« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の記事

2014.08.31

雨の無い釣りはほぼ3か月ぶり@梅野川

20140831_052058s少くとも天気予報ベースで雨の心配をせずに釣りに出かけられるのはいつ以来だろうか。ほぼ週末は台風や低気圧・前線の接近で、ずーーーーっと雨だった。というよりも、北部九州は梅雨入り以降、ほとんど晴天の日が無かった。
久しぶりの晴れの予報に、ワクワクしながら午前5時前に出発。6月7月だと、5時にはもう明るくなっていたが真っ暗。5時半くらいになってやっと薄明るくなってきた。もう、秋は目の前だと感じずにはいられない。

7時前に到着した梅野川には、北九州ナンバーの車が1台。既に入渓しているのだろうが姿が見えない。ずっと雨が降っていて相変わらずの増水。少し間を空ければそんなに影響はないだろう。加えてダム湖からの遡上魚が、産卵のためにそろそろ上がってくる頃。まずは梅野川の最下流の鯛生川との合流地点からから釣り上がることにした。鯛生川への流れ込みの所でライズがあったが、フライに反応するのは小さな魚。ヤマメのものではなさそう。201408316sそこから釣り始め、早速間地橋のすぐ下で24cmのヤマメがゆっくりと浮いてきて、カディスをくわえた。幸先が良い。
水量が多いからか、それとも捕食対象物がそこにあるからなのか、プールよりも浅い流れからヤマメは顔を出す。そして、やはり浅い流れで#14のカディスを追う大きな魚影。しかし、フライをくわえることなく戻っていった。それなら、と#12にフライのサイズを上げて再び流すと,今度は喰った!
2014083112s重い引きをいなしながらネットに納まったのは、ぴったり30cmの尺ヤマメ。ヒレはどれもピンピン。ダム湖から上がってきたのだろうか。
2014083114s今日は、尺を筆頭に、28cm、25cm、24cm、、ほかチビが数匹。どれもドライで良い感じ。

2014083116s2014083117s釣りは良い感じではあったが、川とその周辺の様子は良い感じとは言えなかった。堰堤下のプールに倒れていた杉の木が大雨で流されてきたのだろう、こんなところにまるまる横たわっているし、田んぼの稲はみんな倒れていた。周辺の田んぼは倒れていないので台風や風の影響ではなさそう。イノシシの仕業?
良い釣りができるということは、豊かな自然が背景にあるわけだけど、崖崩れや倒木、山の生き物の暴走や人里への侵入は自然からのサイン。
2014083118sカマキリが流星号の上に飛んできたけど、何か伝えようとしてきたのだろうか?

良い1日だったし、と早めに納竿して流星号に乗ったとたんに、強くはないが雨が降り出した。
カマキリはこれを伝えに来たのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.26

空室率20%なのに、そこらじゅうでアパート建設

20140822_085227s福岡の実家の近所はアパートだらけ。今もそこここでアパートの建築がすすんでいる。

実家の東西南北の四方のうち、隣接する南北はアパート(南側は私道を挟んで、昨年建ったばかり)。しかも、西側には2軒おいて3階建てのアパートがついこの春に建った。昨年と今年にアパートが建つ前は、どちらもお年寄りが住んでいた(もちろん近所づきあいもしていた)。東側は、やはり道路を挟んで駐車場。そのまた左隣はアパートが2棟(図を参照)。

20140826_003917_2近所(に限らず古い家)の一軒家は、ほとんどが息子さんや娘さんは,就職や結婚で家を出て、お年寄りばかりが暮らしている。我が家(実家)も、僕が東京のままだったら同じく年寄りだけの家だ。
年寄りだけの家は、やがて持ち主が亡くなったり入院したりすると空き家になる。子どもや親族がその家に戻って住むことはほとんど無いので、その家と土地を売却するか収入を得るために活用法を考えることになる。所有者が存命のうちの単純売却だと売却益に対し所得税がかかるので、駐車場にしたりアパートを建てたりして不動産収入を得る道を選ぶことが多いようだ。相続税対策でアパートに建て替える事もあるようだが、家の周りでは見当たらない。アパートが建つ所はほとんどが土地の持ち主が変わっていて、工事が始まる時に挨拶に来る建て主は知らない人だ。遺族が土地を売却して現金化し、相続人に分配したのだろう。
借金をしていれば相続の際に税金的には有利になるものの、相続人が多いとややこしいしもめる元になるので、元手がかからない更地にして駐車場というのも多くなるようだ。

