« 話題の200円カレーを食べてみた | トップページ | 衝撃!とうとうC&Rの看板を下ろした古湯 »

2016.04.02

数年ぶりの上野田川で脱渓できず。梅野川ではやっと20cm、そして脱渓後に悶絶

20160402_064444_hdrs

桜が満開となったこの週末。

桜が満開となるとヤマメの活性も上がるので、当然渓へと向かう。梅野川へは毎年桜の開花を目安に出かけていたが、今年は古湯がダメなので少し早く3月20日に竿を出して撃沈。

ということで、今日は上津江に足を伸ばした。

日田から津江方面は本当に霧が多い。201604024s今日は松原ダム近辺で濃霧に見舞われた。
前回、梅野川ではいつものような釣りができなかったので、久しぶりに上津江へ。数年ぶりに入渓した上野田川では、ヤマメの気配が薄かった。以前はあんなに魚影が濃かったのに、ここも豪雨が続いてだめになったのか?
それでも、小さいながらもヒレピンのヤマメが顔を出す。

201604026s

この少し上の小さなポイントでは、そこそこのサイズの綺麗なヤマメが姿を見せたが、残念ながらフッキングならず。そして、このまま釣り上がって小さな堰堤の所で困ったことになった。
この辺りは、川の両側が田んぼや畑。そのため、最近増えているイノシシによる食害から作物を守るために今まで脱渓できていた場所が、ことごとく鉄柵で塞がれていたのだ。田んぼや畑の周りは鉄柵で囲われ、川側から見ると、まるで自分が折に囲まれているような感じだ。
結局、今釣り上がった川を再び戻って、やっとの思いで脱渓。田んぼや畑がある人里を流れる川では、こんな柵が増えていくのだろう。入渓するときに注意が必要だ。

遅れて再び梅野川へ

上野田川ではもっと釣り上がりたかったが、入渓も脱渓も厳しそうなので、梅野川へ。朝一番ではないので先行者がいることを覚悟で戻ったが、車は間地橋前の駐車スペースに1台だけ。ということで、堰堤から上を釣り上がることにした。
水はクリアで少し減水気味。小さな流れのポイントから15cmほどのヒレピンヤマメが顔を出すが、梅野川らしいサイズは全く姿が見えない。

2016040211s

やっと20cmほどの放流ヤマメが1尾出ただけ。

少し遅めの昼食を取り、下流部の間地橋の上から入ろうとしたら、先行者がいた。仕方なく、真ん中から入り直し。やはり小さなヤマメしか出ないなか、田んぼ下の流れで少し大きなヤマメがフライを追い食い。良いサイズ。しかしネットに入れようとしたところでフックが外れて流れに戻ってしまった。多分22~23cmはあったはず。

それにしても、今年の梅野川、ちょっと変だ。

と思いながら脱渓し、ウェーダーを脱ごうとしたら足がつった!しかも両足。ヤマメは釣っても、足はつらなくていいんだよ!ウェーダーを脱いで楽になりたいのに、それも叶わず暫く悶絶。
シーズンオフの運動不足がたたったんだな。

今日は脱渓に苦しんだ一日となった。

帰りは突っ張り気味の足の事を気にしつつ、満開の桜を楽しみながらゆっくりと帰路に着いた。

20160402_143028s

20160402_164600s

20160402_164610s





|

« 話題の200円カレーを食べてみた | トップページ | 衝撃!とうとうC&Rの看板を下ろした古湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63431675

この記事へのトラックバック一覧です: 数年ぶりの上野田川で脱渓できず。梅野川ではやっと20cm、そして脱渓後に悶絶:

« 話題の200円カレーを食べてみた | トップページ | 衝撃!とうとうC&Rの看板を下ろした古湯 »