« 2016年元日の新聞広告は ヤマト運輸の「客貨混載バス」 | トップページ | 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も »

2016.01.10

「福山雅治のスズキ トーキングFM」が終わっていた!ショック(@_@)

20160110_165540

4月~9月の日曜日の16時台、いつも「福山雅治のスズキトーキングFM」を聴いていた。
梅野川で納竿して、山を下りながら。
シーズン中の日曜日は、釣りをした帰路には福山→安倍礼治を聴きながらというのがこの数年のパターンだった。 だから、昨年末の土曜日、買い物に出かけた車中で「福のラジオ」を聴いたときには、「なんで似たような番組を土曜日にまで始めたんだろう?」と思っていた。
そして今日、FMを聴きながら仕事をしていた。16時になると、福山雅治の声ではなくモモクロが登場????

正月特番には遅すぎるし、成人の日の特番かと思ったら、どうやらレギュラーっぽい。
仕事を一旦中断し、東京FMのサイトをチェックすると、「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」となっていた。福山雅治は、日曜日から土曜日に番組を引っ越ししていたのだ。

20年も続いていた番組がどうして?
とググってみたら、福山雅治がトヨタプリウスのCMに出たことが理由らしい。
そういえば、出てたか。
僕の中では、スズキとアサヒスーパードライと福山は重なってしまうくらいにシンクロしていたのに、なんてこった!

多分、高聴取率の番組だっただろうし、福山がオールナイトニッポンを卒業してからのファンにとって貴重な番組となっていたはず。それをスズキが手放すとは思えない。東京FMにとっても大事なスポンサーであり番組。それなのに……

福山ではなく、アミューズがスズキよりもトヨタを選んだということか?
トヨタからどのような条件・オファーがあったのかはわからないけれど、多くのミュージシャン・タレントを抱える事務所としてはトヨタの機嫌は損ねたくはないだろう。東京FMにしたって青天の霹靂だったに違いない。
きっと、アミューズから番組プロデューサーに連絡が入り、スズキに相談(報告)。番組を続けるならスズキはスポンサーは続けられないから、時間帯の引っ越し、スポンサー探し。打ち切りなら後の番組とメインパーソナリティを決定しなければならない。それをプリウスのCMオンエア開始までにやらなければならなかったはず。大変だったろうな。

結果、日曜日の16時~はスズキがそのままスポンサーとなり、スズキハスラーのCMに出ているモモクロにバトンタッチした。

「福のラジオ」は土曜日の14時~となり、シーズン中なら渓に立っている時間。残念ながらこれから聴くことはほとんど無くなってしまうだろう。そして、日曜日16時~のモモクロ。
渓から上がり納竿した後、少し疲れた体にはハイテンション過ぎるか?

さて、いずれにしても解禁はもうすぐだ。

|

« 2016年元日の新聞広告は ヤマト運輸の「客貨混載バス」 | トップページ | 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/63040625

この記事へのトラックバック一覧です: 「福山雅治のスズキ トーキングFM」が終わっていた!ショック(@_@):

« 2016年元日の新聞広告は ヤマト運輸の「客貨混載バス」 | トップページ | 620円で「松林図屏風」も「神奈川沖浪裏」「赤富士」も »