« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の記事

2015.06.28

ジェニシスの試写会で振り返ったターミネーターシリーズ。

20150628_191220s金曜日、終日の会議の後は,「ターミネーター新起動(ジェニシス)」の試写会に。
会議と打ち合わせが長引いて、開演ギリギリの会場入りとなってしまった。顔見知りの面々がそこここにいる。

ターミネーターと言えば、今年が日本公開30周年。第一作は1984年が舞台で、日本がバブルに突入する直前の公開。そして、ターミネーター2(T2)はバブル崩壊直後の1991年に公開された。T2が公開された当時は長男出産と前後していて映画を見に行くことができず、レーザーディスクの発売に合わせてLDプレーヤーの買い換えまでした(そのプレーヤーはいまだに所有しているが、現在のHDの地デジテレビで見るとさすがに画質が悪く、何年も電源さえ入れていない)。

さて、本題のジェニシス。最初は「ジェネシス(genesis)」かと思っていた。ジェネシスといえば、フィルコリンズがいたイギリスのロックバンドの名前でもあるが、意味は「創世記」とか「起源」。しかしGENESISではなくGENISYSだった。
どうやら、genesisを起源とする造語(映画の中ではSKYNETに代わる存在)の固有名詞。それを説明するために映画のストーリーをここで語るのは野暮というもの。
これまでのターミネーターシリーズを振り返ると、4部作のうち最初の1と2はジェームズキャメロン監督によるもので、いわばオリジナル。3と4はその続編を他の監督が作っているのでちょっと1・2とは違ってはいるが、時系列的にはそれが既成事実として存在している。審判の日を起点に遡った1984年の始まりを描く1、そしてジョン・コナ-が成長して審判の日を迎えるまでが2~3。
4は審判の日以降のジョン・コナ-とカイル・リースの戦いを描いていたが、その中でジョン・コナ-の顔のケガも出てくる。

今回のジェニシスはこれまでの1~4の流れを踏襲し、整合を取りながら新たな展開に昇華している。タイムトリップを扱う映画にありがちの時空の複線化がこの映画の主題であり、それは本作の冒頭から提示される。
これまでの1~4(少なくとも1,2)を見ていれば間違いなく楽しめる。しかしシリーズの作品を全く見ないでこの映画を見ると、何が何やらわからない(少なくとも映画の中にちりばめられたおもしろみは半減する)かもしれない。これまでのターミネーターを見たことのあるファンの記憶資産の上に成り立つ作品と言える。
別な見方をすれば、30年かけてジョン・コナ-の生涯を追った作品の完結編と言えるのだろうか。

本作JENISYSを見るのであれば、できることならその前に1~4のおさらいをしておくことをオススメする。そうすれば間違いなく楽しめる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.27

過去最大、初の35cm越えヤマメ、37cm!

20150627_074508s今日も梅野川へ。
前回と同じくらい増水して、竿を出せるポイントも同じような場所に限られる。こういう日は、確実にヤマメがいるプールで粘るに限る。
先ず最初にドライを投げてみるも、全く反応無し。それではと、ニンフをとっかえひっかえ流す。そしてカディスピューパを流したときに反応があった。合わせると重い引き。ラインの先にいる魚が大きいことはすぐにわかったがなかなか寄せられない。近づいて姿を見せた魚体はレッドバンドのように赤く見える。ヤマメにしては大きいし、ニジマスか?
20150627_074531sとにかく力強い引きに、ラインブレークとバラシは避けたい。慎重にに慎重に、時間をかけて引き寄せ、近くに寄せてヤマメだと解っても更にまた走る。大ヤマメであることを確信すると今度は絶対にネットに入れたいという思いから心臓がドキドキ。
201506273s永い永いやりとり(実際の時間はどうであれそう思えた)の末にネットに納まったのは、尺を優に超える37cm。
もちろん、自分が釣り上げたヤマメでは過去最大。
うれしーーーー!
写真を撮り、全長を計測してしばらく眺めた後、プールに戻っていくのを見送った。

朝一番にこんな大物を釣り上げて、なんだかもう満足感いっぱい。これが午後の1番なら増水して足場も悪いので、納竿して帰るかと思うところだけれど、まだ午前8時前。
201506275sお昼も買っているし、午前中くらいは釣らないと。
さらに数尾が遊んでくれたが、途中増水した川底の浮き石に足を滑らせ流れで転倒。思い切り右膝をぶつけてしまった。
雨も降っているし、これで完全に戦意喪失。
仕事も溜まってるし、お昼を済ませて早々に梅野川を後にした。

今朝の大ヤマメとは、秋には成長して40cm越えで再会したいものだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.25

お気に入りのiPod shuffle、いつまで使えるかな?

