« やっぱり大増水。2cmのチッチゼミとヤマメ26cm | トップページ | 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず »

2016.07.17

ここが筑後(ちっご)の夜明けぜよ

20160716_1208522s

1か月ぶりの釣行も雨が降り出したので、午前中で撤退。
折角日田まで来たのだし、時間もあるので、寄り道をすることに。

福岡から大分県に入ると、「夜明」→「光岡(てるおか)」→「日田」と駅も地名もなんとも縁起が良い名前が続くのをご存じだろうか。
日田方面に国道386号線を走り、夜明大橋を過ぎると左側に夜明駅がある。しかし、久大本線の線路は道路よりも高い所を通っているために、線路も駅舎も国道からは見えない。唯一、その存在に気付くのは、赤い列車が頭上を通るタイミングに遭遇したときくらいだ。

20160716_121022_hdrs

20160716_120923s

時間も有るので、夜明駅に寄ってみた。
流星号は駅の下の郵便ポストの脇に駐め、階段を上がって駅へ。もちろん無人駅。
割と最近に建て替えたのか、駅舎は真新しい。
駅の入り口とホームに出る横開きの扉の内側には、縄でできたすだれが掛けられている。そ

20160716_1209122s

こには注意書きが付けられていた。
つばめがかいります すだれはあげないでください。

夏になると、つばめが駅舎に入ってくることが度々あったんだろう。駅舎内の壁にぶつかったり糞を落としたりと、駅の利用者にとってもつばめにとっても良い事はない。駅舎に入れないようにするのが一番。
無人駅なのでエアコンも無い。扉を開けておけば、心地よい風が通る。扉を開けてもつばめが入らないようにと工夫したんだろう。なんとも風流で優しいすだれだ。

20160716_120834_hdrs

20160716_120950s

駅には、若い男性が一人、列車が来るのを待っていた。


夜明ダムの放流が目の前に

20160716_121627s

駅の少し下流には夜明ダムがある。発電を目的に建設されたダムで、かつて西日本大水害で決壊したことがある。
ここのところの大雨で、上流のダムも洪水対応で放流が続いていたため、当然流量は多い。夜明ダムも放水しなければ溢れてしまう。
豪快に放水していた。

坂本龍馬がこの光景を見たら、「ここが、筑後の夜明ぜよ」とでも言ってくれるだろうか?

|

« やっぱり大増水。2cmのチッチゼミとヤマメ26cm | トップページ | 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63927818

この記事へのトラックバック一覧です: ここが筑後(ちっご)の夜明けぜよ:

« やっぱり大増水。2cmのチッチゼミとヤマメ26cm | トップページ | 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず »