« 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も | トップページ | キュレーションメディアの台頭は情報を遮断してバカを増やす? »

2016.01.11

正月の余ったあんこで、どら焼きを作った

20160111_152739s

お正月のお餅を食べるために、子ども達にあんこを用意していたが大量に余ってしまった。祖母の家なら饅頭でも作るところだが、我が家には饅頭を蒸すような蒸籠も持ち合わせていない。冷蔵庫でこのまま消費期限を迎えてしまうのか?
今日は鏡開き。我が家の小さな鏡餅ではあんこは消費しきれない。

そんなことを考えながら午後散歩に出かけ、いつもの店を覗いて廻っていた。すると、スイーツのアウトレットショップに「どら焼きの皮」が売っていた。
5枚で100円!

とりあえず、2袋10枚を200円で購入した。そして、久しぶりに自宅で豆を挽いて珈琲を淹れようと思い立ち、コーヒー豆も購入。豆の煎り具合は、少し深入りの「フレンチ」を指定。

20160111_160241s

帰宅して、さっそくどら焼き作り。
どら焼き作りといっても、皮にあんこを挟むだけだから料理ともいえない。インスタント珈琲を買ってきて、コーヒーカップにお湯を注ぐのと大差ない。

20160111_160326s

20160111_160345s

皮にあんこを乗せてもう一枚の皮を乗せるだけ。
これでどら焼きが一丁上がり。

それは、高級和菓子店のどら焼きとはいかないけれど、スーパーで売ってるどら焼きくらいのものにはなる。

1個あたり40円。

久しぶりにコーヒ-ミルで豆を挽き、良い薫りが部屋に広がる。
手作り?のどら焼きと入れたての珈琲で、つかの間の憩いのひとときを楽しんだ。

|

« 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も | トップページ | キュレーションメディアの台頭は情報を遮断してバカを増やす? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63048057

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の余ったあんこで、どら焼きを作った:

« 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も | トップページ | キュレーションメディアの台頭は情報を遮断してバカを増やす? »