20150617_093428s
お気に入りのiPod shuffle。かれこれ5年ほど使い続けてるだろうか。もう廃番でapple storeでは買えない。

iPodは、初代から使い始め、これが一番気に入っている。iPhoneがiPodに取って代わるようになり、appleもiPodの新たな商品開発をしなくなったようだ。現行モデルも発売から随分経ってるんじゃなかろうか。iPhoneは、ミュージックプレーヤーとして身につけて使うには僕には大きくて重すぎる。

シルバーでクールなデザイン、操作は電源ボタン1つだけ。小さくて軽いしシンプルなのが良い。白いシャツの胸ポケットに入れていて、それを忘れて探すこともしばしば。そのままクリーニングに出しそうになった事も数知れず。
容量が小さいので納まる曲数に制限はあるが、それでも数百曲は入っている。シャッフルなので曲を選べない難点はあるが、そもそもお気に入りの曲だけを指定して入れているので問題なし。付属していたイヤホンは音が良くないのと、耳にフィットしなかったので、フィリップスのイヤーインタイプに交換して使っている。そのため、音量調節や曲順の操作、曲名の確認などができなくなったが、それは些細なことだ。音量は普段使いではちょうど良い。
イヤホンを交換した理由はもう一つある。このイヤホンはイヤホンコードの左右の長さが違っていて、首の後ろをまわして右耳に装着すること。僕が知る限りではこのタイプは、ソニーとフィリップスしか出していない。聴診器みたいに耳からコードが下がるタイプは嫌いなので、必ずこのタイプに買い換えている。

このお気に入りの組み合わせでこれからもずっと使い続けたいと思っているが、ただ一つ不安なことがある。
バッテリーの寿命
いずれはバッテリーが劣化して、フル充電しても短時間しか機能しなくなる日がやって来る。その時にこのシャッフルのバッテリー、どこかで交換は可能なのだろうか?
秋葉原あたりでやってるところはあるかな?
まだもう少し先のことだろうから、その時に探せば良いか。
暫くは通勤と旅のお供は、この組み合わせから変わりそうにない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.22

釣りの写真は防水のスマホが良いのかも。そして梅野川近況

20150620_110525s2

201506206s

5月前半では、流れのなかに少しの深みが有り、ヤマメが隠れられる岩があれば、8寸ほどの魚がいろんなところから顔を出した。しかし、中旬以降は晴天が続いて水量は減り、下旬には浅い流れからの反応は本当に小さなヤマメばかりになってしまった。型の良いヤマメは全く出ず、その代わり、広くて深場があるプールに集まっていた。
201506138s6月に梅雨入りすると、降れば大雨。南九州ほどではないにしても集中して激しい雨が降ると一気に増水し、ヤマメの付き場も変わってしまう(写真は6月13日、山本2号橋上の入渓ポイント前。普段の流れはこの1/3程度の幅)。下流に流されたのも少なからずいるだろう。まあ、下流に流されてもすぐに蜂の巣湖だからそのうちにまた登って来るとは思うが。
増水傾向の梅野川では、暫くは無理をせず流れの緩いプールを中心に釣らざるをえない。赤い橋の100m程下流のプールには大物が居るはず(ここではこれまで2度ティペットを切られた)。このプールでは、プールの流れだし近くで良くライズが見られるが、もうこの時期になると相当に小さなフライでも見きられて喰ってはくれない。ティペットの影を見ているのだろうか。10Xくらいでないとだめ?

