« 驚き、合理的、の制止板無しコインパーキング | トップページ | 暖かいPremium GOZEN はちょっと残念 »

2014.12.01

水害でも生き残った酒、東洋美人に力を貰う

20141201_220905ss

冬が近づくと、鍋をつつきながら日本酒が飲みたくなる。
下町には蔵本と長年に渡り関係を築き、良いお酒を普通の値段で置いている昔から続く酒屋がある。うちの近くの店もそんな一軒。

しんどかった師走の初日、疲れてその店の前を通りかかったのは、店じまいをしようとしている頃。普段ならそのまま通り過ぎるところだったが、何故だか今日は日本酒で1日を終わりたくなった。
店じまいにかかろうとしているご主人に
「もう閉めますか?」と尋ねると
「大丈夫だよ」と。

いつもなら”〆張鶴の純”を買って帰るところなのだけど、その隣の控えめなラベルのボトルが気になった。
山口県萩市澄川酒造場の”東洋美人 原点 雄町”。
おかみさんが「昨年の水害で生き延びたお酒ですよ」と。
昨年の土砂災害で、蔵が大きな被害に遭いながら奇跡的に生き残ったお酒。そして 『蔵の改築』と『酒の仕込み』を再開し、今年なんとか新酒を出荷。
ラベルには水害に遭った日付、2013.7.28と印字されている。
今年の広島の水害は記憶に残っているけれど、昨年のことはもう忘れてしまっていた。恥ずかしい。東日本大震災の後は宮城や岩手の酒を選んで飲んでいた。復興を支援するためにも今日はこの一本にしよう、と購入した。
支払いを済ませたら「くじ引きを3枚引いて」と言われ、懐かしの3角くじを3枚。くじ運は良くないのでどうせ外れだろうと思っていたらB当が当たったという。なんと、富乃宝山の仕込み水2リットル。
嬉しいんだけど、酒1升と水2リットルで約4kg!
やっぱりくじ運が悪いのか?

心にも体にも荷が重い1日の締めくくりとなった。

そういえば、30年ほど前には「南部美人」にほろ苦い思い出があるけれど、「東洋美人」の方がスケールも大きいかな。
奇跡的に生き伸びた酒に、力をもらうか。

|

« 驚き、合理的、の制止板無しコインパーキング | トップページ | 暖かいPremium GOZEN はちょっと残念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/60750205

この記事へのトラックバック一覧です: 水害でも生き残った酒、東洋美人に力を貰う:

« 驚き、合理的、の制止板無しコインパーキング | トップページ | 暖かいPremium GOZEN はちょっと残念 »