか…

悩んだ結果、修理専門店に持ち込むことにして、いくつかのお店に電話で問い合わせ。そして、秋葉原のApple AIDが一番料金的にも対応からも安心できそうだったので予約。

20160807_155123s_2落ち込んでいた息子は気を取り直し、修理は翌日に持ち込むとして、折角届いたバッテリーだけでも交換することにした。しかし、これがまた想像以上にたいへん。バッテリーは両面テープで本体に固定されているのだが、セットで付いてきた剥がすための専用の道具を使ってもこれがなかなか外れない。最後は、プラスチック製のその道具も折れてしまった。それでも手を変え品を変え、何とか剥がすことに成功して、無事に交換が完了。

20160806_184115s

泣き別れになった本体とパネル、それに取り外したネジやパーツをApple AIDに持ち込み、ケーブルの交換で無事に復活。工賃は5800円+消費税で6264円。

結局、バッテリー代と修理代を合わせると、普通にApple Storeに持ち込んだのと同じくらいの金額になってしまった。しかし、まあ失敗はしたけれど自分で色々とやって失敗も貴重な体験ということで、本人は満足しているようだ。
前向きで良しとしよう。

8月10日追記

2日後にリンゴループに!

全て解決したと思っていた2日後の8月9日。息子のiPhoneに再び異変。
突然電源が切れ、その後は充電してもリンゴのマークが出たり消えたりの再起動を繰り返すばかりで、何もできなくなった。itunesに繋いでリカバリーしようとしたものの、それも途中で固まってしまい、為す術無し。

ネットで色々調べたら、バッテリーの不良に起因する「リンゴループ」からの問題のようだった。

秋葉原のApple AIDではバッテリーを交換して貰った訳ではないけれど、修理時に電源ON時の挙動の不安定さについての指摘があったので、電話で確認。症状を伝えると、バッテリーに問題があるのではと言う指摘。しかし、ちょうど福岡へ移動するところだったので秋葉原に再び行く時間が取れない。そのまま空港へ。

福岡へ到着し地下鉄で天神に着いてすぐ、FAVOにあるアイサポで症状を伝えると、やはりバッテリーのせいではないかという。バッテリーを交換して再び同じ症状が出るようだったら返金するというのでバッテリーを交換(Apple AIDより高かったが)。

今の所はデータも問題なく、完全復旧(だと思う)。
amazonで販売されているバッテリーはどの商品でもレビューの評価にばらつきがある。それだけ品質の個体差が大きいと言うことなのだろう。息子は、安心できるバッテリーが手に入らない限りは、2度と自分でバッテリー交換はしないと宣言していた。

amazonに電話すると、返金処理をするというので、その手続きを取った。

 

|

« 梅野川の渓相は大きく変化し、ヤマメの付き場は増えたものの魚影が… | トップページ | 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/64025231

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone5のバッテリー交換を自分でやったら高いものについた:

« 梅野川の渓相は大きく変化し、ヤマメの付き場は増えたものの魚影が… | トップページ | 毎年の九州の大雨。遊漁期間を前後期制にしたらどうだろう »