« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の記事

2014.10.30

安倍政権の「女性活躍」は、見かけだけの肉まん・豚まんだった?

20141031_152752s30年前、平均の結婚年齢は男性26歳、女性23歳と言っていた。
僕が結婚したのは27歳、妻は26歳の時(どういう訳だか、妻はいまだに自称26歳といっているが)。二人とも、平均よりもちょっとだけ遅め。同期の半分は既に結婚していた。

当時は女性の婚期をクリスマスケーキに例えていた時代。女性に職業を尋ねると、「家事手伝い」という人が多かった。職に就かないまま生家の家事手伝いをし、24歳までに結婚をして専業主婦になるというのが理想のパターン。テレビのクイズ番組なんかで、出場している女性の半分くらいは「家事手伝い」だったりした。1980年代初頭、担当をしていた某有名私立お嬢様大学では、「就職することは恥ずかしい」とまで言われていた。「どうして働かなければならないの?これから永久就職のために花嫁修業をするの」というのがその学校の卒業生の意識だった。
まだまだ女性は高卒で社会に出る人が大半で、そこから進学しても短大が主流。四年制大学に進むのはごく一部。四年制の私立女子大なんて、それはもう特別な存在だった。

実際、花嫁学校にも取材したことがある。学ぶ内容は料理や行儀作法のほか、着物の着付け、茶道、活け花、日本の歴史や文化などなど。アイロンのかけ方も教えていた。武家の嫁、あるいは明治から戦後の官僚に嫁ぐ嫁に求められたようなスキル。海外に出て、日本女性として恥ずかしくないアイデンティティをしっかりと示せるスキルと倫理観、価値観を身につけるという学校だった。そこで学んでいる女性の多くはそれなりの家柄の人や外交官、商社マンとの結婚が決まっていたり、そういうお相手を求めている方。一時期は欧米版のフィニッシングスクールというのも注目されたが、最近はとんと話題に上らなくなった。

一方、日本には「髪結いの亭主」という例えもある。
今で言うなら「美容師の亭主」ということになるけれど、嫁さんが稼ぐと亭主は怠け者になって働かないという例え。それだけ昔から家庭内の男女(夫婦)の役割分担ははっきりしていたということだが、これも限られた階層の話しだろう。農業などの一次産業に従事していれば、仕事の役割分担はあっても家族総出。二次産業は鍛冶屋や大工、家具職人、指物師などの限られた職人の世界で、ほとんどは男の仕事場。城下町や門前町などのいわゆる町民の多くは三次産業に従事していたと思われるが、お上さんと女中や下働き以外はこれも男性の職場だった。
江戸時代までの女性の仕事は、髪結いや芸者などの職種に限られていた。要するに、女性は働きたくても働く場が無く、男が働かなければ家族が路頭に迷った訳で、男が経済的な支柱にならざるを得なかった。ところが、女房にそれなりの収入があると、怠け者の男は途端に働かなくなるということだ。まあ、亭主がろくな奴じゃないというだけなのだが、怠け者の亭主の妻は下手に働いて収入を得るようになると益々亭主が働かなくなるから、そこそこにしときなさいと言われているようでもある。

暴論かもしれないが、今の日本の家庭を支える妻は、パートで年収100万円程度がちょうど良いんだと、この時代から刷り込まれてしまっているのかもしれない。

今の自民党は、女性閣僚も含めて保守的な思想(10月7日、国会の蓮舫議員の質疑「内閣改造は、女性活用と真逆な方向に思えてならない」)を持っている皆さんが多い。上に書いた、花嫁修業をするような女性が理想だと考えているに違いない。今の経済界のトップや管理職の多くも同様だろう。自民党は産業界・経済界は敵にまわしたくない。その人たちが「女性の活躍」を語ってもピントがずれるのは当たり前。働きたくない人や、現状で満足している人に無理矢理働けといってもそれは無理な話。

本当に女性の活躍を願っているのなら、政治献金やパーティを一切あてにしないで、経済界を敵にまわしてでも北欧並みの改革を断行するしかない。マタハラやセクハラ・パワハラのない職場を当たり前にできない限りは女性が活躍する社会は難しい。社会保障、年金改革だっていっこうに進む気配がない。所詮は「お金」と「票」しか見ていない肉まん・豚まん(ポーズ)内閣って言っちゃうぞ!