ところで、今年は数年前から使っているオリンパスの防水デジカメに加えて、SONYのスマホXPERIAを持って川に入っている。XPERIAは防水なので、濡れた手で扱っても大丈夫だという安心感と、そのままFacebookなどに投稿できる手軽さで持って川に入ったが、いざ写真を撮ってみるとXPERIAの方が良い!
(冒頭のヤマメの写真で、上がXPERIA)
こうなると、XPERIAを防水カメラとして考えた方が良いくらい。釣りに携行するときだけストラップを付けて、次回からは首から下げて胸ポケットに入れておこう。

20110730122011年の夏、サイズは8寸ほどだけれど、ピンと尖って大きくな尾びれの雄のヤマメを釣り上げたことがあるが、あれは蜂の巣湖育ちだと思う。パーマークもほとんど無く、見た目はサクラマスそのもの。僕は、こういう尖って大きな尾びれの尺上を釣るのが目標。残念ながらまだ達成できていない。その時にはもっとクリアで綺麗な写真が取れるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.21

最近の暗証番号式サインレスのカード決済が……

20150621_194923s
母が突然、エアコンを買いに連れて行けと言う。
ダイニングキッチンに設置してあるエアコンは、かれこれ20年前に購入した物。さすがにそろそろ冷えが悪くなってきたし買い換えたいという。いつもこちらの都合はお構いなしに、突然言い出す。というよりも僕が居ないとできないことを、忘れないようにと思いついたときに言い出す。午前中は流星号で食料品を買いに行ったのだから、その帰り道に寄れば良かったものを……

で、近くのコジマへ両親を伴って出かけた。今日、2度目の出動。
年寄りがフィルターの掃除は大変なので、フィルターの自動掃除機能付きの物を選んで、母親のカードで決済する段階で問題が。
「カードの認証に、暗証番号を打ち込んでください」と言われて、「暗証番号って何?」となった。
「クレジットカードはサインするんじゃないの?」と。
確かに、通常はそうだけど、今時は申込時に届けた暗証番号で決済できるようなお店が増えている。当然、母もカード申込時には番号を登録しているはずではあるが、そんなことはもうすっかり忘れていた。
僕のカードで代わりに決済しても良いのだが、残念ながら今はカードが使えない
結局レジの方で何かの操作をすることでサイン用の伝票を出力して、サインで決済はできた。
滅多にカードで決済することが無い年寄りには、こんなハードルもあるのか(でもカードを出してポイントだけはいろんな所で貯めているが)。

さてこれから、出張で福岡に来る山の神を迎えに、福岡空港へ流星号3度目の出動!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.20

大変だ、カード全部停められた!

20150620_110525s怒濤の2週間。仕事に追われて昼食もろくに取れなかったため、体重も少し落ちた。10日ほど東京の自宅にも帰っていない。やっと一段落し、リフレッシュしに梅野川へ。
7時に到着したときには、すでにスバルXVのflyfisherが下流部に入渓していた。山本二号橋の上から川を覗き込むと、そのflyfisher。上から声をかけ、手信号(腕で○を作って)で○ですか?と尋ねると、○から微妙な三角のような×のような答え。とりあえず、手で上流を指しながら「僕は上流に入ります」と声をかけて移動。
木曜日まで続いた雨で増水が心配だったが、水量はそれほどでもなく、水色はクリア。午前中は上流部でヒレピンのヤマメもを含む5尾をキャッチし、それなりに良い釣りができた。
早めの昼食を済ませ、下流部に入渓しようと思ったら、すでに先行者が2人。大物が付いているプールで粘るも結局午後は釣果無く、少し早めの15時過ぎに納竿。

帰り支度を済ませて携帯を見ると着信ランプが点き、留守電も残っていた。電話はカード会社からで、連絡して欲しいとの伝言。電話をすると、10日の引き落とし日に口座の残高不足で引き落としができなかったと。レンタルサーバーやドメインの更新料など、主にWEB関連の決済に使っているカードで引き落とし額も数万円。それだけに引き落とし口座の残高を確認するのを怠っていた。「それは失礼しました、すぐに入金します」と手続きの詳細情報をiPhoneにメモして終わりかなと思ったところで、「もう一つ重要な事をお伝えします」と電話の向こうから言葉が続いた。