さて、これだけの勢いでアパートが建っているけれど、大丈夫なのだろうか?と疑問に思うのは僕だけではないと思う。20140826_205239HOME'Sのデータによると、福岡市内の賃貸用住宅の空室率は、なんと20%前後にもなる。九州で唯一人口が増えている福岡市とはいえ、この数字は!この状況でさらに多くのアパートが建っているのだから家賃も上がらないだろう。古いアパートが入居者を確保するのに苦労している状況は、容易に想像できる。わざわざレッドオーシャンに飛び込んでいるようなもの。
新築の物件は人気があるから、最初は良い。しかし、最初の入居者が退去した後、入居者がすぐに見つかることはなさそう。4~5年後にはその時がやって来る。

福岡市もいずれは人口減少に転じ、さらに空室率は上がることになる。安易にアパートを建てるのではなく、古い住宅もリノベーションして町の活性化に繋げる方法はないのだろうか。


因みに、2015年から相続税の基礎控除額が減額になる。

相続税の基礎控除額
平成26年12月まで:基礎控除額=5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
平成27年1月から:基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

今年いっぱいなら一人で相続した場合には、6000万円までは相続税がかからなかったのが、来年からは3600万円を超えると相続税がかかることになる。相続税対策と住宅メーカーの口車に乗せられて、ますますアパートが増えないかと心配になってしまう。

そして、そこに住む住民としては、周辺人口は増えているのにほとんど顔を合わすことのない知らない人ばかり、しかも単身者ばかりの地域になっていくのが不安でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.23

アイスバケツチャレンジの終息点はどこか?

20140823_085406s

ここ数日、アイス・バケツ・チャレンジが話題だ。
僕の友人・知人も指名され、SNS上で動画やコメントをアップしている。
このアイスバケツチャレンジは、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会に100ドル寄付する、あるいはその両方をというキャンペーン。指名された人は24時間以内に動画をSNSにアップし、次の3人を指名する。
世界のセレブや有名人が次々と動画をアップし日本でも広がっている。指名を待っている人もいるかもしれないし、指名におびえている人もいるかもしれない。賛否や周辺に様々な話題も提供している。
(キングカズの指名は良かった。流石)

難病を知る(知らせる)きっかけにはなっているし寄付も集まっているので、一つの目的を達成させるための短期的なキャンペーンとしては成功だと思う。しかし、これだけ話題になり広がる(見せられる)と、いやな思いをする人も出てくるものだ。タレントの武井壮さんが氷水をかぶらないと宣言して話題になっているほか、金城武さんの動画が共感を呼んでいる(オリジナルのyoutubeのリンクを張りたかったが、中国語《台湾語》の字幕で理解できないのでこちらの記事に)。

賛否は別として、あまのじゃくな僕は別な視点でも疑問を感じた。
このキャンペーンは目標が設定されていない(あるいは報されていない)か話題になっていないこと。
寄付金の目標金額や、アイスバケツチャレンジの参加者数の目標が。
最初に3人の人を指名し、その3人がまた3人を指名すると……15回目には 14,348,907人になる。テレビで見ているだけでも、もう15回くらいは指名しあっているだろう。スタートして2週間はたっているだろうから、単純に計算してもこのくらいにはなっているはず。あと2回ずつ指名すると 129,140,163で、1億人を超える。世界人口の60人に一人が参加することになる。

現実にはそんなことは有り得ない。金城さんが示したように、誰かが終止符をうたないといつの間にかうやむやに終わってしまい、「そういえばそんなのあったよね」で終わってしまう。これでは次回(次年度?)に繋がらない。

不謹慎かもしれないが、子どもの頃に流行った「不幸の手紙」を思い出したのは、僕だけだろうか?

