« エイプリルフールよりも新社会人にエールを | トップページ | 古湯が復活 »

2015.04.02

とうとうKindleを購入。これから本の読み方が変わるのか?

20150402_192157s小説は読まないけれど、仕事柄、紙の本には愛着がある。
これまでもソニーのリーダー始め、電子BOOKリーダーとそのソフトが登場しても気にもとめなかった。amazonがKindleを発表し、アメリカで急激に普及したときにも同様だった。しかしappleからiPadが登場してからは日本でも少し流れが変わってきた。モノクロだけだった表示がカラーになり、音や動画も再現できるようになった。
リーダーとしての端末が進化したことで、そこに載るソフトも進化し、同時にその数も劇的に増えてきた。紙の本よりも電子書籍の方が安いのは当たり前だし、物理的な紙の印刷物を製造する必要が無いために出版コストだけでなく出版そのもののハードルも下げた。出版社を通さずに、個人が直接amazonを通して電子書籍の販売も可能となった。当然、電子出版のみの本も増えて来たため、ブックリーダーが無いと読めない本も多数出てきた。

一方、僕はといえば東京と福岡を行ったり来たりする間、機内でPCが開けない離着陸の時間帯は本を読んでいた。小説を読まない僕が読むのは主にビジネス書。話題になる本はハードカバーで重たい物が多いので、2冊もカバンに入れると本当に大変。
20150402_191949sKindleはiPhoneにアプリを入れて利用してはいたけれど、画面が小さいので老眼が進んだ最近は読む気にもならない。従ってこの2年ほど新しい電子書籍を購入することはしていない。
そこへ、amazonからのメールでプライム会員向けのキャンペーンのお知らせ。ベーシックなKindleなら4000円しない価格。この価格なら、本2冊分くらい。カバンに入れていても邪魔にならないし重たくも無い。数百冊だって持ち歩くことができるので、調べ物も簡単にできるし辞書機能まで備えている。
いよいよ潮時か、と比較表を見ながら検討したが、待てよ?メールが届いたその日は4月1日。amazonからのエイプリルフールか?とにかく何を見ても疑心暗鬼の一日なだけに、素直に信じることができない。amazonのサイトで色々と見て回ると、どうやら嘘ではないらしい、ということで Kindle PaperWhite を購入することにした。
amazonだから、注文すれば翌日には届く。

そして本日昼にはもう届いた。
20150402_192229s早速明日の大分出張に持って行くのが楽しみだけど、流石にこれを裸でカバンに入れると画面に傷が入りそうで気が引ける。何か布の袋でもあればと思ったが、急いで簡易カバーを制作して入れてみた。これまでも、単行本を持ち歩くときには自作でブックカバーを作っている。mikuを包んでくる梱包用の紙を再利用しているのだが、今回はそれを使って入れ物にしただけ。こうしてキンちゃんは茶封筒に納まった。
こうしてみると、何かに似ている。そうだ、amazonから単行本を送ってくるときに時々使われている、内側がエアパッキンの梱包袋だ。あれを取っておけば良かった。

何はともあれ思った以上に軽くてスリム。まだ電源を入れて操作方法をひととおり流しただけで、2冊しか入っていない。明日が本当のKindleデビュー。
これから増えていくのは、電子ブックだろうか紙の本だろうか。楽しみだ。

|

« エイプリルフールよりも新社会人にエールを | トップページ | 古湯が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/61379400

この記事へのトラックバック一覧です: とうとうKindleを購入。これから本の読み方が変わるのか?:

« エイプリルフールよりも新社会人にエールを | トップページ | 古湯が復活 »