「お客様名義のカードはすべて利用できなくなっています」

「えええーーーーーっ??????!!!!!!!」

「月曜日に入金確認して、カードが使えるようになるまで約2営業日かかります」

もう一度
「えええーーーーーっ??????!!!!!!!」

「どうしてもっと早く連絡してくれないの?土曜日じゃ入金もできないし」と尋ねると、「12日に封書で連絡をしています。ご自宅にお電話もさせていただきました」と。
11日から東京を離れているので、自宅に届いている郵便物に目を通せるはずもない。自宅に電話をしたというが、 家人に確認すると妻が電話に出たらしい。しかし、「ご主人はご在宅ですか」と聞くだけで用件は言わなかったので、急ぎなら携帯にと電話番号を伝え、営業の電話だと思いそのまま忘れていたという。「携帯にも昨日電話させていただきました」というが、携帯に着信履歴は無かった。で、連絡が取れないまま10日が過ぎ、カード停止措置に至ったようだ。
問題なのは、引き落とせなかったカードだけではなく、僕名義のカード全部と家族カードも凍結されていること。
ネットショッピングはもちろん、出張の飛行機や列車の予約決済ができなくなった。幸い、月曜日の便の決済は完了しているので問題はないけれど、翌週の便の予約ができない。ヤフオクでフライを注文しても、カード決済での支払いもできない。amazonでお急ぎ便の注文をしようにも、決済できなければそれもできない。

Twitterだけでなくカードまで凍結されてしまうことになるとは、今年はどういう年なんだ。カードは残高を確認しなかった僕が悪いんだけど……2度あることは3度あると言うし……
あ、いやすでに3度目だ。昨年の10月ではあるけれど、同じように未払い(手続きミス)でNTTでも危うく電話停められるところだった
NTTもカードも、大事(だからなんだろうが)な事、しかも緊急性が高い事を報せるのに郵便なんて。第一報はメールか携帯に連絡して欲しいよ、まったく。

そんなやりとりをして、車を出そうとしたところにフライロッドを積んだ白いジムニーが。
「どうでしたか?」と尋ねると「さっぱり」と。川の状況を伝えて分かれようとすると、「ブログ書いてる人ですよね?参考にさせていただいています」と。
確かに、梅野川で検索すると、このブログは上位に表示される。そんなに参考になるようなことは書いていないのに恐縮です。お役に立てるよう、精進いたします。

ネット銀行で振り込み手続きは終わったが、入金はいずれにしても月曜日。数日間、私は全く信用していただけない存在となってしまいました。現金で支払える範囲でしか活動できません。誘わないでください。

そして、修行の日々は続く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.19

高齢化が進むと、開けるのに力が必要な商品は買われなくなるだろう

20150619_215148s福岡では両親と生活を共にしている。2人とも世の高齢者の例に漏れず、テレビ・年寄り仲間のクチコミに翻弄されて、健康食品やら○○に良いというものに日々取り組んでいる。
おかげで、僕まで訳のわからない健康食品のカプセルや核酸(これがサケの白子が原料というので、痛風に悪いと言って今は飲まずに済んでいる)、乳酸菌飲料などさまざまなものを「健康に良いから」と付き合わされている。
まあ、本人が信じて飲む分には別に良い。べらぼうに高額で、いかにも詐欺商法の商品ならすぐにやめさせるが、イワシの頭も信心から。それで精神的にも安定していて健康が保てるのなら、息子としては別にそれはそれで良いと思っている(でも肥らないからと言う理由でココナツオイルを入れて炊いたお米には、閉口している)。

両親が2人だけの食事ならきっと質素なものになるのだろうが、僕が居ることで普段食べないような変わった物を買ってきたり、2人分だと量が多かったり購入できる単位が中途半端な量の物にも手が出せるので、時として思いも寄らない物が食卓に並ぶ。それはそれで僕にとっても変化があって嬉しいけれど、だいたい最後は残りそうな物は無理矢理に食べさせられてしまうことになる。両親も2人だけだと食べないようなものも口にできて嬉しそうなので、それはまあ僕が頑張れば済むことではある。

今日も3人での食事。日々色々な料理に挑戦しては食卓に並べてくれる母親。必ず最初に出てくるのはサラダ(健康に良いからとトマトは必)。そして最近多いのは、ポン酢やドレッシングをかけて食べるような冷製のおかず。ポン酢やドレッシングの消費が増えると、当然新しいボトルを開けることになるのだが、だいたい写真のようなリングを引いて密閉ボトルの口を開くことになる。
これ、僕が開けるのも大変。それなりの力が無いと開かないし、力加減を間違うと開いた瞬間に勢い余って中身を飛ばしてしまう。こんなもの、年寄りの力ではとても上手に開けられるとは思えない。

これからの超高齢化社会、ボトルや容器の開発には年寄りが関わっていないと、買ったはいいがそれがクレームのもとになることだってありそうだ。

少なくともこの手の容器は、早く改善することを検討して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.05

未来の事を考えると、相続税を無くしてもいいんじゃないか?

