« 古湯が復活 | トップページ | エクスペディアの国内ホテルの扱いがもっと豊富になれば… そして楽天カードを解約 »

2015.04.05

峠を越えると、そこは青空だった

201504052s古湯にヤマメがいることは昨日確認できた。いずれにしても、古湯でヤマメが狙えるのは梅雨入り前まで(ダムができる前は8月でも上流に釣り上がればいたのだけれど)。ここ数年は毎年豪雨に見舞われ、その都度ヤマメはどこかへ流されるのかいなくなってしまう。それを切り抜けても標高が低い古湯では、夏の気温と水温の上昇にはほとんど耐えられない。だから、僕の古湯での釣りはだいたい5月一杯で終わる。今年は3月の1か月を無駄に過ごしたので、残り2か月もない。足を運べるのはあと5~6回というところか。

20150405_103207s今朝、北部九州を襲った早朝の強い雨。天気予報でも終日雨ということだった。ただ、8時過ぎには雨は上がり、午後からの降水確立は低くなっていたので、午前の遅めに古湯を目指した。那珂川町にさしかかると雨は降っていないのに視界が悪い。霧だ。標高が上がると更に視界は悪くなり、所によっては50mほど先もよく見えないほどの濃霧。
ところが、三瀬峠を越えるといきなり視界が開け、なんと青空が見える。僕の脳内にあの言葉ではないが、自然とフレーズが浮かんだ。

峠を越えるとそこは青空だった

ああ、なんと情けない。

古湯に到着すると温かく晴れ渡り、穏やかな春日。
今朝の雨で水にかなりの濁りはあるものの、水量は変化無し。しかし、濁りが強い水のせいか、昨日とうって変わって魚の活性は低かった。瀬ではヤマメの姿が見えるものの何を流しても反応無し。見には来てもフライをくわえない。やっと口を使っても、しっかりくわえていないのですっぽ抜けるの繰り返し。結局、1時間半ほどバラシを繰り返して1尾もネットに納めることができず、お昼休憩。

午後もなかなか最初は調子が上がらなかったが、3時を過ぎた頃からヤマメの活性が急に上がってきた。相変わらず濁りが取れないので、瀬を中心にドライで攻めるとヤマメが次々と飛び出してきた。そして17時を過ぎる頃からは流れにライズも始まり、フライもマッチしてほぼ1投1尾のイブニングの釣りとなった。

存分にイブニングの釣りを堪能して川から上がると、少し上流の土管前のプールにはライズを待つ3人のflyfisherの姿(メイン写真)。こちらではライズはなかったのだろうか?

流星号に戻って帰り支度を始めると、クレソンを取っていた湯治客らしき人が「釣れましたか?」と声を掛けて来た。「前半は厳しかったけど、最後は良く釣れましたよ」と応えると、「さっき帰った人はほとんど釣れなかったって言ってました。佐世保からわざわざ来たらしいんですけどね」と。確かに今日は虫のハッチも少なかったし、水の濁りも強かったから、僕みたいに何度も通ってないと本当に厳しい釣りになったんだろう。昨日とは一転して厳しい一日だったなあ。あきらめなくて良かった。

201504053sそして帰途について再びびっくり。三瀬峠を越えて福岡県に入ると朝と同じ状況。今日一日山間部はこんな濃霧に覆われていたのだろうか?こんなの初めて。

ところで、午前中に入渓しようと歩いていると、お地蔵さん脇のスロープの上から土管前のプールを観察する男性から「釣れましたか?」と声をかけられた。「これからです」と答えると、「(ゴルフ)GTIの人ですか?ブログ読んでます」と。びっくり。
確かに「古湯」や「梅野川」で検索するとこのブログは上位に表示されるので、古湯・梅野川釣行を計画している人や情報を探している人には自然と読まれることになる。昨年は、広島の方からメッセージをいただき、梅野川の情報を提供させていただいた。
古湯・梅野川はC&R区間だからブログにも名前を出して書いているけれど、他は具体的な川の名前や場所は書かないので、自然とこの2河川の名前が多くなっているのだけれど。

ということで、今日はブログを更新するつもりはなかったけれど、古湯の情報提供として更新でした。


|

« 古湯が復活 | トップページ | エクスペディアの国内ホテルの扱いがもっと豊富になれば… そして楽天カードを解約 »

コメント

たのしく釣れているようですね。
今日、川を見てきました。
貝野川から大量の砂が入っているようでしたが、日曜に入ったのでしょうかね。
いつもの駐車場辺りまで白い砂で浅くなっていました。
4時ごろでしたが土管前でヤマメ1回ハヤ4回のライズが見えましたが土管そばだけでした。
土日はかなりの雨が降ったのでしょうか、ライズ位置が変わっていました。

投稿: soejima | 2015.04.06 22:05

soejimaさん
日曜日早朝の雨で砂が入ったようです。
土曜には気がつきませんでしたから。
更に、日曜日の3時過ぎくらいからでしょうか、貝野川からの激しい濁りの水が入っていました。
日曜日は土管前のプールはライズが少なかったですね。その下流の浅い早瀬や橋の上流の岩場の流れの方がライズは多くありました。そのライズにうまく遭遇できたようです。

投稿: flyday | 2015.04.07 00:12

flyday様

先日、土管前プールで散りゆく桜を眺めつつ、句を詠んでたたずんでいた者です。姪浜でフライフイッシャーのためのかまぼこ屋を営んでいます、松尾と申します。
現場ではいろいろと状況報告をいただいて有り難うございました。私は1時間ほど竿を出して2匹キャッチしたところで午後の用事ができて川を上がりました。私の愛車はネズミ男色のレガシイワゴンです(MT好きです)。またそのうちお会いするでしょう、お互い気を付けて楽しみましょう。

投稿: matsuo | 2015.04.07 18:03

松尾様

レガシィワゴン、ありましたね。あの車ですか。またお目にかかれるのを楽しみにしています。

投稿: flyday | 2015.04.07 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/61395320

この記事へのトラックバック一覧です: 峠を越えると、そこは青空だった:

« 古湯が復活 | トップページ | エクスペディアの国内ホテルの扱いがもっと豊富になれば… そして楽天カードを解約 »