追記:氷水の写真を撮ろうと氷を出していたら妻が「通風でまだカカトが痛むの?」だって。
はい、なんとかこちらのカカトの痛みは終息いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.18

ヤマメとトンボとハンミョウとカカト

2014081714s1週間冷やし続けてやっと痛みが治まったカカト。無理をするとまた痛むかもしれないが、釣りにも行かなければなるまい。
ウェザーニュースの天気予報では、午後から雨が降るとの予報。九州は今年梅雨が明けたと思ったら立て続けに台風がやって来て、ずっと雨。よりによって週末ばかりにやって来るからずっと雨の中釣りをしている感じ。しかも、降り始めると豪雨。今日も雨を覚悟で出発。行き先はやはり梅野川。これだけ雨、しかも豪雨が続くと背振の小渓流は増水して釣りにならない上に、釣りに行くというよりも変わった渓相を確認しに行くようなことになってしまう。その点、梅野川であれば少々の増水くらいなら竿を出せるポイントもあるのでなんとか釣りになる。

念のためにカカトを冷やしつつ流星号を東へ走らせる。途中小雨が振り出し、嫌な雰囲気。
201408171s梅野川に到着すると、すでに下流部には先客が。川はかなり増水しているが濁ってはいない。それじゃあ、中間育成施設前のプールから始めるかと流星号を進めると、なんと林道が通行止め。車だけ通行止めなのか人間もダメなのかがわからないので、林道入り口手前に流星号を停め、釣り支度をして徒歩で向かった。特に何事も無く中間育成施設までたどり着けた。上の方で重機が動いている音がしていたので、何かの工事のためだろうか。午前中、プールに張り付くも、ノーフィッシュ。数度フライに顔を出すも、最後までフライをくわえることはなかった。

2014081718sランチブレークは、氷水でカカトを冷やしながら。これも念のため。別に痛みが無くても、ウェーダーを脱いで足に氷水を当てるだけで気持ち良い。天気予報が外れて、いつの間にか青空が広がっていた。普段なら日差しは歓迎しないが、これだけ雨が続くとそんなこと言ってられないくらいに嬉しいもの。やはり青空は良いなあ。
201408174s午後は下流部に移動し、釣り上がり。午前とは違う車が先に停まっているが、見える範囲に釣り人の姿がないので、もう大分上流に行って時間も空いていそうだ。気にせず入渓して釣り上がる。

結果、小さなヤマメ1尾と、ヒレピンの9寸ヤマメが1尾。そろそろダムから遡上してくる魚も混じる頃だろうか。尾びれがしっかりしている。そして、フォルスキャストに絡まって釣れた糸トンボと、午前ノーフィッシュを笑うかのように現れたハンミョウが本日の釣果。
2014081711s2014081716s201408173s

帰路、滅多に遭遇しない久大本線の列車と遭遇。遮断機が降りて待っていると、まるでおもちゃのような赤い1両だけの列車が、単線の線路を走ってやって来た。のどかだなあ。2014081720s

雨で釣りにならないことを覚悟しながら出かけたけど、カカトの調子も良いし、結果としては良い1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.10

提案-雨の日でも乗りたくなるオープントップバス

20140808_124905s福岡でも、オープントップバスが走り始めて、だいぶ経つ。地元では定着し、初物好きや新しもの好きの乗りたがりはだいたい一巡し、今は観光客や遠くからの友人をもてなしたり仲間内のイベントとしての利用が中心になっているのではないだろうか。