Ch040_l実は仕事で、家計相談の記事の編集などもやっている。記事を執筆するのはファイナンシャルプランナーなので、僕自身がお金に詳しい訳では無い。ただ、10年以上もこういう仕事に携わっていると、普通の人よりは詳しくもなるし、相談の内容を見ているとその時々の傾向や関心事もわかってくる。
ここのところ多いのが、相続に関して。今年から相続税の税率が引き上げられ、基礎控除も減額された(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数)ために、親が都心に不動産や金融資産を持っていたりすると、ちょっとした金額の相続税を支払わなければならなくなるからだ。相続する財産が不動産だったら、相続税を払うために財産を処分したり借金をしたりしなければならなくなる。そうなる前に、相続税対策に何か手を打てないかということだ。
それぞれに対しては、ファイナンシャルプランナーが個別具体的にアドバイスをしている。

しかし、このような相談をする人は世の中のほんの一握りどころか、割合で言えばほとんど居ないと言ってもいいくらいだろう。その結果として相続税対策に建てたのか、あるいは相続税を支払うために売った土地に建てられたのかわからないがアパートや賃貸マンションが次々と増えていく。

空室率20%なのに、そこらじゅうでアパート建設

今でも空き家が増えて問題になっているというのにこれ以上集合住宅を作ったところで、住む人が増える訳では無い。少子化対策は思うように進まず、今のトレンドのままでは人口は減り続けるというのに住宅だけが増えれば、ますます空き家も増えていく。

●そもそも相続税は必要なのか?

そもそも、重い相続税がかからなければ、家屋敷を相続し住み続けることができる。海外では相続税が存在しない国も多い。NETで調べると、子育て先進国として取材したカナダやニュージーランドも相続税は無い。間接税が高い北欧諸国も、相続税は無いか低い税率のようだ。それに比べると日本は非常に高い。
資産・財産が相続される度に相続税の支払いのために細分化され散逸していく。古い住宅や町並みも壊される。住み慣れた家や街を離れなければならない事態になることも珍しくない。個人事業主や個人商店だと、場合によっては家業を継げなくなることだってある。
結果としていずれ空室だらけとなる賃貸住宅ばかりが建てられていく。これは日本の未来にとって果たして良いことなのだろうか?
税金を払うよりも、財産を受け継いだ者が正しく、あるいはより意義のある使い方を考える方が、個人個人の未来に灯りは見えてくるし、日本にとっても良い事だと思う。

立て続けにブルーな連絡が続いた朝の独り言。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.02

JAZZ BAR TONTON:地元にこんなお店があったとは知らなかった

20150601_230759s旧知のKさんが、僕の実家のすぐそばに引っ越してきた。同じ町内会の仲間として一度飲みましょう!ということで仕事帰りに井尻駅で待ち合わせ。
ここ数年、両親との修行のため、すっかり外飲みをしなくなった。天神どころか足元の井尻近辺の飲み屋の情報なんかまったく知らない(東京の自宅周辺は、土日の天気が良い日には散歩しながら探検しているので、意外と情報は多い)。最近では、美味しいだけでなく年寄りと一緒に出かけて安心できる店探しばかりしているから、そもそも店を探す視点が違う。

久しぶりに同世代、凸凹コンビでの近所の飲み歩き。
最後に入ったのが、井尻駅裏のjazz bar TONTON。
僕が大学生の頃にオープンしていたというのに、今まで知らなかった。
20150601_231347s店内はカウンターだけで10人も入れないような狭さだけれど、心地良い空間。
アナログレコードのプレーヤーとレコードがあるのは当たり前だけれど、何とも古色蒼然とした真空管アンプの昔のレコードプレーヤー(と言って良いのだろうか)も鎮座している。よほど気分が乗らないと電源をいれることはないというこのプレーヤーで、今夜は真空管の柔らかい音を堪能させていただいた。
20150601_230910s20150601_230718s堅苦しくなく、ジャズを楽しみながら楽しく飲める店が、こんなに近くにあるなんて知らなかった。

これからは修行の前に時々立ち寄って、ここで気持ちをリセットしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »