« 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず | トップページ | iPhone5のバッテリー交換を自分でやったら高いものについた »

2016.07.30

梅野川の渓相は大きく変化し、ヤマメの付き場は増えたものの魚影が…

201607303s

梅雨も明け、晴天が続く。さて、梅野川はどうなっているだろうかと2週間ぶりに出かけた。釣り人の車は無い。今日は僕が一番の様子。久しぶりに間地橋下、鯛生川合流点から入渓し釣り上がることに。水は平水に戻っていたものの、それでもこの時期にしてはまだ水位は高いか。どれだけ山が保水いていたかがうかがえる。

201607302間地橋のすぐ上の淵で一瞬走る魚影。ドライでは全く反応ないので、テレストリアルにも見える黒いニンフを沈めてみる。かなり粘ってみたが、こんなチビヤマメが出ただけ。

再びドライにチェンジして釣り上がり。しかし、普段なら何かしらの反応があるポイントでも全く水面に反応は無い。結局、梅野川で釣り上げたのは途中、20cm弱のバラシもあったが10cm前後のヤマメ3尾のみ。

砂で埋まっていたプールが復活

さて、川の様子。
山本2号橋のすぐ下には川の流れが岩盤にぶつかってできた深場が有り、かつては良いポイントだった。しかし、この数年ですっかり砂が堆積して魚影はほとんどなくなっていた。ところが、今回の大雨でこのポイントの砂がすっかり流され、再びほどよい深場となっていた。残念ながら魚影は見られなかったが、来年は期待できそう。

201607304

前回水が多くて行けなかった流木止めは、思ったほどのものではなく、無事に通過できた。この流木止めの少し下流のプールも深くなり、大物が潜んでそうな感じになっている。

上流部では、中間育成施設上の橋から梅野橋の間は、現状ではほとんど釣りは難しい。先日から右岸側の木の伐採が始まり、その伐採した木や枝が大雨で流され、いろんなところを塞いでいる。来年の大雨に備えて法面をコンクリートで補強でもするのだろうか。

201607307

201607308

橋の少し上にあった大きなプールの流れ込みもこんな感じで枝が塞いでいた。

今回も堰堤から育成施設までは入渓しなかったので、その間の様子はわからないが、今年の長雨(しかも大雨)で、全体に瀬の様子は大きく変わっていた。岩や石が動き、流れはよりストレートに近くなり、プールに溜まっていた砂が流されて、より深くなっていた。ヤマメの付き場は増えたように感じた。しかし、残念ながらヤマメの姿はほとんど見ることができない。もう少し減水してヤマメのポイントが絞られたら良いのかもしれないが。

20160730_162244s

結局、午後少し早めに移動して、別の川で22cmの幅広ヤマメをキャッチして本日終了。

梅野川、9月には良くなるかなあ?

|

« 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず | トップページ | iPhone5のバッテリー交換を自分でやったら高いものについた »

コメント

おはよございます
梅野川難しそうですね。 でも水量が落ち着いたようで
少し遊ぶには、まあまあなんでしょうか?
あんまり暑いと無理ですが お盆過ぎに 私も
お出かけしたいと思います。
 お見かけしたら よろしくお願いします。

投稿: くろべえ | 2016.08.01 09:51

くろべえさん

コメント有り難うございます。

もう少し水量が落ち着けば良さそうなのですが、いかんせんヤマメの姿が見えない……
プールや瀬の深みは良い感じでできているので、追加の放流やダム湖からの遡上が有ればきっと良い釣りができると思いますが、今年はどうなのでしょうね。
今シーズンも残すところ2か月。
あと何回足を運べるか…
このままでは終わりたくないですよね。

投稿: flyday | 2016.08.01 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63992938

この記事へのトラックバック一覧です: 梅野川の渓相は大きく変化し、ヤマメの付き場は増えたものの魚影が…:

« 1ヶ月半ぶりの梅野川、やっぱり増水治まらず | トップページ | iPhone5のバッテリー交換を自分でやったら高いものについた »