豪雨の日には運行できないだろけど、曇りで降水確率が微妙な日や、終日霧雨の様な日は、バス自体は運行しているのだろう。しかし、お客様からすれば、予報などで天気が微妙だったらどうしてもその日でないと乗れないという観光客以外、予約は避けたくなるもの。

接近する台風11号から逃げるように福岡から東京へ移動した翌日の金曜日。新橋から虎ノ門ヒルズへ向かって歩き始めたら雨が降り出した。目の前で信号待ちしていたオープントップバス(SKY BUS)の上では、大騒ぎ。かとおもいきや、いっせいに白い雨合羽を着始めた。どうやら、急な雨に備えてバスに用意してあった様子。あるいは、乗り込む時に配られていたのかもしれない。これを見てふと考えた。

雨の日にはオリジナルのレインコート配付を

観光バスも装置産業だから、稼働率(座席販売率)を上げなければならない。しかし雨の日や、今にも雨が降りそうな曇りの日のお客さんは、きっと少なくなるだろう。それなら、雨が降った時に配られるレインコート(雨合羽)が魅力的な物だったら、それ欲しさにそんな天候の日を選ぶ人も出てくるのではないだろうか。知らずに乗って雨が降っても、カワイイ雨合羽を貰えたらそれはそれで嬉しいだろうし。
僕だったら、ニューヨークで同じような状況で雨が降ってきても、キースへリングのイラストがデザインされたようなPOPな合羽が貰えたら、それだけで嬉しい。アメリカでそんなサービスは望むべくもないが。
日本だったら、キャリーぱみゅぱみゅデザインか。ノリの良い若者はきっと飛びつくだろうし、海外からの旅行者にとってもクールジャパンで嬉しいに違いない。毎月デザインを変えるとか、同じデザインの合羽は二度と作らないとかすれば、リピーターも現れるかもしれない。

通販で価格を付けて限定販売するとか、限定数をオークション販売するとかしたら、キャリーぱみゅぱみゅが誰だか知らない田舎のおじさんおばさんも、「○○○円で売られている合羽をサービスだって!気前良いわねえ」って嬉しいに違いない。
この雨合羽がネットオークションで高値で取引されるようになれば、ちょっと天気が怪しいような日は、普段よりもお客さんが増えたりして。
観光バスの運行会社で検討してみてはいかがだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.09

iPhone4からiPhone5sへの機種変を断念した訳

20140809_124541s_2妻のiPhone4sは、昨年の今頃にはすでにWIFIに繋がらなくなっていた。
ネットには3Gで繋がっていたので、機械オンチでWIFIが何かもよくわかっていない彼女にはなんの不自由も無かったようだが、昨年のカナダ取材の時に初めて問題に直面した。
今や海外取材であっても、常にネットに繋がる環境を確保して出かける。PCが繋がらないと仕事にならない。そこで、WIFIルーターを契約して持って行くのだが、それさえあれば数台のPCやスマホはWIFIで繋ぐことができて、海外でのデータローミングは必要無くなる。海外でちょっとでもデータローミングなんてしようものなら、海外ローミング定額プランを申し込んでも、最低1980円/日~2980円/日。1万円なんてあっという間。しかし、WIFI環境であれば、(データローミングをオフにしていれば)課金されることなくネットに繋がる。
カナダのホテルは当然WIFIが繋がったし、外に出て取材先でもWIFIルータを持ち歩いていればネットに繋がる。しかし、彼女のiPhoneはWIFIに繋がらないのでどうしてもデータローミングで繋がざるをえない。結果、カナダでの使用は最小限に抑えていても、最低1980円/日課金された。

今年9月にはまた海外取材に行くことになっているが、同じ轍を踏む訳にはいかない。早めに修理をするか機種変をするか。わざわざ4sを(交換)修理してお金と時間を使うよりも、5に機種変更した方が快適だし気分も変わる。
ということで、妻は5cのピンクに機種変更。今月から契約プランもスマ放題に変更していたので、ほとんど現状と料金は変わらず。

そして、僕のiPhone4。すでに4年近く使って(表のガラスが割れて交換修理をしたが)いてストレージも容量いっぱい。重たいし、通信速度も遅いのでそろそろ機種変を考えていた。9月にiPhone6が出るというので楽しみにしていたが、大きくなる上に流出したモックアップの画像を見ると、なんだか絆創膏だらけのiPhoneみたいに見えてしまった。何よりも、大きいのはポケットに入れての持ち歩きに邪魔だ。

">

●機種変で毎月の支払いが1.5倍に!?

