« 城島酒蔵びらきに行ってきた-爆発事故とニアミス | トップページ | 2016 嘉瀬川の年券が2000円!? »

2016.02.28

解禁前の予行演習はダメダメでも意義あった@朝霞ガーデン

20160228_160633s

いよいよ九州を含め、全国の多くの渓流が今週火曜、3月1日から解禁になります。しかし、釣りに行けるのは週末の土曜なので、1週間のおあずけです。
うーーーーん、気持ちはもう明日にでも川に立ちたい!魂は私の体を離脱し、すでに上空から川岸に立つ自分の姿を見ています。

そんな状況で1週間過ごすのはストレスになる!と朝霞ガーデンでシーズン前のキャンプ(そんな大げさなものか!?)を張ることに。

20160228_141905s

朝霞ガーデンに到着した午後2時は、快晴。少し風が強いかな、というくらい。しかし、タックルをセットし、ポンドに立つ頃には風は強くなっていた。ドライの釣りをメインにしたいのでどうしてもフライが見やすいように太陽を背にしたい。そうすると、西を背にして東向きに立つのだが、強風が右から左に吹き抜ける。

ドライフライに魚は出てくるものの、なかなか口を使ってくれない。くわえたかと思って合わせるも、空振りばかり。たまに口を使ったとしても、きちんと針がかからずバラシばかり。
風がますます強くなり、#24や#26のフライはまともに飛ばないし、着水しても風で荒れた水面では見つけられなくなった。仕方なく、フライをドライからマラブ-に替えて流すと、やっと1尾。

その後、当たりはあるもののランディングできない時間が長く続き、ついにはティペットを切られてフライを持って行かれた。残り時間もあまりなくなったし、再びドライに戻し、カディスを結んで投げると、立て続けに当たりが。日没が近づき、活性が上がってきたのか。
しかし、フライ専用ポンドがルアーにも開放される時間が近づき、まわりにルアーマンが次々とやってきて場所取りを始めた。こうなると、落ち着いてフライロッドは振れない。
このあたりが潮時と、納竿して帰路に着くことに。

今年初の釣りで、初の鱒。
5か月ほど釣りから離れていて、ルーティンでさえもいつのまにか忘れてしまっていたことにも気づけたので、それだけでも良しとしよう。
今週末の解禁に、なんとなくエンジンがかかってきたか。

待ってろよ、九州のヤマメたち!

|

« 城島酒蔵びらきに行ってきた-爆発事故とニアミス | トップページ | 2016 嘉瀬川の年券が2000円!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63277665

この記事へのトラックバック一覧です: 解禁前の予行演習はダメダメでも意義あった@朝霞ガーデン:

« 城島酒蔵びらきに行ってきた-爆発事故とニアミス | トップページ | 2016 嘉瀬川の年券が2000円!? »