ちょうど話題になっていたふなっしーの肉まんゲットしたので、メインビジュアルにさせていただきましたなっしー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.28

ベネッセの「情報漏洩に関するお詫び」の手紙には実はもっと大事なことが書かれている

20141028_102531sヤマメ釣りがシーズンオフの週末、福岡では録画していた映画を見ながらPCに向かって過ごすのが日常。先週末はレニー・ゼルウィガ-が出演する映画を2本。1本はトムクルーズ主演の「ザ・エージェント」。独立したタイミングでこの映画を見て、えらく共感すると同時に、彼女の可愛さに魅了された。もう、何回見ただろうか。
そしてもう一本は「ブリジットジョーンズの日記」。こちらも表情がくるくる変わって可愛らしい。しかし、それ以上に挿入されている楽曲が僕好み。
で、早速amazonでサントラ盤を探してみた。

ところで、ベネッセから「情報漏洩に関するお詫びの品について」という封書が届いていた。ノルウェー取材の前後でバタバタしていて忘れていた。20141027_101245s20140928_114308sそしてノルウェーから帰国したら、朝日新聞から「ご愛読者の皆様へ」というお手紙が付いたタオルが届いていた。
ベネッセからの手紙はメディアで伝えられているとおり、500円相当の金券をお詫びの品として送るので、どれか好きな物を選んでね、という手紙だった。その選択肢なのだが、はがきで申し込みだと「図書カード」か「ベネッセこども基金へのご寄付」しか選べなくなっている。そのため、SNSでは「ベネッセこども基金への寄付をどうして勧められるんだ!?無神経にも程がある」との書き込みも多く見かけるし、まったく無神経だと僕も思う。しかし、それよりも大事なことが2つ有った。
一つは、WEBからしか申請できないがWEBマネーのギフトも選べること。
楽天Edy、amazonギフト、NANACOから選べる。amazonでの買い物が日常の僕は迷わずamazonギフトに。我が家にはお詫びの手紙が3通届いていたが、そのうちの2通は僕宛だったので、思いもよらず1000円分のamazonギフトをゲットしたことになる。
早速このギフトで、サントラのCD(古いのでもちろん中古)と本を2冊購入し、今日届いた。

●ギフトよりも重要な事が書かれていた!

20141028_164610sそしてもう一つ、この手紙で見落としてはならない最も重要なことは、個人情報を消去する申請ができること。
想定外!760万分の1の手紙が、ベネッセから届いた。そして驚きの事実が!」でも書いたが、実は一度登録されたデータを削除するのはものすごく面倒。これが、このはがきかWEBサイトからの申請で消去してくれるというのだ。
これはお詫びの品よりももっと重要なこと。

たった500円でごまかされないぞ!くらいに思って封筒をどっかに投げた人。もう一度探して手続きする事をオススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.25

宮沢経産相の政治資金管理団体がSMバーの領収書って、別に良いんじゃないの?

今週は、小渕経産相、松島法務相が政治資金の使い道を巡って、相次いで辞任。その小渕氏の後任に経産相に就任した宮沢洋一議員の資金管理団体が、広島のSMバーの領収書を経費計上していたとしてマスコミが問題にしている。よくもまあ、そんなローカルな店の名前からSMバーなんていうところまで行き着いたものだと驚いてしまう。帳簿にはSMバーなんてもちろん書いてないのだから(ネット上には店の名前も帳簿のページも既にたくさん出回っている)。
小渕氏、松島氏の場合は、公職選挙法違反の疑いがかかる政治資金の使い方で問題がある。しかし、宮沢氏の政治団体の場合はちょっと違うんじゃないか。法を犯したというような問題ではなく、単に「SM」という単語に異常に反応しているだけのような感じ。まるで保護者会で見当違いな反対意見をまくし立てる「モンスターペアレント」みたいだ。そういえば、一昨日見るとはなしに見てしまった深夜のドラマ「ビンタ!」が、モンスターペアレントをテーマにした回だった。あんな感じ。
(どうでもいいけど、モンスターペアレントって、縮めると「モンペ」っていうんだろうか?)

話しを元に戻すと、報道ではそのSMバーへの支払いは4人で18,230円という。そこらの居酒屋で飲む程度の金額だ。SMという単語で想像しているだろう「不適切な」サービスが提供されるような金額ではない。せいぜい、お店の照明や装飾、サービスをするお姉さん?がそれっぽい格好をしているだけで、他は普通のバーかスナック、あるいはパブという類いの店ではなかろうか。せいぜいそれらしい「ショー」を見せるのが関の山だろう。