そこで、iPhone5sに機種変しようと手続きに入ったらびっくり。今よりも3000円/月近くも高くなるではないか。
今はホワイトプランとデータ定額プラン、通話料はほとんど0円なので総額で月6千円程度。それが、ほぼ5割増し(機種分割負担料含む)になるというのだ。
今のままの契約プランだと、基本料金324円にホワイトプラン1008円、データ定額プランは5616円。これに機種分割負担金でやはりオプションのもろもろで約9000円弱。
スマ放題だと、基本料金324円に通話し放題基本料2914円+データ定額2GB3780円とオプションのもろもろと機種分割負担金でやはり9000円弱。オススメの5GBだとさらに1620円高くなる。
「じゃあ、ホワイトプランのままデータ定額2GBで」と言うと、その組み合わせはできないと。

うーーん、なんとも腑に落ちない料金プラン。
そもそも、docomoでガラケーとデータ通信のみのスマホの2台契約している。3台持つのをやめて、docomoのXPERIAをiPhoneに替えて番号移してしまえば2台で済むか。
急ぐことは無い、もう少し考えてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.08

梅雨に台風に、エアコン嫌いの親父。とうとうリモコンが

20140807_013528s福岡は、梅雨が明けたと思ったら相次いでやってくる台風のおかげで、ずっと雨が降っている。8月に入って終日晴天だった日はあるんだろうか?
そんな、じめじめした日が続いたおかげで、リモコンが次々と使えなくなった。
我が家は、親父がエアコン嫌いで、滅多なことではエアコン使わないし、使っても短時間だけ。この季節、家中湿度は相当なもののはず。
まず、両親の寝室に置いている、ウェスティングハウスの26インチ液晶テレビ。梅雨の途中からだんだんと調子悪くなり、7月中旬には全くリモコンでの操作が効かなくなった。これでまた親父の機嫌が悪くなり、「テレビが壊れる、火を吹くかもしれない」と、いきなりコンセントから抜いてしまう始末。すでにメーカーが無くなりサポートもないので、新しいリモコンにも替えられない。なんとかなだめすかし、本体のスイッチでチャンネルなどの操作をしながr母親が見ている。
そして、僕の寝室の14インチアナログテレビ。福岡に居る間、寝る前と朝の目覚まし時計代わりにしか見ていないテレビではあるが、数日前からリモコンが調子悪い。どうせ来年の3月には見られなくなるのだが、無いと困る。実は、昨年も今頃使えなくなり、電池を替えたり分解したりといろいろやっているうちに、いつの間にか普通に使えるようになっていた。その時に、これは湿気のせいなのかな、と思っていた。

今年、両親の寝室のテレビと僕の部屋のテレビ、加えて事務所の先日修理から戻った25連奏CDプレーヤーのリモコンも突然使えなくなった。事務所でもこれまでほとんどエアコン使っていないから、いずれも湿気のせいのような気がする。

そこで、ネットで調べるとやはり同じような症状が見つかった。ある人はリモコンを密封袋に、乾燥剤と一緒に入れていたら元に戻ったということが書いてあったので、僕もやってみた。

見事復活!

