« STAP細胞は小保方氏には作れなかったが、果たして存在しないのか? | トップページ | 税金の使い道を指定(要望)できないか? »

2014.12.20

東京駅100周年記念suicaの混乱を見ると東京オリンピックが思いやられる

Img_3435s
今日12月20日、東京駅が開業100周年を迎えた。
それを記念して、東京駅100周年記念SUICA(スイカ)が発売された。限定販売数は15000枚。新聞などでも報道され事前に発売が告知されていたから、僕も手に入れたいと思った。しかし郵便局で発売される記念切手とは違い、東京駅でしか買えない。この瞬間に福岡にいる僕にはもう手の出しようが無い。
鉄道関連の記念切符などは、昔から鉄道ファンが全国から手に入れようと駆けつける。今回も相当な数が殺到するのは容易に想像がついた。15000枚だと一人何枚の制限をつけるかだけれど、3枚までとしても5000人。こんな数はあっという間だ。そして案の定、販売開始時点では少なくとも9000人が並んでいたといい、混乱したために途中で販売を中止してしまった。

今回のJRは2つの点で誤りを犯していた。
1点目は、販売現場をきちんとイメージしなかったこと。これだけの注目を集めている100周年記念の品。事前にその行列の長さやそれによる混乱の可能性と対応の想定もせず、なんの準備も無しにテーブルを並べただけで販売を開始してしまった。昨年だったか、プロジェクションマッピングのイベントで同様の混乱で中止を余儀なくされた事に、まったく学んでいない。

2点目は、換金性が高く、うまくすればプレミアムが付くことが想定できる商品(しかも購入価格を絶対に下回ることがない)の販売であることを考えなかったこと。実際、今日の時点で1枚20万円で落札された例もあるという。iPhone6の販売での混乱を思い出すが、共通するのは高値で取引されるマーケットが存在すること。しかも今回は国内のネットマーケットで高値取引されることを想定し、転売目的の購入者が多く参戦したことにもよるのだろう。なんだかバブルの頃を思い出すが、世の中はまだバブルにはほど遠いから、むしろ切羽詰まった一攫千金狙いなだけに切迫感が伝わってくる。

今回、JR東日本はどういう理由で15000枚という数に決めてしまったのだろう?
多分、何も考えずに「話題になってこれはプレミアムが付くぞ!」くらいの浅はかなノリだったのではないだろうか。話題になった先のことを想像できていない。記念切手や記念硬貨と同様に、販売価格そのものにプレミアムがついていないのだから、仮に作りすぎて余っても在庫が無くなるまで売り続ければ良いだけなのに。プレミアムが付いてもJR東日本が得をする訳ではない(コレクションアイテムとして使われなければ、まあそれはキャッシュフロー的には楽になるかもしれないけれど、15000枚でたかだか3000万円。売上高が2兆円になろうという企業規模では誤差のうち)のだから。

いずれにしても、今回のJR東日本の対応は鉄道ファンにもがっかりだっただろう。
これではオリンピックが開催されたときに不安になる。こんなにJRや都市インフラの運営サイドの想像力が無いと、東京オリンピックに向けても「お・も・て・な・し」が期待できなくなりそうだ。

12月22日追記
JR東日本は、希望者全員に販売すると発表。
1月にインターネットやはがきで受け付けることになった。
受付が始まったら、僕も申し込もう。

2015年2月20日追記

2015年2月9日(月)をもって「東京駅開業100周年記念Suica」の申込受付は終了し、申し込み枚数は499.1万枚となったと発表された。当初予定の330倍以上。

|

« STAP細胞は小保方氏には作れなかったが、果たして存在しないのか? | トップページ | 税金の使い道を指定(要望)できないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18605/60840912

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅100周年記念suicaの混乱を見ると東京オリンピックが思いやられる:

« STAP細胞は小保方氏には作れなかったが、果たして存在しないのか? | トップページ | 税金の使い道を指定(要望)できないか? »