それでは、どうしてそんな店に行ったのか?
4人のうちの「誰か」がその店の常連だったとか、東京とか大阪とか他の土地からのお客さんをちょっとした「色物」で驚かせようとしたのかもしれない。あるいは、単に広島で「今話題の店」として連れて行っただけなのかもしれない。随分前だけれど、仲間が僕たちを驚かせよう(あるいは楽しませよう)と東京でSMバーを集合場所にして、みんなで三々五々集まったこともある。カウンター席の奥には大きな鳥かご(もちろん、人間が入る)が有り、それを囲むようにソファー席が有った。その時は別に「そんなプレイ」をする訳でも無く、普通に水割りなどを飲みながら談笑して次の店へと場所を移した。社会見学のようなものだった。
メイド喫茶が話題になった頃は、「視察」に行って経費に計上した政治家さんもいるんではなかろうか。

ところで、企業が飲食費などを経費で落とす場合には「誰と」を届けなければならないが、政治家や政治団体では届けているのだろうか、それとも必要無し?
僕からしてみれば、料亭や高級クラブの領収書の方がよほど問題に思えるのだが、そんな領収書は計上されていないのだろうか?
いっそのこと政治資金管理団体は、毎年国税局の監査を受けるように義務づけたら良い。領収書を貰えないお金は「使途不明金」として計上するか、ポケットマネーから出すしかなくなる。そうしたら、立法府としての国会の貴重な時間を、どうでもいい追求やら答弁で無駄に費やす事も減るだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.23

今度は未払いで利用停止予告だと!? どうなってるんだNTT!

20141023_171903s東京での仕事が早く区切りが付いたのでそのまま羽田空港へ向かった。ちょうどこれから出発する便に乗ることができ、予想外に早く事務所に到着。たった2時間ほど電話を切っていただけなのに、この短い間に嬉しい知らせやらトラブルの電話やらが何件も届いていた。順に折り返しの電話を済ませ、コーヒーを飲みながら届いていた郵便物を順に開いて驚いた。NTTからのはがきだ。
3月に光り電話に替えたときにも随分すったもんだしたが、今度は利用停止予告!
口座振替で自動引き落としになっているのに、どういうこった!?
確かに、口座振替のご案内の書類を見ると、「NTT西日本分ご請求額」と書いてある。NTTコミュニケーションズの請求額が無い。しかし、ついこの間までは一緒に請求されていて一緒に引き落とされていた。
いつの間に別々になったんだ?
しかも、コミュニケーションズだけの請求書は見たことが無い。

いきなり10月31日に利用停止と予告。
フリーダイヤルに17:05に電話したら時間外で繋がらない。
なんだ!

これは新手の詐欺か?

NTT、いったいどうなってるんだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

10月24日追記

翌朝、NTTコミュニケーションズに電話。
請求書も届いていないのにどうしてこんな事になるんだと言っても、「請求書は送っています」の一点張り。こっちは受け取っていたら払っている!電話事業者だったら、振り込みが確認できない時点で電話くらいしろ!
何を言おうと決まっていることは変えられないという、かつて、税務署と電話でやり合ったときのことを思い出した。予想通り木で鼻をくくったような対応。
とにかく、前は支払先は一本化していたのに、どうしてまた別れたのか?利用者の利便性はどうなってるんだと言うと、「それなら支払いおまとめサービスがあります」だと。
なら、最初から分けずにそのまままとめていりゃいいだろうにと言っても、これまた決まり事だからと。まとめたいなら電話番号を教えるのでNTTファイナンスに申し込んでくれと言う。はらわたは煮えくりかえりそうになりながらも電話して、また同じ事を繰り返し話す。もういい加減にしてくれ。
結局、申し込みは電話で済んだけれども、「まとめられるかは審査に1週間ほどかかるので、改めて結果を電話でお知らせします」と。
無理矢理に仕事を作り出して、無駄な組織を拡大しているとしか思えない。
完全にパーキンソンの法則まっしぐらの巨大組織だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.19

昭和ヒット歌謡を聴きながら、

20141018_184552s偶然通りかかって入った居酒屋。イロイロとオモシロイ名前のメニューが有って、注文するとドキドキしながら料理の到着を待つことになる。
「男気ハイボール」は大ジョッキで出てくるのだが、ソフトドリンクでも「男気」バージョンがあり、未成年の次男は「男気ラムネ」。大ジョッキで出てくるラムネなんて初めて見た。
そしてこの店、BGMが昭和のヒット曲。1970年代後半~80年代前半に、ザ・ベストテンで聴いていた曲が次々と流れてくる。まるでイントロ当てクイズやってるみたいな状況になって、それはそれで楽しかった。