乾燥剤を買ってきて、暫くリモコンを乾燥させてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.08.07

人は見たい物だけしか見なくなり、その先にはマイルドな洗脳も

永江君が、いまの大学生はどんどんレイトマジョリティになっているという話というエントリーを上げていた。更に、オオカミとヒツジの話にキャズムを振りかけて召し上がれとも。

今年の僕の授業でも学生に新聞を取っているか読んでいるかを尋ねた。新聞を取っていたのはわずかに2人で、一人は社会人学生で、もう一人は実家から通う学生だった。
それなら、日々のニュースや話題はなにから得ているのかと尋ねると、特に明確に上がってくる物は無かった。テレビでも無く、インターネットのニュースサイトからでもない。Gunosyなどのキュレーションサイトやアプリを利用している風でも無い。主にFacebookやTwitter、あるいはLINE上での仲間内のコミュニケーションから得られる情報がほとんどのようだった。

授業の中で、固定費の大きな部分を占める人件費の話しから、学生達に経営者の立場になってどんな学生を採用したいかをグループで討議してもらった。彼らはジェンダーフリーやダイバーシティなどという感覚も知識も無く、多くは昭和の旧来の企業経営者が求めるような体育会系学生の姿を想像しながら話が進んでいる。学生の半分は女性だというのに。そこにいるのは、永江君の指摘する「ひつじ君」達の姿と重なる。もちろん、車も社会人学生の彼以外は持っていない。
この討議内容については発表はさせず、今、遅ればせながらも日本が向かおうとしている働き方についての話をした。そして、職業観や仕事、就職活動についてなどに話しが及び、今の大量エントリーを前提とした就職活動の不条理と自己矛盾(RのOBとしても)に対して思わず熱く語ったのであった。
(優秀な彼らは、ひょっとしたらヒツジの皮を被ったオオカミで、僕の話を冷静に、白けた気持ちで聞いていたのかもしれないが)

話しを元に戻すと、ニュースキュレーションサイトやアプリであろうとFacebookであろうと、LINEのタイムラインであろうと、いずれ見たい物しか流れてこなくなる。キュレーションサイトは、どんなニュースをよく見るか分析しながら、最適化した(良くクリックして読まれるであろう)記事を配信する。開かない(クリックされない)分野や話題の記事はいずれ配信されなくなり、見たい物だけが配信されてくるようになる。Facebookも同様で、タイムラインに流れてくる友人の記事も、いいね!やコメント、シェアが多い友人の記事は頻繁に表示され、そうでない友人のエントリーは表示されなくなる。まさに仲良しか、エントリーする話題のテーマや考えが同じような友人ばかりが表示されるようになる。いいね!したFacebookページも同様だ。
本来なら、知りたい情報(良い情報も悪い情報も幅広く)を集めるべき(授業ではMECEの話しもした)だが、人は見たい物しか見ないというように、いずれ見たくない情報からは目を背ける(反応しない)ようになる。配信されても読まなくなり、それは不要な記事だとコンピュータに判断されていずれ配信されなくなるのだ。
片寄った情報だけに目を向け、いずれはひどく狭い世界と価値観の情報しか流れてこなくなってしまう。まるで、大本営発表を信じさせた大戦中の日本人のようでもある。自分で自分を洗脳しているようなものだ。情報収集のためのデバイスがスマホに集約されると、この傾向はますます強くなるんだろうな。

究極的には、キュレーションサイトやアプリをコントロールしたら、今の若者の一部に対しては,マイルドな洗脳も可能かもしれない。こんなことで、日本の未来は明るいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.03

事なかれよりも自分の主張、生き様が大事かな

数日前、ある郵便局の前で信号待ちをしていた。
そこに、若い男性が原付バイクをポストの脇に駐めて、郵便局に入ろうとしたので、声をかけた。すぐ横に駐輪スペースが設定してあった。

私「駐輪場はそこにありますよ。ここに停めずに駐輪場に停めなさい」
彼「ここに停められるスペースがあるんだから良いでしょう。あなた、郵便局の人ですか?」
私「郵便局の人間ではないけれど、これはルールとマナーの問題でしょう!」
というやりとりをしばらくしていたら、彼は僕を無視してバイクを歩道に停めたまま郵便局に小走りで入っていった。僕はといえばアポイントにギリギリだった(乗る電車の発車時刻が迫っていた)ので、目の前の信号が青になって(信号の向こうは駅)、忸怩たる思いのままその男性を追うこともなく横断歩道を渡った。いや、ひょっとしたら青信号になったのが先で、僕が先にその場を離脱したのかもしれない。そこは微妙だったけれど、彼を解放した要因ではある。

こんちくしょう!
いずれにしても、時間が無いことを言い訳に、その場から逃げた自分が情けない。

その夜、こんな事があったと山の神に話をしたら、「そんなことで刺されたり殺されたりするご時世なんだから、気をつけてよね」って注意された。このときのやりとりは、信号待ちをしていた数人が見ていたが、誰も割って入ることもなかった。
しかし、悪い事は悪いんだし、100年前だったらもう寿命の年まで生きた。子ども達もそれぞれに成長しているから、父親や母親の言動はよく見ている。嘘はつけないし、背中を見られている。

死ぬのは怖い(ザリガニの池と動かない水のため池に落とされるのは死ぬよりも怖い)けれど、これからはどう生きるか、どう死ぬかの年代だ。生きている意味が無い・理由が無いのであれば早く死んだ方が世の中のためかもしれない。それはこれから常に自問自答することになるのだろう。
サラリーマンという立場を捨てて15年。仕事も生死も、誰も守ってくれないけれど自分で自由に決められる。迷惑をかけない範囲で自分が信じる正義を貫き、これからは自己主張と自己満足の時間を大切にしようと、改めて思う。
だから、釣りの時間は大事なんだよね (^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.01

僕はヘッドセット付けて話ししてるわけじゃない

最近は、リアルな店舗での購入と同じくらいにネットでの購入も多い。特にかさばる物や重たい物、なかなか近くで調達できない消耗品。店頭での会話や交渉の楽しみは無いけれど、24時間いつでも困った時、気がついた時に商品発注できることがありがたい。
しかし、商店街やスーパーでの日常の買い物以外では、ネットに限らす家電量販店でも何処で何を買っても問い合わせ先はコールセンターに一本化されている。先のapple storeでも、お店に直接電話したのに途中からはコールセンターに引き継がれていた(実際、どこで受けているのかはわからないので,ひょっとするとストアの中かもしれないが)。家電製品でも、数年使って不具合が発生した時に慌てて取扱説明書を引っ張り出し、だいたい説明書に唯一表示されているフリーダイヤルに電話することになる。

そんな感じで、通販でもリアル店舗での商品購入にしても、結局何かあった時にはコールセンターに電話することになるのだ。

で、ここのところ、父親らしく子ども達や家族の役に立とうと、やたらとメーカーやらいろんなところのコールセンターに電話していたら、あるときにプツンと切れた(またかと言うなかれ)。
「あなたはヘッドセットしていて両手が自由かもしれないけれど、こっちは片手で電話持ってメモしたり調べ物しながら話ししてるんだ!」と。
言葉遣いはバカ丁寧でも、電話してきている顧客に対して想像力が足りなさすぎる。
僕の授業でも、ビジネスは「想像力と創造力」が大切だと何度も言い聞かせているが、こうやって想像力の無い対応をされると、本当に腹が立つ。

ああ、また愚痴ってしまった。
コールセンターで働く皆さん。電話してくる人は片手(ビジネスの現場経験が無い多くのお年寄りは効き手)で電話持って話してるんです。ましてや机にメモ用紙を置いて話ししているとは限らないのです。時間が無くて、歩きながら携帯で問いあわせしている場合だって多いでしょう。いきなり一方的にああしろこうしろと言われても、メモすることもままならないんです。さらに、健康食品のお客様だと耳は遠かったりするうえに、片方の耳がさらに聞こえない方も多いのですよ。そのくらいの想像力を働かせながら対応しないと、これからのコールセンターはクレームの元になりかねないですよ。

ああ、もう………

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »