« クレーム電話7000回って、金銭目当てというよりもストレス解消? | トップページ | SoftBankからNifmoに乗り換えようとして…part2 想定外にハードルが高かった »

2015.10.01

SIMフリーのiPhoneを手に入れ、SoftBankからnifmoに乗り換えようとして…part1

20150917_183741s

僕のスマホはいまだにiOS5のiPhone4。以前、iPhone5Sに機種変しようとしたら、いきなり毎月の維持コストが3000円以上高くなるというのでとりやめた経緯がある。しかし、最近ではLINEにしてもFacebookにしても、下手をすると起動に1分以上かかるようになってさすがに限界を感じていた。そこに友人のNがiPhone6sを買うので、使わなくなるSIMフリーのiPhone5sを安く譲るとFBに投稿してたので、すぐに連絡して譲ってもらうことにした。

2日後の9月17日に届いたiPhone5sは、何事にも拘る彼が選んだSUICAがセットできるカバーも付いて、購入したときのままのようにキレイに箱に納まっていた。見た目はピカピカ(ケースを外すと、角に付いた傷はあったが別に気にしない)。

SIMフリーのiPhoneを購入したのは、もちろんMNPでMVNO(格安SIM)に乗り換えるため。先にdocomoのXperiaをBIC SIM(IIJmio)に切り換えて、約6000円のコストダウンに成功した。それから約3か月使ってわかったのは、僕の使い方では1か月に1GBも使わないという事実。自宅でも事務所でも外出先でも、ほぼWifiに接続できる環境だからそれはそうだろう。同様に、SoftBankで契約しているiPhone4をこの際だからMVNOに乗り換えれば更にコストダウンができるはずだ。
単純に機種変更するのならわざわざ中古の5sを購入する必用は無い。むしろ、店頭で4を下取りに出して新品の5sに機種変した方が安いくらい。しかし、MVNOのデータ+通話プランなら3GBのデータ通信料に通話基本料で1600円(+消費税)というのが一般的。基本的には、通話はカケホーダイのdocomoのガラケーを使うから、30秒20円の従量制の通話料を考えても知れている。電話代込みで月に3000円を超えることはないだろう。ということは、現状よりも約3000円/月の節約が見込まれる。

さて、どこのMVNOにするのが良いかと検討してたら、同じdocomoの回線を使っているなかでもNifmoが通信速度が速く安定していて良さそう。そして何よりもniftyユーザー(このブログもココログ=nifty)の僕は請求が1本にまとめられる。あれもこれもは管理が大変。
ということで、まずはその日(9月17日)にSoftBankに電話してMNPの予約番号を取得し、niftyのmypageからNifmoにSIMの申し込みをした。

それから待つこと12日。MNPの有効期限は10月1日までなのに、まだSIMは届かない。9月29日、不安になってniftyのカスタマーサービスデスクに電話して驚きの事実が。

nifty会員登録している住所と本人確認書類(免許証)の住所が不一致で、書類再提出のステータスだというのだ!「その旨のメールをお送りしているはずです」と言うが、見た覚えは無い。シルバーウィークで処理が停まっていたのかと思ったらそうではなかった。10日以上、ただ何も知らずに待っていた。
MNPの予約番号の有効期限は残りあと2日しかないので、これから新たに手続きをしても、SIMの到着が間に合わない。一度全ての予約(MNP・nifmo申し込み)を取り消して、最初からやり直ししなければならないというのだ!

あのCMではないが、「えーーーーー!? 早く言ってよ~~」。

ということで、iPhone5sへの長く険しい道のりはまだまだ続く。

|

« クレーム電話7000回って、金銭目当てというよりもストレス解消? | トップページ | SoftBankからNifmoに乗り換えようとして…part2 想定外にハードルが高かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/62391886

この記事へのトラックバック一覧です: SIMフリーのiPhoneを手に入れ、SoftBankからnifmoに乗り換えようとして…part1:

« クレーム電話7000回って、金銭目当てというよりもストレス解消? | トップページ | SoftBankからNifmoに乗り換えようとして…part2 想定外にハードルが高かった »