ところで、その「ザ・ベストテン」のランキングは、レコード店でのシングル(もちろんアナログレコード)売上(オリコンチャート)、有線放送への電話リクエスト、ラジオへのリクエスト、それに番組へのはがきリクエストなどを集計して決めていた。
当時でも、喫茶店や居酒屋・スナックなどは有線放送を流しているところが多く、有線放送から火が点いてヒット曲になるというケースも珍しくなかった。だから、有線放送への電話リクエストをするというアルバイトもあった。
かくいう僕も、一度だけ有線方法の電話リクエストのバイトをしたことがある。有線放送が流れる喫茶店に行き、そこからピンク電話でリクエストをする。それからいつ流れてくるかもわからない有線放送を延々と聴き続けるのだ。
めでたく曲がかかれば、その曲が流れた時刻を記録し、リクエストした日時の一覧に流れた時刻を記入する。それを1週間続けて、リクエストと曲が流れた実績を報告する。曲が流れれば成功報酬が加算される。
今なら「ステマ」と批判されるようなアルバイト。
時間をもてあましてるならまだしも、拘束時間が永い上に曲が流れなければものすごく非効率なバイト。
だから、1回やっただけで止めた。

今こんなバイトがあったら、お年寄りがアルバイトで有線放送が流れる喫茶店に大挙して陣取り、喫茶店も潤うんだろうけど、今の指標はダウンロードだから無理だな。

そんなことを思い出した、昭和の臭いがする居酒屋でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.18

多分、10年ぶりくらいのキャッチボール

20141018_110739s昨夜、受験生の次男に「高校の体育の授業では何をやってるの?」と尋ねると、「テニスやラグビー」という。
「柔道か剣道の武道は?」
「やらない」
「じゃあ、野球は?」
「それもやらない」
「それなら明日キャッチボールしよう」と誘った。

息子は遅くに起きて来るなり、「キャッチボールはいつやるの?」と。
「今からやるか?」。
しかし、グローブはあるがボールが無い。やっと見つけたビニールのソフトボールで本当に10年ぶりくらいにキャッチボールをすることになった。

突然、僕がキャッチボールをしようと言い出したのには、実は訳がある。

釣りのシーズン中、フライを枝にかけることは良くある。バーブレスフックなので、ラインをたぐって、ロッドのティップが届く高さならほとんど回収できる。しかし、たまに届かない高さの枝にかかってしまう。枝が細くてしなりが良さそうなら秘密兵器の細引きのロープを取り出し、先に手頃な石をくくりつけて枝の上を通し、枝を引き寄せてフライを回収する。そういうことはめったになく、シーズン中に1~2回程度。
今シーズン、そのロープを結んだ石を投げる時に愕然とする事態となった。
石を思った方向に投げられないのだ!
何度も何度も繰り返し投げて、やっと思った通りに石が飛び、無事にフライを回収できた。しかし、このときの「投げられない」自分に愕然としたのだ。ボールや石を投げる事など普通にできると思っていたのに、それさえもできないほど体が衰えたのか、それとも投げ方を忘れたのか。

それ以来ずっと気になっていて、本当に「投げられなくなった」のかを確かめたかった。いや、「投げられるはずだ。あまりに永い間『投げる』行為をしていなかったから、体が忘れてしまっただけにちがいない」と自分にいいきかせていた。

そして今日。
最初はまったく思った様に投げられなかったが、徐々に手足・体の連携を取り戻し、ボールを離すタイミングも思い出した。20分ほどのキャッチボールで、昔のとまではいかないまでも、普通にキャッチボールができるまでに快復できた。

息子が「これからも、時々キャッチボールをしよう」と言ってくれた。
ありがとう。

それにしても、金融機関だけでなくコンビニにもカラーボールが設置してあるけれど、あれを走って逃げる犯人に当てるのは余程の至近距離でないと難しい。銀行の行員は、昼休みにキャッチボールしとかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.12

「屋根裏部屋のマリアたち」を日本で撮ったら?

台風で出かけることもできないので、録画したままだった映画を見ることに。録画しておいたのは「屋根裏部屋のマリアたち」。
まったく期待していなかったが、予想外に面白かった。そして、なんとなく日本の俳優と重なって見える登場人物がたくさん。

まず、家政婦達の故郷はスペインから沖縄に。主役のマリアは目の強さが平愛梨で決まり。マリアの叔母は菅井きんとも違うし、吉行和子でもないし、中尾ミエ?美容室のオーナーと結婚するのは吹石一恵。他の家政婦達は森三中。
ご主人様は西田敏行だと普通すぎる。伊東四朗か長塚京三かな。
奥様は小沢真珠か。

なんていうことも見終わってからまで楽しめる映画でした。
(文中 敬称略でお許しください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »